越後獅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

越後獅子(えちごじし)とは、新潟県新潟市南区(旧西蒲原郡月潟村)を発祥とする郷土芸能である角兵衛獅子を題材とした地歌長唄常磐津歌謡曲の楽曲。または日本舞踊の演目。

概略[編集]

六斎念仏の演目の一つとしての越後獅子。長唄を元にしている。嵯峨野六斎念仏保存会(京都市)

嘉永年間以前から上方や江戸の市中に流行したらしく、これを題材として、まず天明の頃、大坂の勾当峰崎勾当により手事物地歌曲『越後獅子』が作曲された。同曲は器楽性にすぐれ、三味線の技巧が高度に追求された楽曲。これを元に江戸の9代目杵屋六左衛門文化8年(1811年)、七変化舞踊『遅櫻手爾葉七文字』(おそざくら てにはの ななもじ)の伴奏曲の一つとして長唄に作曲し、3代目中村歌右衛門により中村座で初演された。また常磐津清元に影響を与えている。

脚注[編集]

[ヘルプ]