船仁のるか・喜和そるか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

船仁のるか・喜和そるか(ふねにのるか・きわそるか)は、昭和期に活躍した、漫才コンビ。

概要[編集]

1968年新世界新花月で初舞台、1977年にコンビ解消し2人とも廃業。

ギャグを織り交ぜた正統派の漫才で若手で賞を受賞するなど期待も大きかった。新世界新花月、神戸松竹座トップホットシアターに出演し活躍。同時代に若手として競い合ったのが浮世亭三吾・十吾(現在の三吾・美ユル)、海原千里・万里はな寛太・いま寛大鳳らん太・ゆう太等がいた。

1972年第2回NHK上方漫才コンテスト優秀努力賞受賞。

1976年に神戸松竹座、トップホットシアターが相次ぎ閉館し活動場所がなくなり翌年コンビを解消した。現在はのるかは地元神戸で司会業などをして活動している。

メンバー[編集]

  • 船仁のるか(ふねにのるか、本名・中谷仁志、1948年 - )
神戸の生まれ、喜劇曽我廼家明蝶主催の「明蝶学院」の出身、その後「笹山タンバ夢乃タンゴ」に入門。
  • 喜和そるか(きわそるか、本名・山田竜彦、1947年 - )
京都の生まれ、喜劇の曽我廼家明蝶主催の「明蝶学院」の出身、その後「笹山タンバ・夢乃タンゴ」に入門。

レコード[編集]

  • 「妻と呼ばれて」※船仁のるか

参考文献[編集]

  • 「現代上方演芸人名鑑」(少年社、1980年)