若井はんじ・けんじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月

若井 はんじ・けんじ(わかい はんじ・けんじ)は、日本の兄弟漫才コンビ。昭和時代高度経済成長期に活動した。略称は「はんけん」。同世代の「柳柳」こと上方柳次・柳太としのぎを削った。

メンバー[編集]

兄。本名:若井 輝雄(わかい てるお)[1]。ボケ担当。愛称は「はんちゃん」。
漫才師だった両親の巡業先の京都富貴席の楽屋で生まれる。子供のころからトランペットドラムといった楽器演奏をはじめとしたあらゆる芸を仕込まれた。1946年、12歳の時に「荒川照坊」の名で両親とトリオを組み[2]、巡業先の愛知県半田市で初舞台。翌年、父親がメチルアルコールの多量摂取で死去したため、母子のコンビとなる。
短期間弟と漫才コンビを組んだのち、2代目大江美智子率いる名古屋市の女剣劇一座「大美劇団」に座長として入団。
はんじ・けんじとして活動中の1975年胃癌のため入院。一時快方に向かうが、同年12月に再入院し、翌年死去。
弟。本名:若井 修身(わかい おさみ)[3]。ツッコミ担当。愛称は「けんちゃん」。
両親の巡業先の愛知県で生まれる。幼いころの病気で鼓膜が破れ右耳が全く聴こえなかった[4]
短期間兄と漫才コンビを組んだのち、はんじ・けんじ結成までは芸人を休業。
はんじに先立たれたのち、同様に相方を病で失っていた上方柳次とコンビを結成するが、解散[2]。その後はファンの仲介でスナックのマスターとなったり、シャッター製造会社を設立したりするなどしたのち、1983年9月に東大阪市議選に出馬し、初当選。民社党に所属[3]。2期目を目指した1987年9月[3]には、膝を悪くした影響で選挙活動が思うように行なえず落選し、芸能界に復帰。漫談をしていた[2]が、同年自動車事故のため死去。

家族・親族[編集]

  • ふたりの祖父は荒川千成門下の初代荒川ラジオ。両親は同門の荒川久丸・千夜子[1][2]
  • はんじの妻は「大美劇団」で女同士の漫才をやっていた元座長。はんじ・けんじが売れ始めたころに引退。後に離婚。
  • けんじの最初の妻は、元芸人興行師・河内家目玉の次女・加茂川ちどり。はんじ・けんじの両親と親交があった。結婚後すぐに浮気が原因で離婚。
けんじはその後、電気店の娘と再婚。村山実が仲人を務めた。

コンビ略歴[編集]

1948年[2]名古屋市の寄席において、「荒川福児・笑児」の名で兄弟初舞台を踏む(のちのはんじが福児、けんじが笑児[3])。はんじと舞台に立っていた千夜子はこのとき裏方に回る。旅回りの浪曲師・宮川右近の紹介で北海道を拠点とするが、右近がギャラを持って失踪する。

ブランクの末、ふたりは音楽ショウののらくろショウの紹介で帰阪し、籠寅興行のもとで活動を再開させる。漫才のかたわら軽演劇団で活動していたが、公演の移動中、新世界暴力団とタクシーの乗降をめぐるトラブルが起き、はんじが胸を刺されて負傷する。これが原因となり、劇団は解散する。

はんじは失意のあまり、酒を暴飲する日々を過ごす。その様子を見た漫才作家秋田實が、ふたりの再起を図り、上方演芸(のちの松竹芸能)にスカウトする。

1957年に「福児・笑児」として新花月に出演[3]1959年に「デイト チック・ヤング」と改名(のちのはんじがチック、けんじがヤング[3])。1960年10月に「若井はんじ・けんじ」と改名し、道頓堀角座で披露興行を行った[2]1964年から1973年にかけ、MBSテレビダイビングクイズ』の司会を務め、人気を博した[2]1968年よりケーエープロダクションに在籍。

受賞歴[編集]

弟子[編集]

直弟子
孫弟子
  • ぼん・はやとのはやとの弟子
  • 小づえ・みどりの小づえの弟子
    • 若井のん・のこ
  • 小づえ・みどりのみどりの弟子
    • 若井気合・こころ

芸風・ギャグ[編集]

テンポの早いやりとり[1]で知られ、はんじの「頭の先までピーコピコ[1]」や「ゴメ〜ンネ」といったギャグが流行語となった。

もともと「頭の先までピーコピコ」は、はんじの口癖であった。永六輔がこれに注目し、彼らのために自身初めての漫才台本を書いた際、つかみネタに入れた。これが舞台でウケたので、その後ギャグとして定着した。1970年代の大阪を舞台にした映画『岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS』(1996年)の作中、岡村隆史が演じる小鉄がこのギャグを言うシーンがある。

主なメディア出演[編集]

テレビ[編集]

ドラマ
  • 水戸黄門 第8部 第21話「黄門さまも人の親 -高松-」(1977年12月5日、TBS / C.A.L) - 講釈師 ※けんじのみ
その他

ラジオ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 若井 はんじ コトバンク - 典拠は日外アソシエーツ『20世紀日本人名事典』(2004年)および同『新撰 芸能人物事典 明治~平成』(2010年)
  2. ^ a b c d e f g h 第15回上方演芸の殿堂入り(平成23年度) 大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方)
  3. ^ a b c d e f g 若井 けんじ コトバンク - 典拠は上に同じ。
  4. ^ ABCラジオもうすぐ夜明けABC2009年11月13日深夜放送分「ミッドナイト寄席」コーナーで弟子の若井みどりが語った。
  5. ^ 幻の漫才コンビ「若井ろくじはちじ」

出典[編集]

  • 足立克己『いいたい放題 上方漫才史』東方出版、1994年

関連項目[編集]