談合坂サービスエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
談合坂サービスエリア
談合坂サービスエリア 上り線(2007年7月撮影)
談合坂サービスエリア 上り線(2007年7月撮影)
所属路線 中央自動車道
本線標識の表記 談合坂
起点からの距離 (上り線)57.7km
(下り線)55.6km(高井戸IC起点)
上野原IC (5.3km)
(12.7km) 大月IC
供用開始日 1969年昭和44年)3月17日
上り線事務所 8:00 - 20:00(平日)
7:00 - 22:00(土日祝)
上り線GS ENEOS
24時間
下り線事務所 7:00 - 19:00(平日)
7:00 - 22:00(土日祝)
下り線GS ENEOS
24時間
所在地 409-0123(上り線)
〒409-0125(下り線)
山梨県上野原市大野(上り線)
山梨県上野原市野田尻(下り線)
テンプレートを表示
1975年度撮影の航空写真。当時は上下がほぼ同位置にあり、歩道橋を介して反対方向の施設の利用が出来た。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

談合坂サービスエリア(だんごうざかサービスエリア)は、山梨県上野原市中央自動車道上にあるサービスエリアである。

概要[編集]

中央自動車道の高井戸側からみて最初のサービスエリアである。上下線で約2km位置が異なり、両施設共に中央道の下り線側に設置されている。上り線SAが小牧寄り(上野原市大野)、下り線SAが高井戸寄り(上野原市野田尻)にある。

開設当時は、上下線共に同じ位置にあり、上り線の施設はハイウェイショップ、スナックコーナー、トイレパーキングエリア並みのものに加えて給油所というものであったが、設置されていた歩道橋を介して上下線の行き来が可能であった。1992年(平成4年)4月、混雑の緩和(特にレストランは上下線で共用であったため、平日でも常に込み合う状況であった[1])のために、下り線SAを2km高井戸寄りの現在地に移設。旧下り線SAは、上り線SAの拡張用地となった。それに伴い、上記の通り現在では施設が離れている。

下り線SAは、野田尻バスストップを併設している。

施設[編集]

上り線(八王子・東京方面)[編集]

  • 駐車場
    • 大型 - 51台
    • 小型 - 458台
    • 兼用 - 87台
  • トイレ(メイン)
    • 男性 - 大10(和式6・洋式4)・小30
    • 女性 - 56(和式36・洋式20)
      • 同伴の男児用 - 4
    • 車椅子用 - 2
  • トイレ(サブ)
    • 男性 - 大4(和式2・洋式2)・小14
    • 女性 - 26(和式18・洋式8)
      • 同伴の男児用 - 2
    • 車椅子用 - 2
  • ガソリンスタンドJXエネルギーENEOSウイング)24時間)
    • 以前は(株)イシイ・オイル(コスモ石油) → 中日本エクシス(株)が運営していた。

給電スタンド(24時間)

下り線(甲府・長野・名古屋方面)[編集]

EXPASA談合坂
ドッグラン
  • 駐車場
    • 大型 - 36台
    • 小型 - 315台
    • 兼用 - 89台
  • トイレ(メイン)
    • 男性 - 大10(和式4・洋式6)・小27
    • 女性 - 52(和式26・洋式26)
      • 同伴の男児用 - 2
    • 車椅子用 - 1
  • トイレ(サブ)
    • 男性 - 大11(和式4・洋式7)・小16
    • 女性 - 31(和式15・洋式16)
      • 同伴の男児用 - 1
    • 車椅子用 - 1
  • ガソリンスタンド(JXエネルギーENEOSウイング)24時間)
    • 以前はコスモ石油販売(株)(コスモ石油) → 中日本エクシス(株)が運営していた。

給電スタンド(24時間)

歴史[編集]

  • 1969年昭和44年)3月17日 開設。
  • 1992年平成4年)4月 - 下り線SAを高井戸寄りに移設。
  • 2001年(平成13年)3月24日 - 旧下り線SAの駐車場を上り線SAの駐車場に変更。
    • その後、上野原IC - 大月JCTの改築に伴い、上下線の施設が下り線側になる。
  • 2011年(平成23年)11月25日 - 中央自動車道初の複合商業施設EXPASAである「EXPASA談合坂」となった[2]
  • 2019年(平成31年)度 - スマートICの供用開始予定[3][4]
  • 下り線(甲府・長野・名古屋方面)の出入口は本線直結型になる予定[4]であるため、当SAを通過・利用した後の左右ルート分岐付近に出入口が設置される[4]

野田尻バスストップ[編集]

野田尻バスストップは、下り線の談合坂サービスエリア付近にある中央自動車道バス停留所である。

バス事業者では「中央道野田尻」と案内している。

下り方面のバス停は談合坂サービスエリアに併設されている。また、上り方面のバス停は中央自動車道本線上にあり、簡易バイオトイレおよび待合室が設置されている。

停車する路線[編集]

下りは降車専用・上りは乗車専用となっている。

中央高速バス

バス停へのアクセス[編集]

JR中央本線上野原駅四方津駅から富士急山梨バス犬目行きに乗車、平和中学校前バス停より徒歩5分。

[編集]

中央自動車道
(9) 上野原IC - 談合坂SA - (10) 大月IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ハイウェイ・ニュースNo.24 オアシスinハイウェイ 道路施設協会・1992年6月
  2. ^ 中央自動車道初の複合商業施設 EXPASA談合坂(下り線)グランドオープン! NEXCO中日本・2011年11月25日
  3. ^ スマートインターチェンジの完成予定時期を変更します。”. 中日本高速道路株式会社. 2017年3月16日閲覧。
  4. ^ a b c 「(仮称)談合坂スマートインターチェンジ」事業化決定”. 上野原市. 2017年3月16日閲覧。

関連項目[編集]