藤由紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

藤 由紀子(ふじ ゆきこ、1942年12月17日 - )は、日本の元女優。本名、柴田 幸子。旧姓、佐藤 (さとう)。

東京都江東区出身。

来歴・人物[編集]

東京市城東区(現在の東京都江東区亀戸生まれ。松竹音楽舞踊学校に通い、大妻高等学校を卒業した1961年に松竹に入社。同年の井上和男監督「熱愛者」で端役デビューし、同年木下惠介監督「永遠の人」で、主演の高峰秀子の娘役に抜擢される。エレガントな美貌で注目されたが、テレビドラマの出演を巡って会社と対立したことから1962年、松竹を退社。

フリーでテレビドラマ「人間の条件」などに出演した後、1962年12月に再デビューの形で大映に入社。大映でも大型新人として一フジ(藤由紀子)、二タキ(滝瑛子)、三スガタ(姿美千子と売り出され、特に企業間競争をテーマにしたサスペンス「黒シリーズ」では全11作中6本に出演、主演の田宮二郎と息の合ったコンビネーションを見せた。時代劇でも市川雷蔵主演の「手討」「剣」、勝新太郎主演の「駿河遊侠伝・破れ鉄火」などに出演し、大映映画に欠かせない顔と成りつつあったが、1965年5月、同じ大映の田宮と結婚し、映画界を去った。

田宮との間には二子をもうけた(長男は柴田光太郎、次男は田宮五郎)。また、3人の孫がいる(光太郎の子供)。田宮の死後は、「子供を育て上げることが田宮二郎の遺志であり、自分の喜びでもある」(柴田光太郎HPより)と、女手一つで子供たちを育て上げた。

田宮の死後、元麻布の自宅を解体した上で外人向けのマンションを建て、オーナー兼管理をしている。2012年、脳出血を患う[1]

出演[編集]

映画[編集]

  • 熱愛者
  • 永遠の人
  • めぐり逢う日まで  
  • 晴子の応援団長  
  • 停年退職
  • 夜の配当  
  • 黒の駐車場  
  • 手討  
  • 妖僧  
  • 黒の爆走  
  • 黒の切り札  
  • 黒の超特急  
  • 黒の死球
  • 黒の商標
  • 犯罪教室
  • 海底犯罪No.1
  •  
  • 忍びの者・続霧隠才蔵 
  • 駿河遊侠伝・破れ鉄火
  • 乞食大将  
  • 駿河遊侠伝・度胸がらす
  • 殺られる前に殺れ

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「独占! 追悼秘話 長男・柴田光太郎が語る(父)田宮二郎と(弟)五郎 弟は父のように頑張って…」、『サンデー毎日』第93巻第56号、毎日新聞出版、2014年12月14日、 146頁、 ISSN 00395234