花川環

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
はながわ たまき
花川 環
本名 勝見 みね子 かつみ みねこ
生年月日 1889年5月15日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 三重県南牟婁郡木本町(現在の同県熊野市
国籍 日本の旗 日本
職業 女優
活動期間 1921年 - 1923年
活動内容 1921年 松竹蒲田入社
配偶者 勝見庸太郎

花川 環(はながわ たまき、1889年5月15日[1] - 没年不詳)は、日本の元女優三重県南牟婁郡木本町(現:熊野市)出身。本名は勝見 みね子(旧姓・島田 みね子)。夫は俳優勝見庸太郎である。

人物・来歴[編集]

旅劇団一座の女優であったが、大正10年(1921年)に松竹蒲田にスカウトされ入社。同年『黒き潮(死刑囚の娘)』で映画デビューする。代表作は『母いづこ』『マイフレンド』など。当時は母親役や年配の婦人の役が多かった。

大正12年(1923年)頃に同所属俳優の勝見庸太郎と結婚し、女優業を引退。その後は勝見とともに勝見庸太郎プロダクションを設立し、彼の映画制作・監督業を支えた。

没年月日は伝わっていないが、夫の勝見庸太郎の死去(1962年)以前には既に亡くなっているという。

フィルモグラフィ[編集]

  • 『黒き潮(死刑囚の娘)』 : 監督賀古残夢、1921年
  • 『愛の小唄』 : 監督田村宇一郎 、1921年
  • 『赤光』 : 監督池田義臣、1921年
  • 『母いづこ』 : 監督牛原虚彦、1922年
  • 『海の極みまで』 : 監督賀古残夢、1922年
  • 乳姉妹』 : 監督池田義臣、1922年
  • 『母の心』 : 監督池田義臣、1922年
  • 『屑七の家』 : 監督島津保次郎、1922年
  • 『想夫憐』 : 監督池田義臣、1922年
  • 傷める小鳥』 : 監督牛原虚彦、1922年
  • 『黄金』 : 監督島津保次郎、1922年
  • 『マイフレンド』 : 監督池田義臣、1923年
  • 『死に行く妻』 : 監督野村芳亭、1923年
  • 『山の線路番』 : 監督島津保次郎、1923年
  • 『紺屋の娘』 : 監督野村芳亭、1923年
  • 『笑へ若者』 : 監督野村芳亭、1923年
  • 『なすな恋』 : 監督野村芳亭、1923年
  • 『自活する女』 : 監督島津保次郎、1923年
  • 『兄弟』 : 監督島津保次郎、1923年
  • 『人性の愛』 : 監督牛原虚彦、1923年
  • 『黒装束』 : 監督島津保次郎、1923年
  • 『家なき女』 : 監督大久保忠素、1923年
  • 『懐かしの花』 : 監督牛原虚彦、1923年
  • 『霧の小路』 : 監督池田義信、1923年
  • 『焔の行方』 : 監督池田義信、1923年

参考文献[編集]

  • 明治~昭和初期 俳優名鑑集成 第7巻 『日本映画俳優名鑑 大正13年版』<復刻版> (2005年8月 ゆまに書房)ISBN 4843319252
  • 日本映画人名事典・女優篇下巻(キネマ旬報社・1995年)ISBN 4873761417

注釈[編集]

  1. ^ 『日本映画俳優名鑑 大正13年版』より。一方『現代俳優名鑑』(八宏社・大正12年刊)では1887年5月10日生の37歳(数え年)と書かれている。

関連項目[編集]