身分制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

身分制度(みぶんせいど)とは、職分や階級によって振り分けられている社会的制度のこと。

日本の身分差別[編集]

身分差別の発生に関する説[編集]

被差別民を造ったのは、秀吉や家康などの権力者であるという「近世政治起源説」があったが、現在では中世にはすでに「非人」と呼ばれる被差別民が存在していた事が分かっており、抑圧委譲から民衆の間に「賤視」が生まれたとする説が唱えられている[1]。中世の被差別民は、「延喜式」に清浄な地への「濫僧・屠者等」の居住を禁じる法があることから、「おそくとも10世紀には鴨川の地に原形が生まれていた」と大山喬平は主張している[2]。10世紀の京都では「濫僧・屠者等」などと呼ばれた人々が、神道のケガレ観念によって排除され始め、11世紀には「牛馬の処理」が行われており、13世紀には「えた」身分差別が成立していたという[3]

脚注[編集]

  1. ^ 斎藤洋一『身分差別社会の真実』p59~p62
  2. ^ 大山喬平『日本中世農村史の研究』p66
  3. ^ 斎藤洋一『身分差別社会の真実』p63~p68

関連項目[編集]