藤岡麻美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ふじおか まみ
藤岡 麻美
生年月日 (1982-05-27) 1982年5月27日(34歳)
出生地 日本の旗 日本福島県
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 162 cm
血液型 A型
職業 タレント歌手
ジャンル J-POP
活動期間 1998年 - 現在
活動内容
配偶者 既婚[1]
著名な家族 ディーン・フジオカ(兄)
公式サイト 藤岡麻美オフィシャルサイト

藤岡 麻美(ふじおか まみ、1982年5月27日 - )は、日本タレントシンガーソングライター女性アイドルグループチェキッ娘』の元メンバー。千葉県鎌ヶ谷市出身、出生地は福島県(公式サイト上のプロフィールより)。血液型はA型。

男2人、女2人の4人きょうだいの第二子(長女)であり[2][3]、兄は俳優モデルディーン・フジオカ[4][5]2016年、台湾在住の日本人男性と結婚[1]

芸歴[編集]

チェキッ娘以前[編集]

幼稚園時代は、先生の勧めで鼓笛隊の指揮者のオーディションを受けて選ばれ、指揮者を務める[4]。小学生の頃から「老け顔(大人っぽい顔)だった」と話している[6]。中学生時代は生徒会で活動。入学推薦をもらいたくて生徒会活動をしていたという。中学3年生の時には千葉県鎌ヶ谷市の弁論大会で優勝、中学の卒業式では答辞を務めた[4]。高校は音楽推薦で入学。

小学生時代はピアノジャズダンスなどの習い事をする[6]。中学生時代は吹奏楽部で活動[7](吹奏楽は母親の勧めもあった)。吹奏楽部で担当していたパートはパーカッション。この頃、兄と一緒にバンドを組んだライブをやっていたこともあった(この時はボーカルを務めていた)[6]。高校生時代の部活は写真[6]。一方で、陸上部には所属してなかったにもかかわらず、小学生、中学生時代にはよく短距離、リレーの選手に選ばれて陸上大会に出場していたということもあった。本人も「昔は運動神経良かった」と話している[6]

小学4〜5年生頃から安室奈美恵に憧れ、歌手になりたいという思いが強くなる[6]

ASAYANなどのオーディション番組に出演していたともされるが、確認できる範囲では、HYPER ONLINEのGIRLS ON THE WEB、FILE25(1998年5月1日号)に登場している。

鎌ヶ谷市立第二中学校千葉県立津田沼高等学校卒業[4]。高校に入学した後、ソニーミュージックエンタテイメントSD制作部のオーディションに合格、無料でレッスン、ボイストレーニングなどを受ける[4]

チェキッ娘時代[編集]

1998年11月19日バラエティ番組DAIBAッテキ!!』(フジテレビ)のオーディションに合格、女性アイドルグループチェキッ娘のメンバーとなる(チェキッ娘ID012)。チェキッ娘時代は、寒いギャグ(「何をいってんごりっとる」「ちょっとまちこ」等)を連発するなどして人気を集めた[8]。また、当時から歌唱力に優れ、チェキッ娘の曲の中では『はじまり』、『最初のキモチ』、『海へ行こう〜Love Beach Love〜』、『ありがとう』のそれぞれのシングルにおいてフロントメンバーを務めるなど、リードボーカルを担当することが多かった。特に『海へ行こう〜』では全体を通してパートが与えられていた。

さらに、チェキッ娘のグループ内ユニットであるchee's、M@Mなどにも所属し、数曲をレコーディングしている。チェキッ娘時代にはファンに自宅や学校まで押しかけられる等ストーカー行為をされたと元アイドルの対談で明かしている[7]

この当時、仕事の影響で友人関係などがうまく行かなくなったなどで学業と芸能活動の両立が難しくなったことがあり、本気で高校を辞めたいと思い『DAIBAクシン!!cheki b.』で共演していた笑福亭鶴瓶に相談したところ、鶴瓶に「絶対高校辞めたらあかん。高校辞めるなら芸能界も辞めえや。両方やるのが基本やから、学校やめたら仕事もダメになるし、きっと後悔する」などと諭され、退学は思い留まったという[9][4]

chee's時代[編集]

1999年1月、『DAIBAッテキ!!』内で、ガールズバンドchee'sを結成。藤岡はドラムとボーカルを担当する。同年11月にチェキッ娘が活動を終えた後もchee'sは活動を続行。CDのリリース、テレビ及びラジオの音楽番組への出演、ライブなど、2001年6月30日に解散するまで、アイドルの枠にとどまらず、本格的にバンドとしての活動を展開した。

この時期から、chee'sの曲を作詞作曲するなどしていた。

シンガーソングライター・女優活動[編集]

chee's解散と同時にソロ活動を開始。シンガーソングライターとしてライブを行う傍ら、インディーズから2枚のアルバムを発表している。ソロ以外でも、同じ元チェキッ娘メンバーだった松本江里子大田祐歌らが結成したボーカルユニット『TRY-FULL BUS』にもメンバーとして加入している。また、他の歌手に楽曲提供をすることもある。

2005年から秦建日子が主宰するtake1に参加。秦の脚本によるドラマにも出演するようになる(後述)。

2011年12月オリジナルミニアルバム「心守唄〜Aromami Days〜」発売発表、同アルバム発売記念のライブ・トークイベントを2011年12月17日銀座Miiya Cafeにて開催し、ミニアルバムの先行販売を開始する。[10]

その他[編集]

2008年11月、アニメ専門チャンネルアニマックス主催の「銀河鉄道999〜あなたが選ぶメーテル〜」コンテストで、ミスメーテルグランプリに選ばれる[11]2009年3月8日には、西武鉄道池袋線大泉学園駅発車メロディが『銀河鉄道999』(ゴダイゴ)に変更そして同駅北口の『銀河鉄道999』壁画完成のセレモニーに『ミス・メーテル』として参加した[12]。また、2009年7月8月に行われたアニマックス主催『第三回全日本アニソングランプリ』の応援サポーター、レポーター、同年の『アニソン応援キャラバン』のMCを務める[13]

2009年中は、7月から工業英語能力検定の広告キャラクターを務めた[14]

2009年から行われている二次元カルチャートークライブ『コレカミ!』では、主催のサンキュータツオ(米粒写経)と一緒にMCを務めていた[13]

2010年10月、ブランド『S.oblige』のイメージモデルを、2011年9月、大手町サンケイプラザのイメージモデルをそれぞれ務める[14]

2011年から、元Kissa Colorのnonchiとユニット『フジカワアタリ』を組んでの活動もしている[15]

blue chee's時代[編集]

女性4人組バンド『blue chee's』のプロデュースを、松本江里子と共に務めている(blue chee'sの初ライブは2010年12月12日)。 プロデューサーの立場で活動し、バンド内では「リズ」と言う役名で活動していたblue chee'sだが、2011年9月4日のblue chee'sライブにて「リズ」は藤岡本人が演じていると公表。[16]

chee's解散10年目の節目にblue chee's初のフルオリジナルアルバム発売を発表。[17]

台湾での活動[編集]

2013年3月から、生活と活動の拠点を台湾に移す[18]。台湾に来てから、剣術を始める[19]2013年秋より台湾で大学に通いながら活動[20]2014年新井利佳飛輪海炎亞綸と共演した台湾のスナック菓子『卡迪那北海道風味薯條』のCMに出演[21]、他に台湾、香港でCMに出演。また、台湾ドラマ『終極惡女』では、アクションチームのメンバーとしてスタントウーマンと出演者への指導を務める[22]2014年11月から台湾ダンス公演『舞魅薪傳舞團假日酬神獻舞活動』にレギュラー出演[23]

2016年11月4日、台湾在住の日本人男性との結婚を報告[1]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビその他[編集]

DAIBAッテキ!!DAIBAクシン!!シリーズ以外の出演

映画[編集]

  • 調布空港(2006年)
  • 武魂〜浅井哲彦物語〜(2017年公開予定) - 陳恵珠(浅井恵子) 役[25]

ラジオ[編集]

  • ACCESS TO YOUNACK5) - 2009年8月16日、チェキッ娘のメンバーとしての出演

インターネットテレビ[編集]

CM[編集]

  • 卡迪那北海道風味薯條(台湾スナック菓子)
  • Anytime for Taiwan(台湾観光局ショートフィルム)[22]
  • 香港・謝瑞麟珠寶「多謝你愛我 Thank you for loving me」(2014年)[22]
  • 正新精品門窗祝您羊年行大運(窓のCM)[26]
  • 賀必容(女性向け健康美容ドリンク)[27]
  • ASUS ZenPad(2015年7月〜。台湾に来てから始めた剣術を活かしたアクションを演じたCM[19]
  • ポカリスエット イオンウォーター(台湾版CM、2015年7月〜 女課長役で出演)[28]
  • 大正製薬 パブロン(台湾版CM、主婦篇 2015年9月〜)[29]
  • カルフール「家樂福日本週」(台湾版CM、2015年9月〜10月)[30]
  • ASUS「T100HA変形戦隊 編」(2015年11月〜)[31]
  • TOYOTA 穿越時空RAV4 YOU(台湾版CM、2015年11月〜)[32]
  • 「熹妃傳」首波宣傳影片-在我的世界由我做主(台湾のゲームのCM、2015年12月〜)[33]
  • サントリー ミルコラ(タイ版CM)[34]
  • 特力屋(台湾の大型DIYホームセンターチェーン店 2016年5月〜)[35]
  • 大正製薬 新ビオフェルミンS(台湾版CM、2016年8月〜)[36]
  • 東和鋼鐵(30sec予防篇、2016年9月〜)[37]

舞台[編集]

  • 東亜悲恋(2001年10月 - 11月、青山劇場シアター・ドラマシティ) - カン・セラ 役。2002年5月も同公演の再演に出演、この時は韓国でも公演。
  • 比翼の鳥(2006年3月15日 - 3月19日、目白アイピット) - 森坂捜査課長 役、刑事長 役(二役)。2007年12月19日 - 12月23日にも同じ会場で再演(森坂捜査課長 役)。
  • 月の子供(2007年2月7日 - 2月18日、本多劇場) - 飯村 役
  • ひょ〜い、ドン!(2007年7月24日 - 7月29日、下北沢小劇場『楽園』) - 昭子 役、有子 役(二役。各公演ごとに、大櫛エリカと役を交替しての出演)
  • Pain(2008年8月22日 - 8月31日、下北沢小劇場『劇』) - 安田麻美子 役。秦建日子の「秦組」旗揚げ公演として開催。
  • ら抜きの殺意(2008年11月26日 - 11月30日、下落合TACCS1179) - 遠部その子 役
  • るつぼ(2010年9月15日 - 22日、SCARECROWS 14回公演 豊島区大塚・萬劇場)- アビゲイル・ウィリアムズ 役
  • 杜甫夢李白(2013年12月28日、新北市政府多功能集會堂) - 公孫大娘 役
  • 極武功夫藝術團公演(2014年11月26日)

ショー[編集]

  • VANS × mini presents GIRLS FASHIONISTA ファッションショー(2014年10月1日、台湾)[22]

掲載[編集]

  • an・an No.1912(マガジンハウス)- 2014年7月2日発売「週末、台湾 」(P76)
    • an・an特別編集『週末 台湾』(マガジンハウス、P66)
    など

音楽作品[編集]

CDアルバム[編集]

  • Departure(2003年7月24日発売 ユニヴァーサルIMS)
  1. I'm here
  2. 夕暮れの金魚
  3. たいせつなひと
  4. Rose
  5. ただソレダケ
  6. ワンピース
  7. Never change
  • Symmetry(2004年4月28日発売)
  1. 明日へ自転車
  2. 今、会いたい
  3. 海へ空へ
  4. チイサナコエ
  5. 太陽が傾いてしまう前に
  6. 午前0時の幻
  7. キライな雨もロマンチック
  8. 分身
  • 心守唄〜Aromami Days〜(2011年12月17日先行発売)
  1. 祈り〜piano instrumental〜
  2. Aromami Days
  3. Misty
  4. ぎょうざ食べたいな
  5. おだやかな時間
  6. 28歳のプレゼント
  7. あしたへおやすみなさい
  8. はじめよう
  9. ぬくぬくのうた〜piano instrumental〜

楽曲提供[編集]

  • 彩瀬佑育『Another hero』(アルバム、2007年3月30日 アメイジングD.C.)- 4曲目「いこう」作詞担当
  • 鈴愛(レイア)『Summer Time Blue』(2009年11月4日 オリコンスタイルフル)- 作曲担当(作詞:堂安一途)
  • 佐々木由香『プラスティックムーン』(2009年 オリコンスタイルフル)- 作曲担当(作詞:堂安一途)
  • 涼城えみ『星屑になった青い魚』(2010年2月 オリコンスタイルフル)- 作曲担当(作詞:堂安一途、編曲:尾飛良幸)
  • 涼城えみ『if』(2010年3月 オリコンスタイルフル)- 作曲担当(作詞:堂安一途、編曲:尾飛良幸)
  • 梶原加奈江『全て同じ一日』(2010年4月 オリコンスタイルフル)- 作曲担当(作詞:堂安一途、編曲:尾飛良幸)

脚注[編集]

  1. ^ a b c “元「チェキッ娘」藤岡麻美が結婚 兄はディーン・フジオカ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年11月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161104/mrg16110417260001-n1.html 2016年11月4日閲覧。 
  2. ^ 藤岡麻美 BLOG『MAMI'S ROOM』”. 「車の免許取ってから」 (2006年10月17日). 2015年8月31日閲覧。
  3. ^ 藤岡麻美 BLOG『MAMI'S ROOM』”. 自分でも意味がワカラナイけれど。。 (2005年4月4日). 2015年8月31日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Cityかまがや”. Cityかまがや98号インタビュー 藤岡麻美さん. 2014年8月3日閲覧。
  5. ^ 週刊文春 2015年12月3日号 p.133 より
  6. ^ a b c d e f CHEE'S BOOK『What's CHEE'S?』(近代映画社)- p.78 - 85「藤岡麻美 Personal History」
  7. ^ a b 吉田豪・著『元アイドル!』(ワニマガジン社、2005年6月刊)より。
  8. ^ CHEE'S BOOK『What's CHEE'S?』- p.22より
  9. ^ オリコン・ウィーク The Ichiban 1999年10月「チェキッ娘からのラストメッセージ 藤岡麻美・小林裕美 編」より。
  10. ^ 「藤岡麻美オフィシャルブログ」2011年10月5日記事「藤岡麻美ミニアルバム「心守唄〜Aromami Days〜」リリース&ライブイベント決定!」より。
  11. ^ ミス銀河鉄道999が決定 原作者も認定したメーテルは…”. 朝日新聞 (2008年11月13日). 2015年11月2日閲覧。
  12. ^ exciteアニメ「3月8日(日)アニメのまち、練馬区が「ねりたんアニメプロジェクトin 大泉2009」を開催します。」
  13. ^ a b 2009/09/30(水) ゲスト紹介 藤岡麻美”. コレカミ! オフィシャルブログ (2009年9月30日). 2015年11月2日閲覧。
  14. ^ a b 藤岡麻美オフィシャルサイト内プロフィールより。
  15. ^ フジカワアタリ 1st single 「part of me」 急ピッチで制作中!”. 藤岡麻美公式ブログ(GREE) (2012年9月11日). 2015年11月2日閲覧。など
  16. ^ 「blue chee's Official Blog」2011年9月7日記事「スタッフからみなさまへ」より。
  17. ^ 「ナタリー」2011年10月19日記事「元チェキッ娘バンド、blue chee'sが初のオリジナルCD発売」より。
  18. ^ blue chee’s 6月1日に桃井はること対バンライブが決定!”. 日刊アメーバニュース (2013年3月28日). 2014年5月10日閲覧。
  19. ^ a b 藤岡麻美出演「ASUS ZenPad」新CM放送開始!”. 藤岡麻美 Official Blog (2015年7月18日). 2014年7月19日閲覧。
  20. ^ 2013年秋 〜藤岡麻美大学生になります!〜”. 藤岡麻美ブログ(GREE) (2013年9月5日). 2015年2月23日閲覧。
  21. ^ 台湾のお菓子「卡迪那北海道風味薯條」TV CMが完成しました!”. 藤岡麻美 Official Blog (2014年4月4日). 2014年5月10日閲覧。
  22. ^ a b c d e 日常動画初投稿&今年一年お世話になりました☆”. 藤岡麻美 Official Blog (2014年12月30日). 2015年2月23日閲覧。
  23. ^ 国際民族風忘年会2014!”. 藤岡麻美 Official Blog (2014年12月26日). 2015年2月23日閲覧。
  24. ^ 台湾ドラマ《春梅 HARU》出演情報!”. 藤岡麻美 Official Blog (2015年7月6日). 2015年7月8日閲覧。
  25. ^ “美しい…ディーン・フジオカ妹がヒロイン”. シネマトゥデイ. (2016年9月29日). http://www.cinematoday.jp/page/N0086364 2016年9月29日閲覧。 
  26. ^ 台湾TV CM放送開始!”. 藤岡麻美 Official Blog (2015年2月19日). 2015年2月23日閲覧。
  27. ^ 藤岡麻美出演「賀必容」新CM放送開始!”. 藤岡麻美 Official Blog (2015年5月29日). 2015年6月24日閲覧。
  28. ^ 藤岡麻美出演「ポカリスエットイオンウォーター」新TV CM放送開始!”. 藤岡麻美 Official Blog (2015年7月29日). 2015年8月3日閲覧。
  29. ^ 藤岡麻美出演「大正製薬 パブロン」新テレビCM放送開始!”. 藤岡麻美 Official Blog (2015年9月9日). 2015年9月10日閲覧。
  30. ^ 藤岡麻美出演 “カルフール”新TVCM放送開始!”. 藤岡麻美 Official Blog (2015年10月3日). 2015年10月14日閲覧。
  31. ^ 藤岡麻美出演“ASUS”新CM放送開始!”. 藤岡麻美 Official Blog (2015年11月10日). 2015年11月18日閲覧。
  32. ^ 藤岡麻美出演「TOYOTA」CM放送開始!”. 藤岡麻美 Official Blog (2015年11月17日). 2015年11月18日閲覧。
  33. ^ 新テレビCM開始!お仕事で疲れた後はお風呂でこうやって...ゲーム!”. 藤岡麻美 Official Blog (2015年12月5日). 2015年12月8日閲覧。
  34. ^ タイにてサントリーミルコラのCMに出演中!”. 藤岡麻美 Official Blog (2016年1月11日). 2016年1月11日閲覧。
  35. ^ 藤岡麻美出演「特力屋」ショートフィルムCM放送開始!”. 藤岡麻美 Official Blog (2016年5月26日). 2016年6月10日閲覧。
  36. ^ 藤岡麻美出演 大正製薬『新ビオフェルミンS』台湾TVC放送開始!”. 藤岡麻美 Official Blog (2016年8月31日). 2016年9月6日閲覧。
  37. ^ 台湾にて藤岡麻美出演“東和鋼鐵”TVC放送開始!”. 藤岡麻美 Official Blog (2016年9月19日). 2016年9月26日閲覧。