舞小雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

舞 小雪(まい こゆき、1951年3月27日 -)とは元宝塚歌劇団・娘役の女優

青森県東津軽郡出身。青森中央高等学校出身。宝塚歌劇団時代の愛称はハッコ。身長159cm、趣味・特技は日舞社交ダンス

来歴[編集]

1967年宝塚音楽学校に入学。1969年55期生として宝塚歌劇団に入団。星組公演『シルクロード[1]』で初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は60人中35位[1]

1970年3月17日[1]花組配属。

1971年8月、入団3年目(宝塚用語で研3)にして宝塚大劇場公演『人魚姫』のヒロイン・ルイーゼ役に抜擢。同年10月には『小さな花がひらいた』にて二番手娘役格のおゆう役を演じる。

1974年5月、『虞美人』にて桃娘役を役替りで演じる。同年11月月組へ組替え。

1975年、『赤と黒』にて、月組トップ娘役の初風諄が海外公演参加・星組への特別出演で全日程休演したことにより、ヒロインのレナール夫人を務める。

1976年小松美保が月組トップ娘役に就任したが、その後も舞は大劇場公演で2度のヒロインを演じ(『紙すき恋歌』『春愁の記』)、全国ツアー『風と共に去りぬ』ではスカーレットを演じた為、小松とはポスターに二人並んで登場、退団公演ではサヨナラショーを開催するなど、ほぼ同等の扱いであった。

1978年、『風と共に去りぬ』の地方公演(全国ツアー)にてスカーレット・オハラを演じる。

1980年、『スリナガルの黒水仙クラシカル・メニュー』の東京公演千秋楽を最後に同年11月30日[1]で宝塚歌劇団を退団。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

花組時代[編集]

月組時代[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

テレビドラマ[編集]

演劇[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』pp.78-79(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]