軍艦奉行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

軍艦奉行(ぐんかんぶぎょう)は、江戸時代末期(幕末)に江戸幕府により設置された役職名の事である。

安政6年(1859年)に設置される。幕府海軍を統括し、軍艦の製造・購入や操錬技術者の育成などを管轄する。万延元年(1860年)には咸臨丸を出航させる。

歴代[編集]

  • 永井尚志(1859年)
  • 水野忠徳(1859年)
  • 井上清直(1859年 - 1862年)
  • 木村喜毅(1859年 - 1863年、1867年 - 1868年)
  • 内田正徳(1862年 - 1863年)
  • 松平乗原(1863年)
  • 勝海舟(1864年、1866年 - 1868年)
  • 堀利孟(1864年)
  • 小栗忠順(1864年 - 1865年)
  • 木下利義(1865年 - 1867年)
  • 石野則常(1865年 - 1866年)
  • 岡部長常(1865年)
  • 藤沢次謙(1866年 - 1867年)
  • 赤松範静(1867年 - 1868年)

参考[編集]

  • 高橋典幸他著『日本軍事史』吉川弘文館、2006年。ISBN 978-4642079532