近畿車輛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
近畿車輛株式会社
The Kinki Sharyo Co., Ltd.
KINKI SHARYO logo.gif
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7122
略称 近車・KS
本社所在地 日本の旗 日本
577-8511
大阪府東大阪市稲田上町2-2-46
設立 1939年11月18日
創業は1920年(大正9年)12月19日(田中車輛会社として)
業種 輸送用機器
事業内容 鉄道車両の製造、整備他
代表者 取締役社長 岡根 修司
資本金 5,252,799,666円
売上高 20,723百万円
総資産 52,389百万円
従業員数 899名
決算期 3月
主要株主 近畿日本鉄道 30.4%
近鉄グループホールディングス14.2%
(同社の持分法適用会社
西日本旅客鉄道 5.0%[1]
外部リンク http://www.kinkisharyo.co.jp/
テンプレートを表示
車両工場通用門 (車両をトレーラーで陸送する場合に出場する門は別にある)

近畿車輛株式会社(きんきしゃりょう、英文社名:The Kinki Sharyo Co.,Ltd.)は、鉄道車両などの生産を行う近鉄グループの企業である。

概要[編集]

本社・工場の最寄駅は西日本旅客鉄道(JR西日本)片町線学研都市線徳庵駅

太平洋戦争前からの客車電車メーカーである田中車輛が前身であり、終戦後の近畿日本鉄道(近鉄)傘下入りに伴って、1945年11月に現社名に改称した。

田中家から近鉄に経営権が移ってからは、代々日本国有鉄道の工作局長が社長に就任していた(田中車輛の社長だった田中太一は、近畿車輛に改組後も監査役を務めていた)。国鉄分割民営化後は国鉄から帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄)理事を務めた運転畑の出身者が社長を務めた後、近鉄出身者が務め、現在はJR西日本の役員経験者が社長を務めている。

かつては様々な製品を製造していたが、現在は鉄道車両関連の製品のみに特化したメーカーとなっている。また、三菱重工業と業務提携を行っている。

当社から製造された車両はローレル賞ブルーリボン賞に加え、ブルネル賞を受賞した車両も数多い。

主に電車の製造を行っているが、2012年には気動車の製造にも再参入することが発表されている[2]

他社製の車両の改造も行っている。

2012年5月10日、JR西日本が近鉄より発行済み株式の5%を約11億円で取得し、近鉄に次ぐ第2位株主となると同時に、車両製造の業務提携契約を締結した[1][3][4]

鉄道車両[編集]

大手私鉄・地下鉄[編集]

国鉄・JR・第三セクター(地下鉄を除く)[編集]

準大手・中小民鉄・公営鉄道(地下鉄を除く)[編集]

など

日本国外向け[編集]

など

研究開発中[編集]

  • Smart BEST - 架線レス自己充電型バッテリー電車[13]。2012年10月30日から12月10日までJR西日本山陰本線境線伯備線で走行試験を行う[14]
  • HARMO - 次世代省エネルギー型バッテリー電車
新車搬出時の様子。線路が繋がらない路線へはトレーラーで陸送される

完成車両の輸送方法[編集]

徳庵から出場するJR西日本向けの車両は、一部の例外を除いて甲種輸送は行わず、工場から城東貨物線を経由して自力で出場してゆく。他のJR向けなどは甲種輸送が行われるが、新幹線車両はトレーラーと海上輸送で博多総合車両所熊本総合車両所(大阪港―福岡港間海上)へ、親会社の近鉄向け車両は狭軌の南大阪線向けも含めトレーラーによる輸送で八尾市の「高安検修センター」へ搬入される。ただ、南大阪線用車両については、以前は甲種輸送で柏原駅吉野口駅から搬入していた時代もあった。大阪市営地下鉄などJR線と線路がつながっていない地下鉄・私鉄向けについてもトレーラー輸送となる。

鉄道車両以外の製品[編集]

KD76形シュリーレン式台車
  • 台車
    シュリーレン式と呼ばれる円筒案内式の台車を1950年代に、スイスのSWS社との技術提携により導入した。以後、親会社である近鉄の車両は1991年ごろまで一部を除きシュリーレン式を採用した。都営地下鉄も長らくシュリーレン式を採用していたほか、国鉄オシ17形客車などにも採用された。他に小田急SE車近鉄10000系(ビスタカー)向けには連接台車を製造した。型番はすべて「KD」で始まる(国鉄・JR向けは国鉄・JRでの型番が、都営地下鉄向け台車は東京都交通局での型番と近畿車輛での型番の両方が付けられる)。
  • 鉄道車両用窓「ATOS」
    鉄道用の実績では、台車とともにスイスから移入した技術を使用した「シュリーレン式バランサー」による一段下降窓を採用、近鉄や国鉄157系電車などで採用された。また、国鉄583系電車国鉄381系電車、1960年代後半以降の国鉄食堂車などで採用されたベネシャンブラインドを内蔵した日除内装窓「コンビット窓」もアメリカから近畿車輛が技術導入した建材部門の「エルミン窓」がベースである。
  • ADホルダー
  • JKコート
  • KSクリーン

過去の製品[編集]

  • バス車体
  • 自動券売機
    • 近鉄やJR西日本、JR四国などに、自動券売機の製造・納入をしていた。券売機のほか、回数券発行機(これは全国のバス事業者に販売された)も製造していた。かつては自動改札機の開発も行ったことがある。スルッとKANSAIJスルーカードの導入で券売機の需要が減少したこともあり、オムロンに事業譲渡し撤退した。
  • 建材
    • 住宅用アルミサッシやマンション用玄関スチールドアなどをKINKIブランドで近畿工業が販売していた。本社および埼玉県所沢市には建材の専用工場も持っていた(現在所沢工場跡地はスーパーヤオコーの店舗として賃貸)。営業部門は当初近畿工業で行なっていた後に統合したが、現在さらにコスモ近畿(現・LIXIL鈴木シャッター)に移管している。建材部門は最後まで残ったマンション用スチールドアが2008年9月を以て生産を終了しており、同年度末をもって事業を廃止。
  • 鉄道コンテナ(コンテナ及びJR貨物のコンテナ形式参照)
    • 旧国鉄(現・JR貨物)規格に準じた国内専用の鉄道貨物輸送用に私有コンテナを、当時近鉄グループの運輸会社であった近鉄運輸(現在は系列外の近物レックス)から、長さ20フィート型10トン積載のUC5形ドライコンテナ[16]を、1971年11月に受注製造した。コンテナ本体の素材は、鉄道製造事業関連のアルミ製であった。しかし、当時はこれらと同一規格の大型コンテナが、鉄道車両製造の同業他社であった富士重工業を始め、現在も鉄道車両製作を行っている東急車輛製造他、鉄道車両ではないが現在もトラック荷台及び特殊自動車車体の製作を行っている日本トレールモービル日本フルハーフ加藤車体工業金産自動車工業からも既に大量に増備(1970年から1985年までの16年間に、延べ約4020本製造)されており、各社とも当時は受注合戦の真っ最中でもあった為に結局、同社としては最初にして最後の受注製造で終わってしまった。尚、これらのコンテナ製造には、車両製造とは別に当時の国鉄の定めた鉄道輸送用コンテナとしての、独自の各種規格や強度等が厳しく要求されていた為、コンテナ製造業者には大掛かりな製造にかかわる各種専用設備や、完成検査用の専用設備を要していた関係もあり、結果的には新製品参入の為に試験的に製造したものの、既にこの市場は激戦状態のために断念したと思われる。
  • 産業機械・機器
    • 新聞自動販売機・駐輪機のみに縮小していた産業機器部門は2015年3月末をもって撤退した[17]
  • エクステリア製品
    • バスシェルター、モニュメントなど

関連子会社[編集]

  • 関連子会社としてケーエステクノスが同じ敷地内にあり、車両用窓戸や内装部品などの製造を行っている。以前は、新聞販売機駐輪場ポスト、アルミ合金や難燃性マグネシウム合金押し出し型材を手がけていた。アルミ事業は2009年2月に、新聞販売機や駐輪場ポストは2015年3月に営業を終了・事業撤退した。1979年に「近車サービス株式会社」として設立され、1998年に現商号に変更、2000年に「近畿アルミ株式会社」を合併した。
  • 建材部門の関連会社としてスチールドア販売のコスモ近畿があった。同社はトステム(現・LIXIL)ほか大手建材メーカーとの共同出資企業であったが、現在はLIXIL鈴木シャッターに統合されている。
  • なお、関連子会社であった近畿工業(現・日本ファシリオ)はすでに発行済み株式の9割を夢真ホールディングスの連結子会社へ売却しているため、現在は連結対象から外れている。同社はのちに夢真グループ時代の合併、さらに夢真からの株式譲渡でAPロジスティックスの子会社を経て綜合警備保障の子会社となったが、現在も近鉄グループ各社が株主となっている[18]
  • ケーエスデザイン(旧テクノデザイン)…2012年6月末を以て休眠会社に
  • ケーエスサービス(旧きんきゴルフセンター)
  • KINKISHARYO (USA) INC. (アメリカボストンにある連結子会社)
  • KINKISHARYO International, L.L.C. (アメリカ・パームハーバーにある連結子会社)

備考[編集]

JR徳庵駅ホーム(外島踏切り・東大阪市側より)左側・3番線から当社製作車両が出場していく
  • 当社製作の車両の走行試験の為の、試運転線が工場奥に敷設されている。 また集電装置としてパンタグラフの無い地下鉄車両などの構内試運転線では、発生品のDT33系台車の上にやぐらを組みパンタグラフを載せた集電装置を使用する。
  • かつては工場と道路の間は金網タイプの柵で仕切られており、道路から製造中の車両を見る事が出来たが、2010年にコンクリート製の柵に作り変えられて道路から試運転中の車両や製造中の車両を見る事が難しくなった。
  • 当時、陸送用の搬入口と工場入口は交差点を隔てて離れていたが、前述の柵の改修工事と平行して陸送用の搬入口と工場入口が一体化された。
  • 2016年現在、近畿車両では出場線脇の留置線の改修工事を行っており、一部の留置線は電化される様である。
  • 昭和初期に現在地に工場が移転してから、本社事務所は二度移転している。当初は学研都市線への車両出場線の反対側にあるマンションが建っているところ(鉄道雑誌の写真でよく背景として写っている)にあった。 昭和40年代になると、ボウリングブームに乗ってボウリング場を建設・営業したがすぐにブームが去り、ほどなく廃業し、跡地に本社機能を移転した。
  • 2004年に本社機能を旧技術研究所跡に移転。旧跡地は賃貸し、複合商業施設フレスポ東大阪」となっている。2009年8月に3回目の移転を行ない、旧本社跡地にはガソリンスタンドホリデイスポーツクラブが開業した。
  • 東大阪スカイハイツ、メゾン・エスポアール、近鉄バス稲田営業所およびその並びは、かつて近畿車輛の土地であった。

注釈[編集]

  1. ^ a b 近畿車輛株式会社株式の一部譲渡について - 近畿日本鉄道IRニュース
  2. ^ a b 近畿車両、30年ぶりにディーゼル車両の生産再開 - 日本経済新聞電子版 2012年3月29日
  3. ^ 近畿車輛株式会社の株式の一部取得と業務提携について - 西日本旅客鉄道プレスリリース
  4. ^ 西日本旅客鉄道株式会社との業務提携に関するお知らせ - 近畿車輛プレスリリース 2012年5月10日
  5. ^ 東京地下鉄株式会社殿日比谷線新型車両受注に関するお知らせ - 近畿車輛公式プレスリリース 2014年11月6日
  6. ^ a b 川崎重工業OEMによる近畿車輛での製造。
  7. ^ 近畿車両、南海から新型車両受注―40年ぶり、「8300系」30億円規模 - 日刊工業新聞2015年4月27日
  8. ^ 東武鉄道株式会社殿東武スカイツリーライン新型車両(東京メトロ日比谷線相互直通運転車両)の製作者に決定しました - 近畿車輛公式プレスリリース 2015年6月17日
  9. ^ 2015年開業の東西線用車両。仙台市交通局殿から東西線用新型車両2000系を受注しました - 近畿車輛 2012年5月2日
  10. ^ osakaloopの投稿 (1097510360308131) - Facebook
  11. ^ 新型車両 9000形を平成26年春より導入します。〜「やすらぎ」と「省エネルギー」を追求〜(北大阪急行電鉄) (PDF) - 阪急阪神ホールディングス、2013年12月11日。
  12. ^ 同線向け幹事を担当している
  13. ^ 環境に配慮した、非電化路線用バッテリー電車「Smart BEST」の開発 - 近畿車輛 2012年10月10日
  14. ^ 近畿車輛株式会社が開発した自己充電型バッテリー車両の走行試験について - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2012年10月30日
  15. ^ 『近畿車輛のあゆみ 創業90周年記念』P.26 - 28 2011年 近畿車輛株式会社
  16. ^ 登録番号UC5-424番から431番までの8本製造出典=コンテナの絵本
  17. ^ 新聞自販機・駐輪製品のお問合せについて(近畿車輛2015年4月1日)
  18. ^ 日本ファシリオ 会社概要

関連項目[編集]