賢所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

賢所(かしこどころ/けんしょ)とは、日本天皇が居住する宮中において、三種の神器のひとつである八咫鏡を祀る場所。

概要[編集]

八咫鏡そのものを祀るというより、八咫鏡を天照大御神の神魂として祀るといった方が正しい。かつては内侍が管理したため内侍所(ないしどころ)とも称され、威所・尊所・恐所・畏所などともいった。現在は宮中三殿の中央が賢所とされる。なお、「かしこどころ」で神鏡そのものを、「けんしょ」で宮中三殿そのものを指すことがある。

歴史[編集]

起源としては、伊勢神宮に奉安されている八咫鏡の模造の神鏡が天皇の居住する内裏の側に奉安され、賢所とされるようになった。

平安京の内裏では温明殿の南側の身舎が賢所とされた。

平安時代中期以後、温明殿と綾綺殿との間の西側の庭において毎年12月天皇臨席のもと御神楽が開かれた。

後に内裏が荒廃すると、賢所は春興殿に移された。

関連項目[編集]