藤山律子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ふじやま りつこ
藤山 律子
本名 多田 佳代
別名義 多田 きみこ
生年月日 (1949-03-15) 1949年3月15日(68歳)
出生地 日本の旗 徳島県
身長 163cm
職業 女優声優ナレーター
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
活動期間 1971年 - 現在
事務所 ウイルアライアンス
主な作品
映画
文学賞殺人事件 大いなる助走
ひとりね
テレビドラマ
金メダルへのターン!
特別機動捜査隊
レインボーマン』『電人ザボーガー
宇宙からのメッセージ 銀河大戦
科学戦隊ダイナマン

藤山 律子(ふじやま りつこ、1949年3月15日[1] - )は、日本女優声優ナレーター[1]。本名、多田 佳代[2]。旧芸名は多田 きみこ徳島県出身[1][3][4]。身長163cm[1]徳島県立撫養高等学校卒業[2]。ウイルアライアンス所属[1]

来歴・人物[編集]

テレビタレントセンター大阪テレビタレントビューローを経て[5]1970年にテレビドラマ『金メダルへのターン!』(フジテレビ)にて「多田 きみこ」名義でデビュー[3][4]

その後、芸名を「藤山 律子」に改め、NET系『特別機動捜査隊』では女刑事役で人気となり[3]テレビ映画で主にバイプレイヤーとして活躍する。『愛の戦士レインボーマン』(NET)を皮切りに特撮番組での悪女役を多く演じた[3][4]

趣味・特技は、オートバイ乗馬舞踊殺陣[1]

エピソード[編集]

  • 女優になる前の活動について、『ゴーグルV・ダイナマン・バイオマン大全』のインタビューではCMモデルであったと述べているが[3]、『電人ザボーガー&ピー・プロ特撮大図鑑』でのインタビューでは四国放送へアナウンサーとして入る予定であったと述べている[4]
  • 悪役を演じることについては、自由に演じることができるため楽しんでおり、現代劇で自然に喋る芝居の方が苦労すると述べている[4]。また、ファンレターで「藤山律子が演じる悪役は憎たらしいだけでなく、切なさのようなものがある」と書かれていたのを嬉しく感じ、自身のやり甲斐としている[4]
  • 以前はアクションを特技としていたが、実際には運動は得意ではなく、仕事を得るための方便であった[3]。『不良番長』シリーズに出演した際は、レギュラー入りを見越してJACでアクションの練習を行ったこともあるが、少しやったきりであった[4]。また、『レインボーマン』では自ら申し出て立ち回りを演じたこともあったが、フィルムを観て格好悪いと感じ、スタントマンの重要性を理解したという[3]
  • 『金メダルへのターン!』でも、泳ぎは得意ではなかったがオーディションで泳げると応え、プールで泳ぎの上手そうな人に声をかけて練習していた[3][4]
  • 二輪免許は地元で移動に必要なため取得したものであったが、当時はオートバイに乗れる女優が珍しかったため仕事を得るのに役立ったという[3][4]。しかし、免許を持っていることでバイクアクションもできるものだと解釈されることも多く、ジャンプやターンなどは練習してできるようになっていったが内心はドキドキしていたと述べている[3]
  • 火薬を用いた撮影には抵抗がなく、『電人ザボーガー』でミスボーグが爆散するシーンでは、間に漫画雑誌を挟んだのみで火薬を取り付けての演技に挑んだ[4]
  • 『金メダルへのターン!』の主演であった梅田智子とは1-2年ほど同居していた[4]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

  • マリアの首
  • 町人貴族

CM[編集]

ラジオドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第1 - 22、24 - 27、31 - 33、35話
  2. ^ 第9・10話のみ未登場

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 藤山律子”. ウイルアライアンス. ナロー. 2017年3月26日閲覧。
  2. ^ a b 日本タレント名鑑2004』 VIPタイムズ社、2004年、699頁。ISBN 978-4990124229。
  3. ^ a b c d e f g h i j ゴーグルV・ダイナマン・バイオマン大全 2004
  4. ^ a b c d e f g h i j k ザボーガー&ピープロ 2011
  5. ^ 『日本タレント名鑑'73』 VIPタイムズ社、1972年、230頁。

参考文献[編集]