藤堂新二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
とうどう しんじ
藤堂 新二
本名 望月 賢一(もちづき けんいち)
別名義 香山 浩介(旧芸名)
生年月日 (1955-03-01) 1955年3月1日(62歳)
出生地 日本の旗, 神奈川県
身長 184cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画、テレビドラマ、舞台
活動期間 1977年 -
配偶者 あり
主な作品
テレビドラマ
スパイダーマン
電子戦隊デンジマン
鞍馬天狗』『宮本武蔵
いのち』『愛伝説
映画
刑事物語2 りんごの詩
舞台
風と共に去りぬ』『ローマの休日
『ふるあめりかに袖はぬらさじ』

藤堂 新二(とうどう しんじ、1955年3月1日[1] -)は、日本の俳優。本名、望月 賢一(もちづき けんいち)[2]。旧芸名は、香山 浩介(かやま こうすけ)。ケィ・サイド所属。神奈川県出身。身長185cm、体重78kg。血液型・O型[1]関東学院大学文学部卒業[3]

来歴・人物[編集]

芸能活動に興味があり、週刊TVガイドに掲載されていた東京宝映テレビの募集広告に応募し合格。モデル事務所のセントラルファッションにも合格していたが役者の道に進む[1]。東京宝映テレビの舞台公演やテレビのエキストラなどを経験[1]。東京宝映テレビ付属俳優養成所を卒業[3]後、特撮テレビドラマスパイダーマン』(1978年東京12チャンネル)本格的にデビュー[4][1]。それ以前にゲスト出演した『透明ドリちゃん』は『スパイダーマン』の出演テストも兼ねていたとされる[1]。『スパイダーマン』出演に際してプロデューサーの吉川進から芸名の変更を要求され、東京宝映テレビ社長の香山新二郎の苗字の"香山"と名誉会長の稲垣浩から"浩"の名を貰い、香山 浩介に改名[1]。のちに東映特撮作品では、1980年の『電子戦隊デンジマン』(テレビ朝日)のヘドラー将軍、1987年の『超人機メタルダー』(同)の桐原剛造(帝王ゴッドネロス)と2度にわたり敵役を演じた。藤堂はヒーローを演じて1年程度で悪役を演じることに抵抗があったが、監督の竹本弘一から「悪にも美学がある」とアドバイスされ気持ちの整理がついたとされる[1]

1981年、『鞍馬天狗』(TBS)出演時に、中山和記から芸名の変更を要求され[1]、自らが演じる藤堂平助の"藤堂"と当時の所属事務所の社長であった香山新二郎の"新二"の名を貰い、「藤堂 新二」に改名[4][1]。1987年には東海テレビ系『愛伝説』で根本りつ子の相手役で主演を務めた。その後も大河ドラマ時代劇2時間ドラマなどに多数出演するほか、舞台出演も多い。

趣味は、水泳[3]。特技は、剣道(二段)、ギター[2]。既婚で、子供は娘が2人いる[4]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 一部のカットではスーツアクター兼任
  2. ^ 一部のカットではスーツアクター兼任
出典
  1. ^ a b c d e f g h i j 「東映ヒーロー悪役俳優列伝 藤堂新二」、『東映ヒーローMAX』第3巻、辰巳出版2002年、 95 -97頁、 ISBN 978-4886418296。
  2. ^ a b 日本タレント名鑑2004』 VIPタイムズ社、2004年、255頁。ISBN 978-4990124229。
  3. ^ a b c 『テレビ・タレント人名事典 第5版』 日外アソシエーツ2001年、711頁。ISBN 978-4816916779。
  4. ^ a b c 日刊ゲンダイ「あの人は今こうしている」2006年3月7日付より