豊竹若大夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

豊竹 若大夫(とよたけ わかたゆう)は、義太夫節の太夫。豊竹派の始祖。

初代[編集]

天和元年(1681年) - 明和元年9月13日1764年10月8日))通称は河内屋勘右衛門。

大坂の人物。1697年初代竹本義太夫の門下で竹本采女、15歳のとき竹本座に出演。1703年に独立し豊竹若太夫の名で竹本座に対抗して豊竹座を創設。天性の美声で人気を得る。後に受領し豊竹越前少掾となる。

通称を「幾竹屋」または「河内屋勘右衛門」。

墓は二か所にあり四天王寺四天王寺と大阪市本経寺、本経寺の墓には「一音院真覚隆信日重居士」という戒名が刻まれている。

2代目[編集]

正徳2年(1712年) - 天明4年9月10日1784年10月23日))

大坂の生まれ、初代若太夫(豊竹越前少掾)の孫。竹本播磨少掾の門下。竹本志摩太夫から竹本島太夫、1748年には竹本座から豊竹座に転座し2代目豊竹島太夫1750年に2代目若太夫を襲名。後に再び島太夫となる。

通称を「芋屋平右衛門」。

初代豊竹島太夫が一時2代目若太夫を名乗る。(この若太夫とは別人)

3代目[編集]

(生没年不詳)

大坂の生まれ、2代目同様に初代若太夫(豊竹越前少掾)の孫。1770年頃に3代目若太夫を襲名。後に江戸にて肥前座、外記座などに出演。

通称を「森川屋庄蔵」。

4代目[編集]

(生没年不詳)

1784年にはすでに4代目若太夫を襲名。1791年頃まで活躍。

通称を「幾竹屋庄蔵」。

2代目豊竹巴太夫が一時4代目若太夫を名乗る。(この若太夫とは別人)

5代目[編集]

(生没年不詳)

2代目豊竹巴太夫の門下で豊竹富太夫が1833年に5代目若太夫を襲名。1850年頃にドサ回り中に狂死したとされる。

通称を「治郎兵衛」。

6代目[編集]

後の4代目豊竹巴太夫

7代目[編集]

(生没年不詳)

2代目豊竹巴太夫の門下で豊竹伊豆太夫、錦太夫を経て明治2年頃に7代目若太夫を襲名。1877年頃に没したという。

8代目[編集]

文政8年(1825年) - 明治25年(1892年3月16日

9代目[編集]

10代目[編集]

(明治21年(1888年5月17日 - 昭和42年(1967年4月18日)本名は林英雄。

徳島の生まれ、1901年2代目豊竹呂太夫に入門し豊竹英太夫を名乗る。1910年に初舞台。1920年に7代目豊竹嶋太夫を襲名。1932年に3代目呂太夫を襲名。1947年に文楽座組合を結成。1949年2代目桐竹紋十郎等と共に三和会を結成。1950年に10代目若太夫を襲名。1956年に病気で失明し床本を用いず無本で語る。1962年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。1966年芸術選奨を受賞。

墓所は寝屋川清風寺、戒名は「浄明院殿豊若日林居士」。

孫が6代目豊竹呂太夫。