講書始

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

講書始(こうしょはじめ)とは宮中行事の一環で、毎年1月に天皇の学問始(読書始)として学者による進講を行う。

概要[編集]

明治2年に京都御所小御所において、玉松操らが和書を代表して『日本書紀』を、東坊城任長(大学頭)らが漢籍を代表して『論語』を講義したのが最古とされる。当時は御講釈始とも呼ばれた。明治5年(1872年)に現在の呼称が定まり、翌年には皇后も列席する事、洋書に関する進講も行う事とされた。今日では皇后だけでなく、皇太子親王及びその妃内親王も出席する。

正式に宮中行事とされたのは、1926年大正15年)の皇室儀制令第5条による。第二次世界大戦後には、これまでの和書・漢籍・洋書[1]を改め人文科学社会科学自然科学の3分野として各界の権威者を招くようになった。

例年、1月10日前後に皇居正殿の松の間において行われる。平成20年の出席者は今上天皇皇后皇太子ほか皇族一同、衆参両院議長ほかが参列。進講時間は3分野を約15分ずつの計約45分で行われる。

平成の進講者[編集]

1991年平成3年)
1992年(平成4年)
  • 人文科学: 小西甚一の東西環流」
  • 社会科学: 久保亮五 「自然における秩序の生成」
  • 自然科学: 水野傳一 「炎症でからだを守る」
1993年(平成5年)
1994年(平成6年)
1995年(平成7年)
  • 人文科学: 上山春平 「日本の国家について」
  • 社会科学: 淺田敏 「地震の再来について」
  • 自然科学: 江橋節郎 「無機イオンと生命」
1996年(平成8年)
1997年(平成9年)
  • 人文科学: 小宮隆太郎 「経常収支黒字・赤字の原因」
  • 社会科学: 猪瀬博 「情報通信基盤と社会」
  • 自然科学: 西塚泰美 「細胞同士の対話の仕組み-細胞内情報伝達の機構-」
1998年(平成10年)
1999年(平成11年)
  • 人文科学: 北川善太郎 「日本法の国際環境と未来」
  • 社会科学: 江崎玲於奈 「科学・技術世紀の展望」
  • 自然科学: 野島庄七 「くすり開発の展望」
2000年(平成12年)
2001年(平成13年)
2002年(平成14年)
2003年(平成15年)
  • 人文科学: 原實サンスクリット語について」
  • 社会科学: 増本健 「非晶質金属の研究とその意義」
  • 自然科学: 志村令郎 「遺伝子発現における選択的スプライシングへの展望」
2004年(平成16年)
2005年(平成17年)
2006年(平成18年)
2007年(平成19年)
2008年(平成20年)
2009年(平成21年)
  • 人文科学: 吉川忠夫後漢六朝時代における中国人の仏教受容」
  • 社会科学: 伊丹敬之 「日本企業の人本主義システム」
  • 自然科学: 入江正浩 「光に応答する分子」
2010年(平成22年)
2011年(平成23年)
2012年(平成24年)
  • 人文科学: 佐々木丞平 「日本における外来文化受容の一形態-金碧障壁画の意味するもの-」
  • 社会科学: 石井紫郎 「『太平記』と『難太平記』」
  • 自然科学: 榊裕之 「半導体エレクトロニクスの進歩と電子の量子的な制御」
2013年(平成25年)
  • 人文科学: 中野三敏 「江戸文化再考」
  • 社会科学: 鈴村興太郎 「制度の設計と実装-制度を変数とする経済学の誕生と発展」
  • 自然科学: 磯貝彰 「植物が多様な性質の子孫を作る仕組み-自家不和合性」
2014年(平成26年)
  • 人文科学: 樺山紘一 「歴史としての印刷文化」
  • 社会科学: 菅野和夫 「日本的雇用システムと労働法制」
  • 自然科学: 小林誠 「粒子と反粒子 -対称性の破れをめぐって-」
2015年(平成27年)
  • 人文科学: 川本皓嗣 「さくさくと -近代短歌を比較文学的に読む-」
  • 社会科学: 白石隆 「東南アジアの政治経済と国際関係」
  • 自然科学: 中西重忠 「学習と記憶の脳のしくみ」
2016年(平成28年)
  • 人文科学: 佐藤彰一 「西洋中世修道院の文化史的意義」
  • 社会科学: 猪木武徳 「技術と労働と生産性の関係について」
  • 自然科学: 佐藤勝彦 「宇宙はどのように始まったのか?-現代物理学が描く創世記-」
2017年(平成29年)
  • 人文科学: 塩川徹也 「人は今を生きることができるか―パスカルの時間論」
  • 社会科学: 毛里和子 「当代中国研究―系譜と挑戦」
  • 自然科学: 榊佳之 「ゲノムから見た人間、人間社会」

脚注[編集]

  1. ^ 西角井正慶編『年中行事事典』p296、1958年(昭和33年)5月23日初版発行、東京堂出版