赤井達郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

赤井 達郎(あかい たつろう、1927年 - 2017年1月7日)は、日本の歴史学者奈良教育大学名誉教授。専門は日本美術史・芸能史。

来歴[編集]

岐阜県中津川市出身。1954年立命館大学文学部卒業。1958年同大学院文学研究科修了。1993年から1999年まで奈良教育大学学長などを歴任し、同大学名誉教授1990年に「京都の美術史」で第44回毎日出版文化賞を受賞。2004年瑞宝重光章受章。

2017年1月7日、死去[1]。89歳没。叙正四位[2]

主な著書・編集[編集]

  • 「清水公照八十年ひらひら」清水公照(著)、赤井達郎(編)<淡交社>
  • 「茶の湯絵画資料集成」赤井達郎(ほか)編集 <平凡社>
  • 「京の美術と芸能 浄土から浮世へ」 赤井達郎(著)<京都新聞社>
  • 「絵解きの系譜」 赤井達郎(著)<教育社>
  • 「京都の美術史」 赤井達郎(著)<思文閣出版>(第44回毎日出版文化賞受賞)
  • 「京都千年 10 工芸と芸苑  はんなりと粋の美」 赤井達郎(著)<講談社>
  • 「京都千年 2 寺と社  古寺社への道」 <講談社>
  • 「浮世絵と町人 江戸メディア・アート 日本の美と文化 art japanesque 15」 赤井達郎(編著者代表) <講談社>
  • 「京菓子 - 平凡社カラー新書 82 -」 赤井達郎(著)<平凡社>

注釈[編集]

  1. ^ 赤井達郎氏死去、奈良教育大元学長 京都新聞 2017年1月8日付
  2. ^ 『官報』6959号、平成29年2月16日