蜂須賀祐一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
はちすか ゆういち
蜂須賀 祐一
本名 蜂須賀 祐一
生年月日 (1962-08-27) 1962年8月27日(54歳)
出生地 日本の旗 日本栃木県
身長 168cm
職業 アクション俳優
活動期間 1982年 -
活動内容 スーツアクター(主に女形)
配偶者 あり
著名な家族 蜂須賀昭二(弟・双生児
事務所 ジャパンアクションエンタープライズ
主な作品
1986年超新星フラッシュマン』ピンクフラッシュ役
2006年轟轟戦隊ボウケンジャー』ボウケンイエロー役など

蜂須賀 祐一(はちすか ゆういち、1962年8月27日[1] - )は、日本俳優栃木県出身[1]ジャパンアクションエンタープライズ(JAE)所属。主に特撮作品のスーツアクターとして活躍している。同じくJAE所属の蜂須賀昭二は双子の弟。

略歴[編集]

主にスーパー戦隊シリーズのスーツアクターとして活躍している。特に小柄で非常にスマートな体格を生かし、女性変身したヒロインを演じる「女形スーツアクター」として知られる。双子の弟の昭二もヒロインを多く担当している。

戦隊シリーズへは1985年の『電撃戦隊チェンジマン』で初参加する。その後同作品のチェンジフェニックスから『鳥人戦隊ジェットマン』のホワイトスワンまで、7年連続でヒロインを担当。ホワイトスワンを怪我で降板した後、一時期出演が途切れたが(『恐竜戦隊ジュウレンジャー』〜『忍者戦隊カクレンジャー』は不参加)、その後『超力戦隊オーレンジャー』でシリーズに復帰し、再びヒロインやヒーロー、若しくはヒロイン代役を担当するようになった。2000年代後半からは女性幹部を担当することが多い[1]

俳優として[編集]

ヒロインの変身後に女性を使う方針は、その後も暫く続いたため、蜂須賀は敵幹部を主に担当。しかし、正規アクトレスの立ち回りに難がある等の理由から、名義上女性が担当したことになっているスーツヒロインのアクションシーンを、蜂須賀をはじめとした女形が吹き替えることも多かった。例えば『ハリケンジャー』の場合、作品前半はハリケンブルーのアクションシーンは正規アクトレスの小野友紀ではなく、大半を蜂須賀が代行。後期でも、かなりの頻度でスーツに入っている。翌年の『爆竜戦隊アバレンジャー』でも、後半までアバレイエローのスタント部分を担当した[2]

星獣戦隊ギンガマン』のギンガイエローのように少年戦士役を演じることもある[3]

2004年に妻に腎臓を提供して腎移植しながら、激しい動きのスタントをこなしている。

JAEではスーツアクターからアクション監督へ転身する者もいるが、蜂須賀は自身には向いていないとし、アクション監督を務める意志はないことを語っている[1]。一方で、若手に対し女形としてのアクションテクニックを指導し、後進の育成に取り組んでいる[1]

出演作品[編集]

テレビ[編集]

特撮[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

ネットムービー[編集]

スーパー戦隊ショー[編集]

イベント[編集]

  • JAE NAKED LIVE「がんばろう 日本!」(2011年)
  • JAE "春"プレミアムイベント ~Jump Up!~(2016年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e トッキュウジャー公式完全読本 2015, pp. 50-52, 取材・構成 秋田英夫「TOQGER Suit Actor's TALK_03 蜂須賀祐一×清家利一」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『title=東映ヒーローMAX』Vol.33、辰巳出版、69頁。
  3. ^ a b 「suits actor CROSS TALK02 日下秀昭×清家利一×村岡弘之×蜂須賀祐一×神尾直子 feat.岡元次郎」『獣電戦隊キョウリュウジャー公式完全読本』 ホビージャパン2014年6月20日、pp.88-91。ISBN 978-4-7986-0828-0。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak 女性キャラクター。
  5. ^ ゴースト読本 2016, pp. 69, 取材・構成 鳥本真也「KAMEN RIDER GHOST DIRECTOR WRITER Q&A『仮面ライダーゴースト』監督&脚本家Q&A 渡辺勝也インタビュー」
  6. ^ 『総登場!クンフースター大百科』(ケイブンシャ・1983年)
  7. ^ a b c 講談社「テレビマガジン特別編集 スーパー戦隊大全集」
  8. ^ 辰巳出版「東映ヒーローMAX Vol.33」p.67
  9. ^ 「成嶋涼インタビュー」、『東映ヒーローMAX』第40号、辰巳出版、2012年
  10. ^ a b 電磁戦隊メガレンジャー 第44話”. 電磁戦隊メガレンジャー 東映公式サイト. 2011年7月10日閲覧。
  11. ^ 特選!!思い出の名場面「第九回 俳優 高橋信顕のチョイス」”. 東映ヒーローネット. 2011年7月10日閲覧。
  12. ^ a b c d e 公式プロフィールより。
  13. ^ a b 忍風戦隊ハリケンジャー 第21話”. 忍風戦隊ハリケンジャー 東映公式サイト. 2011年7月10日閲覧。
  14. ^ 轟轟戦隊ボウケンジャー 第5話”. 轟轟戦隊ボウケンジャー 東映公式サイト. 2011年7月10日閲覧。
  15. ^ 「スーツアクター座談会」『PiKaPiKa』 pp.58 - pp.61。
  16. ^ a b 『侍戦隊シンケンジャー公式読本 真剣勝負!』 グライドメディア、2010年。ISBN 978-4-8130-8062-6。
  17. ^ a b 『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕 公式ガイドブック 一筆、天装!』 角川書店、2011年。ISBN 978-4-04-854588-4。
  18. ^ 「市道真央インタビュー」、『東映ヒーローMAX』第36号、辰巳出版、2011年、 9頁。
  19. ^ HYPER HOBBY』2012年3月号、徳間書店
  20. ^ 「蜂須賀祐一X神尾直子 CROSS TALK」、『東映ヒーローMAX』Vol.46、辰巳出版
  21. ^ 『東映ヒーローMAX VOL.48』 辰巳出版、2014年2月1日。ISBN 978-4777812776。
  22. ^ 「HERO VISION VOL.55」東京ニュース通信社 2015, pp. 45-46
  23. ^ 「ZYUOHGER CHARACTER FILE 敵キャラクター編」、『東映ヒーローMAX』VOLUME 53(2016 WINTER)、辰巳出版2016年3月10日、 pp.20-21、 ISBN 978-4-7778-1651-4、 雑誌コード:66117-07。
  24. ^ 東映公式サイト, 動物戦隊ジュウオウジャー 第25話 アンハッピー・カメラ 2016年8月7日閲覧
  25. ^ 『東映ヒーローMAXスペシャル 侍戦隊シンケンジャー INTERVIEW BOOK』 辰巳出版、2009年。ISBN 978-4-7778-0690-4。
  26. ^ 『侍戦隊シンケンジャー公式読本 真剣勝負!』 グライドメディア、2010年。ISBN 978-4813080626。
  27. ^ しいはし「緊張で死にそう」御茶男とゴーカイジャーが共演”. ナタリー. 2011年7月10日閲覧。
  28. ^ 『東映ヒーローMAX』vol.38、辰巳出版、2011年
  29. ^ 豪快演義, p. 113, SUIT ACTOR INTERVIEW_03 蜂須賀祐一.
  30. ^ a b 劇場パンフレットより記載。
  31. ^ a b 映画パンフレットより。2012年4月23日検証。
  32. ^ トッキュウジャー公式完全読本, p. 77, 取材 鴬谷五郎 構成 山崎優「MAIN STAFF INTERVIEW_05 荒川史絵」.

参考文献[編集]

  • 『OFFICIAL PERFECT BOOK TOQGER ETERNAL MEMORIES 烈車戦隊トッキュウジャー 公式完全読本』 ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK〉、東京、2015年6月20日、第1版。ISBN 978-4-7986-1031-3。

関連項目[編集]