花柳小菊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
はなやぎ こぎく
花柳 小菊
花柳 小菊
山田五十鈴(左)とともに(1949年)
本名 斎藤 芳子
生年月日 (1921-02-26) 1921年2月26日
没年月日 (2011-01-26) 2011年1月26日(満89歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京市京橋区(現:東京都中央区
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台

花柳 小菊(はなやぎ こぎく、本名:斎藤 芳子(さいとう よしこ)、1921年2月26日 - 2011年1月26日[1])は日本女優

来歴[編集]

東京市京橋区(現在の東京都中央区)生まれ。牛込区(現在の新宿区)の築土尋常小学校を卒業後、神楽坂芸者となるべく小菊の名で半玉となる。

マキノ正博にスカウトされ、弟のマキノ満男のいる日活映画「恋愛人名簿」に1935年1月に主演。1935年6月、日活多摩川に正式入社。芸名は妓籍のままとする。二枚目俳優の滝口新太郎あこがれコンビとして売り出されスターとなる。

1937年より時代劇出演も増え、阪東妻三郎片岡千恵蔵の相手役となる。現代劇のメロドラマでもヒロインを続けたが1940年に退社。その後は新派の舞台出演が増える。

戦後も松竹東宝大映東映で主演作を持つ活躍を見せた。1956年9月より東映専属となった後は脇に回り時代劇で活躍するが、時代劇ブームが終わり1963年に退社。その後の映画出演は1968年の東映「忍びの卍」のみで映画界を引退。その後はテレビドラマ・舞台で活躍した。

2011年1月26日、心不全のため東京都内の病院で死去。89歳没[1]

主な出演[編集]

映画[編集]

太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品

  • のぞかれた花嫁(1935、日活
  • 浴槽の花嫁(1936年、日活)
  • 真実一路(1937年、日活)
  • 恋山彦 風雲の巻(1937年、日活)
  • 恋山彦 怒濤の巻(1937年、日活)
  • 忠臣蔵 天の巻・地の巻(1938年、日活)
  • 人生劇場 残侠篇(1938年、日活)
  • 赤垣源蔵(1938年、日活)
  • 爆音(1939年、日活)  
  • 歴史(1940年、日活)  
  • 虞美人草(1941年、東宝
  • 民衆の敵(1946年、東宝)
  • 愛の宣書(1946年、東宝)
  • 汚れた花園(1948年、松竹
  • 木曾の天狗(1948年、大映
  • 好色五人女(1948年、大映)
  • 狙われた女(1948年、大映)
  • 千姫御殿(1948年、大映)
  • 黒雲街道(1948年、大映)
  • 大島情話(1948年、大映)
  • 月よりの使者(1949年、大映)
  • 海の野獣(1949年、松竹)
  • 満月(1949年、大映)
  • 山を飛ぶ花笠(1949年、大映)
  • 鍔鳴浪人(1950年、東映
  • いれずみ判官 桜花乱舞の巻(1950年、東横
  • いれずみ判官 落花対決の巻(1950年、東横)
  • 獅子の罠(1950年、東横)
  • 裸女の愁い(1950年、東宝)
  • 君が心の妻(1950年、松竹)
  • 左近捕物帖 鮮血の手型(1950年、松竹)
  • 千石纏(1950年、東横)
  • 愛情の旋風(1951年、松竹)
  • 夢介千両みやげ 春風無刀流(1951年、東横)
  • 中山安兵衛(1951年、新東宝
  • 伊豆物語(1951年、東宝)
  • にっぽんGメン 不敵なる逆襲(1951年、東映
  • お馴染み判官 あばれ神輿(1951年、東映)
  • 天狗の安(1951年、東映)
  • ホープさん サラリーマン虎の巻(1951年、東宝)
  • 大江戸五人男(1951年、松竹)
  • 真説石川五右衛門(1951年、東映)
  • 殴られた石松(1951年、新東宝)
  • 新選組 京洛風雲の巻(1952年、東映)
  • 遊民街の夜襲(1952年、東映)
  • 新選組 池田屋騒動(1952年、東映)
  • 犬姫様(1952年、新東宝)
  • 魚河岸帝国(1952年、新東宝)
  • 新選組 魔剣乱舞(1952年、東映)
  • お洒落狂女(1952年、東映)
  • 浮雲日記(1952年、東宝)
  • はだか大名 前・後篇(1952年、東映)
  • 血闘鳥辺山 お染半九郎(1952年、松竹)
  • 修羅八荒(1952年、東映)
  • 花火の舞(1952年、新東宝)
  • 飛びっちょ判官(1952年、東映)
  • 紺屋高尾(1952年、東映)
  • 花吹雪男祭り(1952年、東映)
  • 人形佐七捕物帖 通り魔(1953年、新東宝)
  • 残侠の港(1953年、東映)
  • 片目の魔王(1953年、東映)
  • 江戸の花道(1953年、東映)
  • 夕立勘五郎(1953年、東宝)
  • 北海の虎(1953年、東宝)
  • べらんめえ獅子(1953年、東映)
  • 南国太平記(1954年、東映)
  • 続南国太平記 薩南の嵐(1954年、東映)
  • ひよどり草紙(1954年、松竹)
  • 殴り込み二十八人衆(1954年、東映)
  • 鳴門秘帖 前・後篇(1954年、東映)
  • かくて夢あり(1954年、日活
  • 国定忠治(1954年、日活)
  • やくざ囃子(1954年、東宝)
  • お坊主天狗 前・後篇(1954年、東映)
  • 変化大名(1954年、東映)
  • 続・変化大名(1954年、東映)
  • 恋天狗(1955年、東映)
  • 隠密若衆(1955年、新東宝)
  • 大利根の対決(1955年、日活)
  • のんき裁判(1955年、新東宝)
  • 阿修羅四天王  東映京都
  • 緋牡丹記(1955年、新東宝)
  • 男一匹(1955年、新東宝)
  • 虎無僧系図(1955年、東映)
  • 薩摩飛脚(1955年、東映)
  • 薩摩飛脚 完結篇(1955年、東映)
  • 関の弥太ッぺ(1955年、新東宝)
  • あばれ行燈(1956年、新東宝)
  • 多羅尾伴内シリーズ 戦慄の七仮面(1956年、東映)
  • 鍔鳴浪人(1956年、東映)
  • 続勤王?佐幕?女人曼陀羅(1956年、新東宝)
  • 海の百万石(1956年、東映)
  • 曽我兄弟 富士の夜襲(1956年、東映)
  • やくざ大名(1956年、東映)
  • 朱鞘罷り通る(1956年、東映)
  • 魔像(1956年、東映)
  • 任侠清水港(1957年、東映)
  • 恋染め浪人(1957年、東映)
  • 抜打ち浪人(1957年、東映)
  • 股旅男八景 殿さま鴉(1957年、東映)
  • 水戸黄門(1957年、東映)
  • 天狗街道(1957年、東映)
  • 佐々木小次郎(1957年、東映)
  • はやぶさ奉行(1957年、東映)
  • 旗本退屈男 謎の蛇姫屋敷(1957年、東映)
  • 任侠東海道(1958年、東映)
  • 葵秘帖(1958年、東映)
  • 旗本退屈男(1958年、東映)
  • 喧嘩太平記(1958年、東映)
  • 忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻 (1959年、東映)
  • あばれ大名(1959年、東映)
  • 東京べらんめえ娘(1959年、東映)
  • 壮烈新選組 幕末の動乱(1960年、東映)
  • 任侠中仙道(1960年、東映)
  • 旗本退屈男 謎の幽霊島(1960年、東映)
  • あらくれ大名(1960年、東映)
  • 旗本退屈男 謎の暗殺隊(1960年、東映)
  • 壮烈新選組 幕末の動乱(1960年、東映)
  • 妖刀物語 花の吉原百人斬り(1960年、東映)
  • つばくろ道中(1960年、東映)
  • 半七捕物帖 三つの謎(1960年、東映)
  • 旗本喧嘩鷹(1961年、東映)
  • 赤穂浪士(1961年、東映)
  • 八荒流騎隊(1961年、東映)
  • 赤い影法師(1961年、東映)
  • 血煙り笠(1962年、東映)
  • 江戸っ子長屋(1962年、東映)
  • 変幻紫頭巾(1963年、東映)
  • 真田風雲録(1963年、東映)
  • ちゃんばらグラフィティー 斬る!(1981年、東映)

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 次郎長水滸伝

関連書籍[編集]

  • 水野晴郎と銀幕の花々」(近代文芸社。水野による花柳小菊を含む女優達のインタビュー集)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 花柳小菊さん死去 女優 - 47NEWS(よんななニュース)