花園ひろみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

花園 ひろみ(はなぞの ひろみ、1940年9月1日 - )は、日本の女優。本名:花沢浩美[1]

来歴・人物[編集]

東京都出身。1957年に第4期東映ニューフェイス東映へ入社。同期には佐久間良子水木襄曽根晴美室田日出男山口洋子山城新伍がいる。1958年に大川橋蔵主演映画『花笠道中』でデビューし、市川右太衛門主演映画『大江戸七人衆』など1年で12本に出演し、1961年までに60余本に出演した。1962年に大友柳太朗主演映画『右門捕物帖』を最後に引退し、山城と結婚。1985年に山城の浮気により離婚したものの、後に再入籍したが、反省しないで浮気を続けた山城に愛想がつき、1999年に再び離婚。娘に元女優南夕花がいる。2009年に山城が死去した際、娘とともに通夜・葬儀はおろか、お別れの会や四十九日にも顔を出さないほどの深い溝があった(詳細は山城の記事を参照)が、経緯がいずれにせよ、花園の対応も社会的ではないとメディアから批判されている。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他の番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 花園ひろみ”. KINENOTE. 2014年5月31日閲覧。

花園ひろみ - 日本映画データベース