茨城県立カシマサッカースタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
茨城県立カシマサッカースタジアム
"カシマスタジアム"
カシマサッカースタジアム
茨城県立カシマサッカースタジアムの位置(茨城県内)
茨城県立カシマサッカースタジアム
施設情報
所在地 日本の旗茨城県鹿嶋市神向寺26-2
位置 北緯35度59分30.25秒
東経140度38分25.92秒
座標: 北緯35度59分30.25秒 東経140度38分25.92秒
起工 1992年3月
開場 1993年5月
拡張 1998年工事開始、2001年増築竣工
所有者 茨城県
運用者 株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68m
照明 1500ルクス
大型映像装置 オーロラビジョンおよび帯状映像装置(リボンビジョン)
建設費 193億(改修費)
設計者 茨城県土木部、日建設計
建設者 竹中工務店・住友・常総・JV、勝村・岡部・JV
使用チーム、大会
鹿島アントラーズJリーグ)(1993年-現在)
2002 FIFAワールドカップ
収容能力
40,728人
アクセス
JR鹿島線鹿島臨海鉄道鹿島サッカースタジアム駅

茨城県立カシマサッカースタジアム(いばらきけんりつカシマサッカースタジアム)は、茨城県鹿嶋市にあるサッカー専用スタジアムである。施設は茨城県が所有している。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する鹿島アントラーズがホームスタジアムとして使用しており、その運営会社である株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シーが指定管理者として運営管理を行っている。新聞などの報道では、カシマサッカースタジアムカシマスタジアムと省略して称されるほか、単にカシマと略記されるのも見られる。また、鹿嶋市やその周辺での標識ではカシマサッカー場と表記されるのも見られる。

概要[編集]

日本でプロサッカーリーグを創設しようという動きが具体化した1990年平成2年)に、茨城県を拠点に活動していた住友金属蹴球団が、Jリーグへの参加を表明したことを契機として、1993年(平成5年)3月26日に収容人数約15,000人、日本初の全席背もたれ付きの個別席、スタンド全面が屋根付きの設備を有するサッカー専用スタジアムとして誕生した[1]。スタジアムは、同年5月のJリーグ初開幕に間に合わせるため着工から竣工まで、約1年という工期で建設された[1]1998年(平成10年)には、2002 FIFAワールドカップ開催に合わせて既存設備にスタンド等を増築するなどの大規模改修が行われ、2層式スタンドを持つ収容人数41,800人の現在のスタジアムの形に変わり、2001年(平成13年)から供用を再開した[1]。施設者の茨城県は自らの広報ページの中で、同スタジアムをサッカー専用施設として建設するにあたり、スタンドとピッチとの距離が近く、スタンド傾斜を大きめに取るなど、どの席からもゆったり観戦しやすいように配慮がなされた設計が行われていると紹介している[1]

施設規模は、建築面積30,499m2、延べ床面積85,019m2を有し、主要構造部が鉄骨鉄筋コンクリート造+鉄骨造の地上6階建てで、建物の最高高さは49.5mある。2012年現在の収容人数は40,728人で、2層式スタンドの観客席は全席背もたれ付きの独立シートを備える。サッカーの試合などが行われるフィールドは115m×78mの天然芝で、芝を養生育成するためのスプリンクラーとアンダーヒーティング設備を備えており、その他運営諸室や貴賓室、放送関係設備など、2002 FIFAワールドカップをはじめとした国際試合開催に対応できる諸設備を備えたサッカースタジアムとなっている[2]

2006年4月1日からアントラーズの運営会社である株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シーが指定管理者となり、現在に至るまでスタジアムを管理している。活動理念として「THE DREAM BOX.」を掲げ、スポーツ以外の事業などにも取り組んでいる[1]。現在は、サッカーの試合開催以外にも、健康事業やスタジアム周辺でフリーマーケットの開催なども行っている。健康事業は、アントラーズが2006年10月から開始し、厚生労働省の委託を受けた介護予防事業も行っている。

歴史[編集]

日本サッカー界で世界に通用するサッカーを目指すために、プロ化が絶対不可欠という機運が高まった1991年(平成3年)、日本サッカー協会は2年後の1993年(平成5年)5月に日本リーグをプロ化することを決定した[3]プロサッカーリーグ参加の10チームが選ばれ、そのなかに鹿島をフランチャイズとするアントラーズの前身である住友金属工業蹴球団も10番目のチームとして滑り込みで選出された。鹿島開発以来、活気の薄れていた地元鹿島を魅力ある町にするために茨城県をはじめ、地元行政・民間・企業など懇談会を結成し検討していた関係者は、「若者が集まる地域づくりの起爆剤になる」「鹿島開発以来の黒船来航」と、これを大歓迎した[3]

このとき、協会が示したJリーグ正会員となる条件の一つに「1万5000人以上収容可能な本拠地スタジアムを、平成5年春の Jリーグ開催までに確保する」というものがあった[3]。鹿島町内にはプロサッカーリーグの本拠地スタジアムとして想定されていた1万5000人の観客を収容可能な陸上競技場や球技場がなく、住金蹴球団が本拠としていた住友金属工業鹿島製鉄所(現・新日鐵住金鹿島製鐵所)内の多目的グラウンドは約5000人の収容人数で、プロサッカーリーグの基準が満たせなかったため、茨城県の全県的な応援体制でプロ・サッカー場を建設しようという当時の茨城県知事・竹内藤男の決断があった。かくしてJリーグ参入が決定すると、鹿島町が整備を進めていた鹿島灘に面する卜伝の郷運動公園内に建設予定だった3000人規模のサッカー場を、茨城県はJリーグ規格に適合する専用サッカースタジアムに計画を変更して建設することで即決した[3][4]

1992年(平成4年)、茨城県は82億円を拠出して観客1万5000人を収容できる全席屋根付きサッカー専用スタジアムの建設が始められ、翌1993年(平成5年)に竣工した茨城県立カシマサッカースタジアムは、本格的な設備を有するサッカー専用スタジアムとしては日本初のものとなった[5]。このときのスタジアムは、敷地約4ヘクタール、天然芝のフィールドは105×68m、主要構造部は鉄筋コンクリート造でスタンドの最高高さ19.41mの地上3階建てであった[5]

1993年(平成5年)5月4日に開かれた完工式で茨城県立カシマサッカースタジアムは誕生し[6]、式典後のこけら落としカードとなったアントラーズ対フルミネンセ(ブラジル)とのプレシーズンマッチで、ジーコがスタジアム初ゴールを挙げた[7]。そしてJリーグ公式戦としての初戦(1993年Jリーグ開幕節)である5月16日の1stステージ・対名古屋グランパスエイト戦で、ジーコがハットトリックを達成し、アントラーズは5-0で快勝した[8]。同年に開始された Jリーグの試合では、スタジアムは常に超満員の盛況となり、熱狂的な地域住民と直結のプロスポーツの殿堂となった[5]。また、ジーコは1994年の現役引退後もテクニカル・アドバイザーなどの形でアントラーズに貢献したことから、スタジアムにはジーコの銅像が建立された[注釈 1]

2002 FIFAワールドカップの開催が日本・韓国に決まると、1992年(平成4年)7月、茨城県はワールドカップの開催地に立候補し[5]、1996年(平成8年)12月に茨城県が開催地の一つに選出された[9]。県は、国際試合にも対応できる施設を目指してスタジアムの増築・改修を決定し、ワールドカップ開催に間に合わせるため、1998年(平成10年)10月に改修工事に着工、2001年(平成13年)5月15日に竣工するまで2年8ケ月の突貫工事で工事が進められた[5]。完成した新スタジアムは、敷地面積10.7ヘクタール、スタンドは最高高さ49.5mの地上6階建て、収容人数は4万1800人(うち車椅子140席)に拡張され、2002年(平成14年)6月に、ワールドカップの会場の一つとなり、グループリーグ3試合が開催された[5]

沿革[編集]

施設[編集]

鉄筋6階建て、2層式スタンドに40,728人を収容し[注釈 4]、メインスタンドは東向き(西側の鹿島サッカースタジアム駅側)、バックスタンドは西向き(東側の国道51号側)に配置されており[34]、車椅子の観戦席が100席バックスタンド側にあり、国際試合に対応できる諸設備が備わる[34]。スタンド上に楕円形で波打つ形状の屋根が客席の3分の2を覆い、南側2階席に700インチ相当の大型映像装置を備える[35]。ピッチ内に日本国内サッカースタジアムで初となるスプリンクラーを配備[35]。スタンド1、2階を分けるコンコースに、W杯開催記念の笠間焼メモリアルタイルを約2万1000枚展示し[35]、観戦者への配慮からトイレの数は560個ある[34]。スタジアム構内と隣接地に公営2630台分の駐車場がある[35]

ピッチ[編集]

芝は、ケンタッキーブルーグラスという一種類のみを採用する[34]。寒地芝草で、その名の通り青に近い緑色が特徴で真夏の暑さにも強く、病気の強さ・暑さ対策・色合いの点から選ばれたものである[34]。アメリカのメジャーリーグの野球場で使用されている芝と同じ種である[34]。 また芝の管理システムは、常に安定した緑化を保てるよう、ピッチ内にスプリンクラーを設置し、地温コントロールシステム「アンダーヒーティング」を導入している[36]。ピッチ内にスプリンクラーを設置する方式は、Jリーグ公式戦使用スタジアムとしては、日本国内初である[36]

スタンド[編集]

観戦席
  • 全層二層式で座席数は合計40,728席ある。立ち見席はなく、すべての席に椅子が用意されている。2階席の傾斜角は33度あり、転落防止の配慮から1階席の椅子よりも背もたれが高く、身体を包み込むような形状をする[34]。これは2階席の見やすさを配慮した設計によるもので、真上からグラウンドを見下ろすような感覚になるように1階席よりも傾斜角度がきつくなっている[34]
  • バックスタンドの1階席には赤地に白文字で「KASHIMA」が、2階席には白地に赤文字で「IBARAKI」が入っている。
  • 身体障がい者席は140席あり、車いす用観戦席はバックスタンド最前列から一段せり出した目の前にグラウンドが広がる位置にある[34]。車椅子どうしがすれ違うことができる幅が確保されたもので、収容台数は100台である[34]
  • 飲料のうち、ペットボトルは500㎖以下で、なおかつふたを外したものであれば持参は可能。
  • メイン・バックスタンドの中央部6ブロックは、肘掛け付き・座面跳ね上げ式の座席となっている。
  • 鹿島アントラーズホームゲームでは、2016年まではメインスタンドより見て左側(北側)をホーム側、右側(南側)をアウェイ側としていたが、2017年シーズンよりこれを入れ替えることとなった。元々、1階席だった時代は、南側(但しこの当時は東側がメインスタンドだったため、テレビ中継では左側に当たる)がホームスタンドだった(後述)。この理由としては試合時における運営上の導線が南側に偏っており、ホームスタンドを南側に移すことで利便性と安全性が向上するのと、北側ゴール裏スタンドに大型映像装置が設置(既設だった南側も同様に同じサイズのビジョンに付け替え)されることにより、スタジアム全体のインフォメーション掲示が可能となるためとしている[37]
    • ただし、AFCチャンピオンズリーグ2017における、鹿島主管試合においては、応援団席は上記の通りだが、ベンチ・ウォームアップスペースについては、2016年までの従来と同じ形式(ホーム・鹿島側が北側、アウェークラブは右側)となる[38]
屋根・照明
  • 屋根の形状は波打つアーチ状で、フッ素加工を施した膜材ポリカーボネートが使用されており、東京ドームと同じ屋根素材である[39]。天然芝の育成になるべく影響を与えないようにするため、南スタンド上の屋根だけは日光を透過しやすいよう、半透明になっている[35]
  • 照明は波型の屋根に388個の投光器が備わる[34]。ゴールラインから15度の角度の位置にライトはなく、コーナーキック時に選手が眩しさを感じないように工夫がされている[34]
アップルーム
メインスタンドの真下にある選手用の試合開始前のウォーミングアップスペース。ホーム、アウェー両チーム用に2カ所ある[34]

コンコース・ゲート[編集]

コンコースとは、建物2階部分に当るスタンド席裏側の広いスペースのことで、カシマスタジアムでは歩いてぐるりと1周することができる。イベント会場にもなりコミュニケーションの場としても提供される[34]。フーリガン対策として、各入場ゲートにセキュリティーフェンスを設置し、場内やコンコースに監視カメラを58台設置するなどハード面での対策が講じられている[34]

コンコース
  • アントラーズホームゲーム開催日には多くの売店が出店する。
  • アントラーズオフィシャルグッズショップ(アントラーズホームゲーム開催日のみ営業)
  • カシマウェルネスプラザウォーキングスペース(中2階)
  • バックスタンド側コンコースの5ゲートと6ゲート付近にエレベーターが設置されている。
  • トイレの男性用と女性用の数はほぼ半数ずつの計560個あり[注釈 5]、混雑解消を目的に入口と出口が別となっている[34]
ゲート
  • 2ゲートは新日鐵住金(旧・住友金属工業)が命名権を取得したため、名称は「新日鐵住金ゲート」となっている。
  • 3ゲートはアウェイサポーター専用ゲート(鹿島アントラーズホームゲーム開催時)
  • 新日鐵住金ゲートと5ゲートの階段にはエスカレーターが設置されている。

映像装置・広告看板[編集]

  • 2017年から北・南の両サイドスタンドの2階席に新たな大型映像装置(サイズ:縦9.6m×横19.2m)[40]を設置することになり、下記にある従来型の大型ビジョン・得点掲示板は撤去された。
    旧映像・得点表示装置
    • 2002年の日韓ワールドカップに備えて、南サイドスタンド2階席にパナソニック製の700インチ相当 (8.4 m×15 m) 、LED(発光ダイオード)方式の大型映像装置が備えられ[注釈 6]、試合中の得点シーンなどが再生される[34]
    • 北サイドスタンド2階席に得点表示板が設置されている(1993年開設時は南サイドスタンド1階席に設置。上部は簡易フリーボードで選手表記などが可能。2001年増築時に現在の場所へ移動)。
  • 2階席最前列にアジア最長となる高さ1m、長さ500mのLED(アビックス製)帯状映像装置「LEDリボンビジョン」が場内をほぼ一周するように設置されている。またこれとは別に2015年からバックスタンド1階席最前列にもリボンビジョン[41]が新たに設置され、ゴール裏の回転広告盤(後述)と一体運用している。
  • ゴール裏最前列に設置されている広告看板は回転看板(アドタイム)を使用しており、試合時間帯に応じてアントラーズのスポンサーの広告を切り替えて表示している。この回転盤は1995年から採用されており、当初はピッチ前のみであったが、1999年から客席最前列[注釈 7]、さらに2015年以後はゴール裏の客席とピッチの中間部分(ピッチから見て奥)の部分にも設置されている。

スタジアム内に併設されている施設[編集]

  • カシマサッカーミュージアム(バックスタンド側)
  • アントラーズファンクラブ事務局
  • カシマウェルネスプラザ
    バックスタンド側にスポーツクラブ「カシマウェルネスプラザ」を開設し、鹿島アントラーズ・エフ・シーが運営している。施設内にはトレーニングジムがあるほか、インストラクターによるエクササイズといったプログラムも行われている。また、スタジアムの中2階コンコースにはウォーキングコースが整備されている。2011年から、ENVIRONのメソッドによるアントラーズスキンケアが開始された。

旧スタジアム[編集]

旧茨城県立カシマサッカースタジアムは、茨城県のスポーツ振興の拠点であるとともに、鹿島アントラーズのホームグラウンドともなり、1993年5月の初オープンから2000年9月の増改修のため一時休止されるまでの約7年半の間、Jリーグを中心にサッカー公式戦が開催された。 国内サッカースタジアムとして日本初のものは、(1) 全ての観客席が屋根付き、(2) 四方とも観客席が独立した椅子席、(3) 1500ルクスの高照度夜間照明、(4) セルシステム採用の天然芝フィールドであった[42]。 これらは当時のサッカー場の水準を上回る最新設備であり、1万5000人規模のサッカースタジアムとしてみれば世界一の設備を有するもので[43]、国内サッカー場の中でもカシマスタジアムの大きな特徴にもなった。

当初から、将来日本でワールドカップが開催された場合に対応できるように、4万人程度の収容能力に高める余地を残した設計がなされており[10]、建設ではJリーグ開幕に間に合わせるため、プレキャスト (PC) 工法を導入するなど工期短縮の工夫が随所で見られ、わずか13カ月間で完成している。施工は、竹中工務店住友建設常総開発工業共同企業体 (JV) が担当し、在来工法による工期は23カ月と試算されたが、現場近くで梁や床、階段などを製造して部品を組み立てていくことで工期を大幅に短縮した[43]

施設概要[編集]

  • 敷地面積:約4.0ha
  • フィールド:天然芝(105m×68m)
  • スタンド
    • 構造:鉄筋コンクリート+鉄骨鉄筋コンクリート+鉄骨造地上3階
    • 建築面積:約12,000m2
    • 延べ床面積:約22,000m2
    • スタンド面積:約10,000m2
    • 最高高さ:19.41m
    • 観客席:15,000人収容、全椅子席、観客席屋根付き
    • 所要室:本部室、更衣室、事務室、医務室、審判更衣室、記者室、カメラマン控室、インタビュー室、トレーニング室、放送室、貴賓室、応接室
    • 付属施設:夜間照明(1,500ルクス)、電光掲示板

(出典:茨城県立カシマサッカースタジアム『茨城新聞』、1993年5月4日付日刊、9面、全面広告。)

ピッチ[編集]

日本で初めて採用されたスイス開発のセルシステムによる天然芝のグラウンドは、芝面から45cmの深さに全面ビニルシートを敷き詰め、スリット付きのパイプを張りめぐらせて砂を敷き、芝の種を蒔いて造られたものである。セルシステムは、埋設されたパイプの水位を上下させることにより、給水、排水、肥料などの薬液を供給するシステムで、すなわちグラウンドにはスプリンクラーは無く、旧来のサッカー場では水はけを考慮して傾斜が設けられていたが、カシマでは排水勾配の必要がない傾斜率ゼロの平らなグラウンドが可能となり、これが旧スタジアム最大の特徴にもなった[43]。鹿嶋の気候に合わせフィールドには鹿島の砂が使用されており、テストして砂質に合う選び抜かれた暖地性、寒地性、日陰に強い3種類の洋芝をブレンドしたものが使用された[39][17][43]

欧米育ちの芝にとって日本の夏場の高温多湿の気象環境は芝の育成に厳しい条件となり、カシマでは過去に2度の大規模な芝の夏枯れに見舞われている[39]。芝に着いた朝露が日光に照らされてレンズ効果で芝が焼けてしまう現象に対しては、大型扇風機を何台もピッチ脇に設置して人工的に風を起こし、露を吹き飛ばす対策を行って問題を解消させている[39]

スタンド[編集]

全ての席の頭上にテント生地の屋根が覆っており、使用された布地は東京ドームと同じ材質のものが使用された[43]。1万5000人の観客席は、ベンチ席は無くすべてが独立しており、客席1人あたりの面積は0.62m2と、従来施設平均(0.4〜0.5m2)よりゆとりある設計がされていた。メインスタンドの座席の色は太平洋に由来する青で、バックスタンドはアントラーズチームカラーの赤が使用され、ローマ字で白く「KASHIMA」と染められた[43]

夜間照明[編集]

スタジアムの四隅に設けられた照明塔は1500ルクスを確保したもので、この当時、一般的な既存サッカー施設の500〜1000ルクスよりもフィールドの芝生を明るく照らし出すものが設置された[43]

改修工事[編集]

2002年ワールドカップに向けた改修[編集]

1993年の開場当初、茨城県立カシマサッカースタジアムの収容人員は15,000人だったが、その後立見席を設けたため収容人員は約16,000人となった。だが、茨城県は2002 FIFAワールドカップ(W杯)の開催地として立候補しており、茨城県立カシマサッカースタジアムを開催会場とすることも決まっていたことから、スタジアムの処遇を検討する必要に迫られた。1995年5月31日に茨城県からW杯日本招致委員会に提出された第3次(最終)開催計画では、すでにスタンドを40mの高さの2層式にして収容人数を1万5千人から4万3千人にするほかプレスゾーンも拡大し、観客席の3分の2に屋根を被せて屋根下に照明を整備する内容とされた[13]

既存の茨城県立カシマサッカースタジアムを継続使用しながら増築する場合、安全上の問題が生じ消防法に抵触する恐れがあることから、一時はスタジアムを新規に建設する事も検討された。 W杯の茨城県開催に向けてカシマサッカースタジアムの改修か新設かを検討していた、斉藤義則茨城大学教授などの有識者らで構成する「カシマサッカースタジアム整備検討委員会」は、1996年12月19日に最終報告書を橋本昌茨城県知事へ提出し、検討委員会が示した報告書の中で「改修」「新設」の両論を併記し、それぞれの利点や課題について述べられたが、委員会としての結論は下さず最終判断は知事にゆだねた[44]。これを受けた橋本知事は、新規建設の場合は建設コストが多額に及ぶことや[注釈 8]、旧スタジアムを鹿嶋市へ譲渡・移管した場合に、鹿嶋市側の受入費用・スタジアム維持費用捻出が対応しきれないとの鹿嶋市内部の判断があったことを理由に、同年12月27日に既存の茨城県立カシマサッカースタジアムを増築することを表明し、1998年より着工して2001年開催にされるW杯プレ大会であるFIFAコンフェデレーションズカップ2001までに完成させる予定を発表した[13]

改築事業は1998年10月から2年8カ月間に及び[36]、設計は日建設計、建築工事は竹中工務店住友建設勝村建設常総開発工業、岡部工務店の5社による共同企業体 (JV) が施工を担当し[34]、初めの2年間は試合のない冬場を中心に工事が行われた[15][注釈 9]。アントラーズはこの間茨城県を離れ、ホームゲームを東京都新宿区国立霞ヶ丘陸上競技場(国立競技場)などで行った。当時、茨城県内でJリーグ ディビジョン1(J1)の基準を充足する施設は茨城県立カシマサッカースタジアムしかなかった。また、当時水戸ホーリーホックがホームゲームを行っていた那珂市笠松運動公園陸上競技場は2002年に開催予定だった全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に合わせ改修中であり、水戸市立競技場ひたちなか市総合運動公園陸上競技場Jリーグ ディビジョン2(J2)規格も満たしていなかった。[要出典]

改修内容[編集]

収容人員を約4万2000人規模とするため、既存スタンドの屋根を外して増設部分となる2階席を設置。昼間のテレビ中継で逆光による写り具合の悪さを解消するため、東側にあったメーンスタンドと西側にあったバックスタンドを、そっくり入れ替えた[39]。また、観客の利便性を向上するため観客席内の車椅子席の数を増やし、スタンドのコンコースを1周できる構造へと変更している[39]

年間を通じて緑の芝生を維持管理するために国内初の導入例となったセルシステムは、カシマスタジアムの芝生の全面張り替えとともに撤去され、スプリンクラーへと置き換えられた[45]。その理由は、観客席スタンドを2層式とするにあたり、ピッチ面の風通しが悪くなることと、7年が経過して土壌が固まり、セルシステムが十分機能しなくなり排水のみの利用となっていたなど影響が出ており、新スタジアムの構造になるとフィールド天然芝の育成環境が大きく変化し、夏場の蒸し暑さにも十分対応しきれなくなったためである[45]

W杯開催に向けた改修工事を終えて4万人規模に生まれ変わった新スタジアムは、2001年5月19日にオープニングゲームとなるJリーグ鹿島対柏戦を開催し、同試合前に完工記念式典が開かれた[19]。そして、同年5月31日に初の国際試合となるコンフェデレーションズカップを迎え、ブラジルカメルーン戦が開催された[21]

  • 1999年 - 既存席の屋根の取り外し工事(1stステージのアントラーズ主催試合は茨城県内を離れて開催)
  • 2000年 - 2階席(新設)の基礎工事→屋根の架設、座席のひな壇作り
  • 2000年9月10日 - 「ピッチ開放ファン感謝祭」を開催。初めてピッチが一般開放され、全面張替えされるため記念に芝生をイベント参加者に無料提供[15][17]
  • 2001年 - 2階席の仕上げ(座席の設置)、大型映像装置の設置、メイン・バックスタンドの配置換え、芝生の張替え
  • 2001年5月16日 - 増築完了、自治体関係者らに公開[35]。収容人員は41,800に増設[注釈 10]
  • 2003年 - W杯対応終了のため一部改修。現在の収容人員は40,728人

東日本大震災の影響[編集]

2011年3月の東日本大震災において、観客席を中心に著しく損壊。このためシーズン中での早期復旧・使用再開のため吊屋根式の照明・音響設備を撤去し、2階席の各コーナー付近に照明を設置するなどの応急修理を行ない、2011年6月からスタジアムの使用を再開[注釈 11]。シーズン終了後の12月から本格的な修復工事を行ない、2012年3月に完全復旧した。この際同時に耐震化補強が施され、照明など吊屋根式構造物の落下防止として四重の防護柵が設置されるなど、同規模地震に耐える堅牢構造となった。これにより周辺地域の防災拠点としての機能が追加された。

2017年の改修[編集]

2017年度には、上記のホームとアウェーの応援席を入れ替えを行うとともに、開設当初からこれまで北側2階席(開設当初は南側現1階席)に使用していた得点表示専用の電光掲示板、並びに南側2階席の大型映像装置が撤去され、この箇所に新たな最新鋭の機能を兼ね備えた大型ビジョンを設置、2面マルチビジョンに移行することになった。このビジョンは既存の南側2階席にあるものよりも大きく設定されており、2016年末に着工、2017年2月の開幕までに完成を目指すとしていたが[46]、南側(新ホーム側)については、2017年2月20日のACL2017第1戦「蔚山現代FC戦」で使用開始、北側(新アウェー側)については機種更新の関係で同年4月ごろの完成を目指して工事を進めている。新ビジョンでは大型映像操作室との連携により、スーパースローカメラなどを使い、試合のダイジェストリプレーなど、観客に多彩な映像演出を展開するとしている[40]

スタジアムグルメ[編集]

試合時に販売される食品の質が国内トップクラスと称されるほど非常に高く、売店も多く出店している。人気を示す一例として、Jリーグの公式ファンサイト「J's GOAL」が2014年に行ったスタジアムグルメ投票では、カシマスタジアム内の各店舗で販売される「もつ煮」が1000票以上を集めて1位、ハムの塊を串に刺す「ハム焼き」が500票以上で8位となっていた[47]。この両者は鹿島アントラーズの公式サイトでも、「カシマサッカースタジアムはグルメスタジアムと言われるほど、色々な売店があります。定番メニューとして『もつ煮』、『五浦ハム焼き』があげられます」として触れつつ、同時にこの他の店舗も紹介されている[48]

この他、Jリーグでのアントラーズ主催試合ではアントラーズのホームタウンとなっている鹿嶋市・神栖市潮来市鉾田市行方市の5市や、フレンドリータウンとなっている茨城県・千葉県の10市町村のイベントが随時開催され、各市町村の特産食材が提供される。

古い競技場などでは、消防法や設備の関係で敷地内で火を使えず[49]、満足な食品が供給できないことも多いが、茨城県立カシマサッカースタジアムは設計段階からプロサッカーの興行で売店が出店されることを想定していたため、スタジアムコンコース各所にガスや水道のラインが整備され、消防法の基準もクリアした設計がなされており[50]、その場で大量の温かい食品を調理することが可能になっている。

主な大会・イベント[編集]

開催実績[編集]

通年開催[編集]

備考[編集]

サッカー以外の利用[編集]

観戦環境[編集]

  • 一般的なスタジアムにおいてゴール裏席は自由席(もしくはゴール裏席)と呼ばれるが、アントラーズのホームゲーム時はサポーターズシートと呼ばれる。
  • 収容人員数が1万5000人だった頃は、Jリーグバブルの時期とも重なりチケットの入手は困難だったが、それでも多数のサポーターがこのスタジアムを訪れた。収容人員数を超える試合も珍しくなかったという。[要出典]
  • スタジアムの上空写真をデザインしたオレンジカードをJR成田駅成田空港駅鹿島神宮駅などのみどりの窓口で発売していた。
  • スタジアムが鹿島灘に近いこともあり、試合中にで見づらくなることもある。

アクセス[編集]

東京駅鹿島神宮駅を結ぶ高速バス路線の一部の便、8往復がスタジアムまで毎日延長運行され、試合日には観戦客輸送のために全ての便が同スタジアムまで直通する。試合開催日には鹿島臨海鉄道大洗鹿島線鹿島サッカースタジアム駅に停車するほか、試合によってはJR東日本の臨時列車が乗り入れるなど、東京方面からのアクセスが改善された。[要出典]

スタジアムが完成したことによる交通への影響は、1993年のこけら落としの試合で、国道51号東関東自動車道などスタジアム周辺の道路で最大11kmの交通渋滞が発生し、インフラ早期整備に課題を残した[55]。これを教訓として鹿島町(現・鹿嶋市)が中心となってJR、大洗鹿島線、関東鉄道などに協力を働き掛けて、Jリーグ開幕戦に合わせて列車・バス共に増発便ができた[56]。また、同年5月には、スタジアムに最も近いJR鹿島線の貨物駅であった北鹿島駅で、旅客化の向けた改修工事の起工式が挙行され[56]、その翌年に供用されている。

またW杯が開催された2002年は、スタジアム周辺の国道、県道、市道が相次いで整備されて開通している。W杯開催に間に合うように交通インフラ整備が急ピッチで行なわれた道路は、スタジアムと直結する国道51号鹿嶋バイパス国道124号バイパス、県道大洋鹿島線県道鹿島港線などがあり[注釈 12]、いずれも市内の主要幹線道路の拡幅やバイパス化が行われた[39]。Jリーグ開催時には周辺道路の渋滞が激しかったが、2002年にはおおよその交通体系の骨格が出来上がっている[39]

2007年からは、試合前の観戦客を対象にした無料周遊観光バス「鹿嶋めぐり卜伝号」が鹿嶋市や同市観光協会などにより運行されるようになった[58]

鉄道[編集]

  • JR鹿島線・鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 鹿島サッカースタジアム駅より徒歩5分(試合開催日のみ臨時停車、試合によっては成田駅からの臨時列車あり)
    • 同スタジアム建設決定時、1985年開業の大洗鹿島線は既に旅客営業を行っており、スタジアム予定地のそばには東日本旅客鉄道(JR東日本)の鹿島線と鹿島臨海鉄道の接続点である「北鹿島駅」が貨物駅として営業を行っていた。1991年2月に住友金属サッカー部(後の鹿島アントラーズ)のプロリーグ初年度参加が決まると、同年11月から同駅を利用するJR東日本千葉支社日本貨物鉄道(JR貨物)関東支社・鹿島旅客鉄道、及び鹿島町と茨城県による旅客化協議が開始され、当初の目標より1年遅れて1994年のJリーグ開幕時(3月12日)より同駅を改称の上、旅客営業が開始された。同駅が工事中だった1993年シーズンは鹿島線鹿島神宮駅や大洗鹿島線鹿島大野駅からのバス輸送が行われたが、同駅の旅客営業により水戸・潮来方面からの観戦客は鉄道のみでの来場が可能になり、輸送状況は改善された[59]

バス[編集]

高速バス
  • かしま号 - 東京駅よりカシマサッカースタジアム行きで「カシマサッカースタジアム」下車
    • 上りは鹿島神宮駅と水郷潮来バスターミナルのみ停車(降車不可、試合開催日は東京駅直行)
    • 平日は8往復運行され、試合開催日は試合開始6時間前から2時間前まで鹿島神宮駅行きの便がカシマサッカースタジアムまで延伸される。
  • 試合開催日には「かしま号」の他に東京駅-カシマサッカースタジアム間の予約制直行バスが運行されている。
シャトルバス
  • 鹿島神宮駅より有料シャトルバス(試合開催日のみ運行)で「カシマサッカースタジアム」下車

自動車[編集]

周辺施設[編集]

フォトギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ なお、鹿嶋市内にはもう一体のジーコ像(ショッピングセンターチェリオ内のジーコ広場内)が存在する。
  2. ^ 1999年1stステージと2000年2ndステージ後半、チャンピオンシップは国立霞ヶ丘陸上競技場をメインとして、茨城県外で主催試合を開催。これは当時茨城県内にJリーグ基準を満たしたスタジアムがカシマ以外なかったため(笠松陸上競技場は改修工事中)による。
  3. ^ 県・鹿島FC・鹿島サポーター代表など関係者らによる完成披露宴が2004年4月4日に行われ、一般公開は2日後の4月6日から[28]
  4. ^ 旧スタジアム比で、観客席が約2.9倍、延べ床面積が約3.8倍の規模になる。
  5. ^ 女性用は287個と旧スタジアム(57個)よりも大幅に増加されている[36]
  6. ^ 2001年増築時に設置。
  7. ^ ゴール裏の2台は据え置き型だが、応援席最前列は固定式。1994年-1998年はこの箇所は直接固定貼り付け型の看板・横断幕の設置スペースだった。
  8. ^ 検討委員会が提示した最終報告書では、スタジアム改修案では248億円、スタジアム新設案では約300億円と必要な建設コストを試算しており、新設では最大50億円程高くなる見込みとした[44]
  9. ^ 1998年から2001年までの増築工事期間中も、Jリーグの試合が全部で19試合開催されている[36]
  10. ^ 2層式スタンドの座席数内訳は、1階22,750席、2階19,056席[35]
  11. ^ 一旦撤去した照明設備を2階席各コーナー付近に移設する形で仮設の照明塔として使用。このため当該箇所の客席が閉鎖された。
  12. ^ ワールドカップ関連道路として、国土交通省と茨城県、鹿嶋市が進めた主なアクセス道路整備は、国道51号鹿嶋バイパス(以下、鹿嶋バイパス)・国道124号鹿島バイパスの国道2路線を軸に、茨城県道101号潮来佐原線潮来インターチェンジ - 国道51号・洲崎交差点間〉・茨城県道242号大洋鹿島線〈鹿嶋バイパス・鹿嶋消防署南交差点 - 鹿島サッカースタジアム駅前間〉・茨城県道255号鹿島港線〈鹿嶋バイパス・スタジアム北交差点 - 鹿嶋市下津間〉の県道3区間および、市道スタジアムはまなす線〈鹿嶋バイパス・スタジアム北交差点 - 鹿嶋市小山〉・市道駅北神向寺線〈鹿嶋バイパス・神向寺交差点 - 鹿嶋市厨〉の鹿嶋市道2区間を合わせた計7区間[57]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 茨城県知事直轄広報広聴課 (2015年4月1日). “茨城県立カシマサッカースタジアム”. 茨城県ホームページ. 茨城県. 2015年12月4日閲覧。
  2. ^ 施設概要”. カシマサッカースタジアム ホームページ. 茨城県立カシマサッカースタジアム (2012年). 2015年12月21日閲覧。
  3. ^ a b c d 高橋丈夫 2003, p. 230.
  4. ^ a b c 「進むサッカーの街づくり - 鹿島地域」『茨城新聞』、1992年1月10日付日刊、15面。
  5. ^ a b c d e f g 高橋丈夫 2003, p. 231.
  6. ^ a b 「カシマサッカースタジアム誕生・1万5000人大声援」ペプシ杯『茨城新聞』、1993年5月5日付日刊、1面。
  7. ^ 「初ゴールやはりジーコ」PEPSI CUP'93『茨城新聞』、1993年5月5日付日刊、6面、スポーツ。
  8. ^ 「鹿島爆勝・ジーコ ハットトリック」J.LEAGUE『茨城新聞』、1993年5月17日付日刊、6面、スポーツ。
  9. ^ a b 「鹿嶋、開催地に選定・日韓共催、2002年W杯サッカー」『茨城新聞』、1996年12月26日付日刊、1面、総合。
  10. ^ a b 「県立カシマサッカースタジアム・1万5千人収容、来春完成」『茨城新聞』、1992年1月14日付日刊、1面〈総合〉。
  11. ^ 「J.LEAGUE 鹿島幕開け快勝」『茨城新聞』、1993年5月17日付日刊、1面〈総合〉。
  12. ^ 「熱狂の応援、新駅も好評」『茨城新聞』、1994年3月13日付日刊、19面〈社会〉。
  13. ^ a b c 「知事『改修』を表明・カシマサッカースタジアム」『茨城新聞』、1996年12月28日付日刊、1面〈総合〉。
  14. ^ 「鹿島、初の頂点」サッカー ナビスコ杯『茨城新聞』、1997年11月30日付日刊、1面〈総合〉。
  15. ^ a b c 「ピッチを一般開放 - 県立カシマスタジアム」『茨城新聞』、2000年9月12日付日刊、B版、21面〈社会〉。
  16. ^ 「鈴木、価値ある一発」Jナビスコ杯準々決勝第2戦『茨城新聞』、2000年9月7日付日刊、10面、スポーツ。
  17. ^ a b c 「カシマの芝・あすプレゼント」『茨城新聞』、2000年9月9日付日刊、23面〈地域/鹿行〉。
  18. ^ 「新スタジアムきょうオープン・完成祝う催し多彩」『茨城新聞』、2001年5月19日付日刊、23面、地域/鹿行。
  19. ^ a b 「新スタジアムオープンに花 鹿島延長制す」『茨城新聞』、2001年5月20日付日刊、A版、1面。
  20. ^ TBSスーパーサッカー番組サイト内、同試合の記録[1]
  21. ^ a b 「カシマ、世界“デビュー”・新スタジアム初の国際試合」コンフェデ杯『茨城新聞』、2001年6月1日付日刊、B版、23面〈社会〉。
  22. ^ 「『ニッポン』コールに沸く・カシマで日本戦」コンフェデ杯『茨城新聞』、2001年6月5日付日刊、A版、19面〈社会〉。
  23. ^ 「カシマ『世界』に熱狂・アルゼンチン快勝」2002 FIFA WORLD CUP『茨城新聞』、2002年6月3日付日刊、B版、1面。
  24. ^ 「劇的同点弾カシマ酔う・アイルランド、ドイツ引き分け」2002 FIFA WORLD CUP『茨城新聞』、2002年6月6日付日刊、B版、1面。
  25. ^ 「興奮絶頂 カシマ有終・イタリア、波乱の逆転負け」2002 FIFA WORLD CUP『茨城新聞』、2001年6月9日付日刊、B版、1面。
  26. ^ 「W杯の熱狂再現 - カシマで1周年フェス」『茨城新聞』、2003年6月30日付日刊、A版、1面。
  27. ^ 「"最高の芝生"カシマを表彰 - ベストピッチ賞」『茨城新聞』、2003年12月16日付日刊、A版、7面〈スポーツ〉。
  28. ^ 「サッカーミュージアム完成 - 県立カシマスタジアム」『茨城新聞』、2004年4月5日付日刊、20面〈地域〉。
  29. ^ 「"茨城ダービー"鹿島に軍配 - Jリーグ」『茨城新聞』、2005年2月21日付日刊、A版、1面。
  30. ^ 宮崎薫「東軍大勝 - J球宴」『読売新聞』、2006年7月16日付朝刊、14版、25面〈スポーツ〉。
  31. ^ 「柏 7連勝で4位 - 全日程終了」J1・8日『読売新聞』、2014年12月9日付朝刊、13版、25面、スポーツ。
  32. ^ 【2014Jリーグディビジョン1】第34節 アルビレックス新潟-柏レイソル 代替開催日決定のお知らせ”. 日本プロサッカーリーグ (2014年12月6日). 2014年12月7日閲覧。
  33. ^ 「鹿島が中田氏ら3人の引退試合」J情報・5日『読売新聞』、2015年7月6日付朝刊、13版、25面〈スポーツ〉。
  34. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 「2002W杯 新生カシマスタジアム特集」『茨城新聞』、2001年5月18日付日刊、14・15面〈特集〉
  35. ^ a b c d e f g h 「新カシマスタジアム公開 - 波打つ屋根、臨場感」『茨城新聞』、2001年5月17日付日刊、A版、21面〈社会〉。
  36. ^ a b c d e 「橋本知事インタビュー - 2002W杯 新生カシマスタジアム特集」『茨城新聞』、2001年5月18日付日刊、14・15面〈特集〉
  37. ^ 2017年よりホーム・ビジターサイドの入れ替えについて 鹿島アントラーズ 2016年10月1日
  38. ^ ACL開催時のベンチ位置について(鹿島アントラーズ 2017年2月20日)
  39. ^ a b c d e f g h 「夢舞台へ つち音響き」県立カシマスタジアム『茨城新聞』、2000年8月20日付日刊、13面〈特集〉。
  40. ^ a b スタジアム大型映像装置新設のお知らせ(2017年2月20日)
  41. ^ バックスタンド横断幕掲出ルールの変更について(同ページの写真にあるJリーグ協賛社の横断幕の手前にリボンビジョンがある)
  42. ^ 「茨城県立カシマサッカースタジアム完成」茨城県広告『茨城新聞』、1993年5月4日付日刊、9面。
  43. ^ a b c d e f g 「選手を待つ夢舞台・わずか13カ月で完成」県立カシマサッカースタジアム『茨城新聞』、1993年5月4日付日刊、8面。
  44. ^ a b 「『改修』『新設』の両論併記」-検討委が報告書 知事に決定ゆだねる」カシマサッカースタジアム『茨城新聞』、1996年12月20日付日刊、1面〈総合〉。
  45. ^ a b 「『セルシステム』撤去へ」 - カシマスタジアムの芝管理」『茨城新聞』、2000年8月19日付日刊、23面〈社会〉。
  46. ^ カシマスタジアム改修 大型ビジョンなど設置へ(2016年11月30日 日刊スポーツ 12月25日閲覧)
  47. ^ 出典:J's GOAL「2014スタナビβ」内「人気スタグルメ[リンク切れ]、2014年8月14日閲覧。
  48. ^ 鹿島アントラーズ公式サイト内、観戦情報、「スタジアムグルメ案内」より、2014年8月14日閲覧。
  49. ^ スタジアムを含む劇場などでの裸火・危険物使用制限とその解除については、一例として東京消防庁による解説がある「知っていますか?こんな場所での火気使用規制 禁止行為と解除承認」。
  50. ^ Jリーグ公式サイト内、「Jリーグ親膳大使 フォーリンデブ橋本陽の満腹コラム」内、「スタジアムグルメ「鹿島アントラーズ@カシマスタジアム」」、2015年6月2日付記事。
  51. ^ 本来は12月6日新潟で開催予定だったが大雪のため延期となり、日程や警備などの都合のついたカシマでの開催となった。【2014Jリーグディビジョン1】第34節 アルビレックス新潟 vs 柏レイソル 代替開催日決定のお知らせ【補足:代替地決定までの経緯】 - Jリーグ ニュースリリース 2014年12月7日
  52. ^ パークアンドライド・レンタサイクル:茨城県公共交通活性化会議
  53. ^ ザ・クロマニヨンズ 『ナンバーワン野郎!』- ザ・クロマニヨンズ YouTube Official Channel
  54. ^ 2014/12/10 on sale 16th.Single 青春カレーライス MV(special edit ver.)- Youtube SKE48 Ofiicial Channel
  55. ^ 「スタジアムは熱狂したが…ゴールが見えぬ大渋滞」『茨城新聞』、1993年5月5日付日刊、19面〈社会〉。
  56. ^ a b 「舞台の支え 開幕熱気 - 客の誘導、渋滞対策」鹿島町『茨城新聞』、1993年5月16日付日刊、21面〈社会〉。
  57. ^ 「進むアクセス道路整備 - 車での来場スムーズに」2002年W杯新生カシマスタジアム特集『茨城新聞』、2001年5月18日付日刊、18・19面〈特集〉。
  58. ^ 無料周遊バス「鹿嶋めぐり卜伝号」運行のお知らせ 鹿島アントラーズオフィシャルサイト
  59. ^ 以上、『鹿島臨海鉄道三十年史』(2003)、p55-57より。本文中では同社の大株主である茨城県の地名である鹿島線の経由地の「潮来」となっているが、鹿島線の全列車は千葉県香取市(※2006年までは佐原市)の佐原駅ないしそれ以西との間で運転され、千葉県内やそれに接続する東京方面にも効果は及んだ。

参考文献[編集]

  • 高橋丈夫 「カシマサッカースタジアム」『図説 鹿行の歴史』 植田敏夫(監修)、郷土出版社2003年10月10日、230-231頁。ISBN 4-87663-644-3。

関連項目[編集]