袋とじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

袋とじ(ふくろとじ。袋綴じ、袋綴とも)は、近年意味が三つある。

  1. 製本の方法。中国朝鮮日本で古くから行われた。
  2. 複数枚からなる書類を綴じたもの。内容の差し替えを防ぐ事を目的とする。
  3. 雑誌・書籍のページを袋状に閉じたもの。その内部が店先で立ち読みできない事を目的とする。
図1 袋綴じの見本

和本の袋綴じ[編集]

図1が見本である。表面だけに情報を左右振り分けに刷った紙の、情報面が外になるように二つ折りし、それの複数枚を重ね、折り目の反対側の端を綴じてある。折り目の内側が袋のようになっているので、袋綴じと言う。図1の例は市販のコピー用紙で固いので、指でめくる側が膨らみ、裏の白紙が覗いている。よく折れば覗かなくなるけれども、開いて手を離せばパタンと閉じて、使い易くはない。これは、本の複数ページを片面コピーし、二つ折りしてステープラー(ステープル、ホチキス)で留めるときに、日常的に経験する。

図2 開いた和本

薄くてしなやかな和紙なら、開いた侭に置けることは、図2に見る通りである。見開きが良い悪いと言う。

14世紀まで紙を持てなかったヨーロッパと違い、中国は前漢時代(BC202 - AD8)から紙を作り、それが朝鮮を経て610年(推古18年)、日本に伝わった。経典や法律書などが作られた。その体裁は、例えば、歌舞伎弁慶が読み上げる勧進帳巻物など、いろいろだったが、中国で代に始まった袋綴じが、日本でも室町時代から行われた。東洋の紙がしなやかで、薄くても丈夫だったから、それができた。逆に、薄いから透けて、両面には刷れなかった。中国では、袋綴じを『綫縫』(せんぼう)と呼んだ。

図1は、糸を通す孔が四つだから、四つ目綴じと言う。五つ目綴じ、亀甲綴じ、麻の葉綴じなどあった。

江戸時代になって市民にも普及した本は、すべて袋綴じだった。図1のような、言わば中身だけでなく、表紙・見返し・扉・奥付なども、勿論一緒に袋綴じした。

書類[編集]

複数葉の紙からなる契約書定款を綴じたものも、慣用的に「袋とじ」と呼ばれる。葉の差し替えによる内容の改竄を防ぎ、結果、有効な書類である事を担保する事を目的とする。和本などにおける袋綴じとは異なり、各葉自体は、一般的には二つ折りではない。

一般的な作り方の例を紹介する。書類自体の他に、もう一枚適切なサイズの紙を用意する。これは普通(おび)と呼ばれる。書類とともに、帯をステープラーなどで留める。帯を折り返し、表と裏の両側のステープル留めの部分が隠れるようにし、糊付けする。最後に、帯と書類の間に必要なだけ、関係者が割印をする。定款では確定日付も割印する。

たとえば書類がA4とすると、帯は高さをA4と同じにし、幅を5cm強とする。帯を書類の上に置いて左側を揃え、左側をステープラーで留める。帯を、縦に3等分するように折り目をつけ、2回折れば、ステープルは隠れる。

立ち読み防止の為の袋とじ[編集]

例えば、ポルノ画像のみをセールスポイントにする週刊誌・雑誌類は、店頭で立ち読み、立ち覗きされると、消費者の興味の大半が満たされて、売れなくなるだろう。

覗かれなくする為に、そのページの小口を、さらに天・地までを、裁断しない侭にする、或いは糊付けすることを、『袋とじ』と呼ぶ。

小口とは、指でめくる側である。天は本の上端、地は本の下端である。

袋とじが、切り取りなどの被害を招き、紐で十字に縛ったりプラスチックフィルムで封じたりもする。

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 池上幸二郎著・倉田文夫:『本のつくり方-和本・洋本・帙・函-』、主婦と生活社(1979)
  • 鈴木敏夫:『江戸の本屋 上』、中公新書(1980)ISBN 9784121005687