舟橋元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ふなばし げん
舟橋 元
本名 舟橋 澄
生年月日 (1931-02-03) 1931年2月3日
没年月日 (1974-09-17) 1974年9月17日(満43歳没)
出生地 日本の旗北海道帯広市
ジャンル 俳優
活動期間 1948年 - 1973年
活動内容 映画テレビドラマ
主な作品
映画
人生劇場
『若人のうたごえ』 
テレビドラマ
新選組血風録
燃えよ剣

舟橋 元(ふなばし げん、1931年2月3日 - 1974年9月17日)は、日本の俳優。本名:舟橋 澄新東宝映画での活躍をはじめ、テレビ時代劇新選組血風録』『燃えよ剣』の近藤勇役としても知られる。

来歴・人物[編集]

北海道帯広市生まれ。1948年法政大学予科在学中に、東横映画東映の前身)の第1回ニューフェイスに合格、大学を中退して入社し、『月光城の盗賊』でデビューした。退社後は文化放送のラジオドラマなどでキャリアを積む。

劇団ひばり座を経て1950年に、東映東京撮影所の大泉演劇協団に入り、『日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声』に出演する。1952年佐分利信監督による『人生劇場』において青成瓢吉役を演じる。

フリーになった後、新東宝と専属契約し、『若人のうたごえ』シリーズ等、数本の主演作を残す。

1960年代に入り、新東宝の倒産が確実となり、テレビに活躍の場を移す。開局まもないKRテレビ(現・TBSテレビ)の『ばらの伯爵』に出演したことを機に『喧嘩太郎』『黒い訪問者』など数多くのテレビドラマに出演する。

1965年には、NET(現・テレビ朝日)の『新選組血風録』で新選組局長・近藤勇役を演じる。土方歳三役の栗塚旭沖田総司役の島田順司と共に人気を獲得し、その後もテレビ時代劇に欠かせない存在となった。

われら九人の戦鬼』では野心家ながらもコミカルな忍者、「七位の大乗(なないのだいじょう)」に扮し、シリーズの後半で危機に瀕した多聞夜八郎(演:栗塚旭)らの血路を開くために自爆する、という印象的な役どころを演じている。

私生活では、無類の酒好きが災いして糖尿病を患い、療養生活を送るようになる。1970年、NETの『燃えよ剣』で再び栗塚、島田らと共に近藤勇役に配役されたが、『血風録』で見せたかつての精悍さは消え、体力も衰えていた。晩年は眼底出血のために失明、聴力も衰えるなど凄絶な闘病生活だった。

1974年9月17日膵臓ガンのため死去。43歳没。最後の出演作となったNHK少年ドラマシリーズ『コロッケ町のぼく』では主人公の父親を演じた。夫人の談話によれば、ほとんど視力を失い台本を顔にくっつけるようにして読んでいる姿を見て「もうやめて」と説得して降板させたという。結局、同じ新東宝出身の中山昭二と途中で交代した。その後、療養生活を送っていたが、1974年9月17日膵臓ガンのため死去。43歳没。

出演作品[編集]

映画[編集]

など

テレビドラマ[編集]

など

吹き替え[編集]

  • フォア・ジャストメン(改題:正義の四人)(ダン・ディリー)