逸見太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
いつみ たろう
逸見 太郎
本名 逸見太郎
生年月日 (1972-12-24) 1972年12月24日(44歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
国籍 日本
職業 俳優タレント司会者
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1998年 - 現在
活動内容 1998年:映画『HANA-BI』で俳優デビュー
配偶者 あり
著名な家族 父: 逸見政孝
母: 逸見晴恵
妹: 逸見愛
公式サイト 逸見太郎 公式ページ
主な作品
映画
HANA-BI
テレビドラマ
OUT〜妻たちの犯罪〜
司会
5時に夢中!

逸見 太郎(いつみ たろう、1972年12月24日 - )は、日本の俳優タレント司会者東京都出身。

来歴[編集]

逸見政孝フリーアナウンサータレント司会者)の長男。妹の逸見愛共々、いわゆる「二世タレント」の一人である。

中学1年生だった1985年8月12日に一家で大阪に帰省する際に、日航機に搭乗する予定だったが、母・晴恵が飛行機が嫌いだったこともあり「4人だったら新幹線の方が安い」と父・政孝に提案して、直前に東海道新幹線に変更したため、日本航空123便墜落事故から逃れることができた。

15歳でイギリス、続いてアメリカボストンエマーソン大学に留学し、同大学を卒業している。

帰国後の1998年、政孝の親友である北野武監督の映画『HANA-BI』で俳優デビューした。その後、テレビドラマや舞台に出演し、その他、得意なスポーツを活かしてスポーツ番組にも出演している。当初は芸名をTAROにしようと思い、北野武に相談したが、「犬じゃねぇんだから」と一蹴され、本名のまま活動することにした。2003年頃からあまり仕事のない状態が続き、芸能人としては長く冬の時代を過ごしていた。

2009年1月よりTOKYO MXの夕方帯番組『5時に夢中!』の司会に抜擢された。父の政孝も『FNNスーパータイム』のニュースキャスターを務めており、親子2代にわたり夕方の帯番組の司会を務めることとなった。同番組では司会在任期間の最長記録保持者である。番組内では基本的にスーツ姿だが、蝶ネクタイを付けて出演することもあり、番組のスペシャルウィークや出演者の誕生日に付けることが多い。出演者からは「太郎ちゃん」の愛称で呼ばれ、親しまれている。

2011年4月2日より、『5時に夢中!』の姉妹番組である『5時に夢中!サタデー』の司会を、また同年5月1日より、TOKYO MXにて『これからはパ・リーグだ!』の司会を務めていたため、月曜日から日曜日まで全ての曜日でTOKYO MXの生放送の司会を務めることとなり、全く休みのない状態が続いていた。

2012年3月31日5時に夢中!サタデー』において『5時に夢中!』および姉妹番組である同番組の司会を卒業。最後の挨拶で、アメリカへ行くという噂[1]を否定、4月からのスケジュールは白紙同然であると述べて共演者らの笑いを誘った。

2013年2月8日、TBSテレビ『爆報! THE フライデー』に出演した際、アラフォーの一般人女性と2013年1月23日に入籍をしたことを明らかにした[2]

人物[編集]

身体的特徴[編集]

  • 身長は176cmであるが、『5時に夢中!』の金曜日アシスタントのミッツ・マングローブが182cmもある上に、ハイヒールを履いているため、画面越しでは小さいと言われる。また、同番組の月曜-木曜と「サタデー」でアシスタントを務める内藤聡子も164cmで、ハイヒールを履いているために身長がほぼ同じになって見えることもある。
  • 外見がネプチューン原田泰造や元プロ野球選手の城島健司に似ていると言われることがある。さまぁ〜ずには「逸見政孝さんそっくり。6代目三遊亭圓楽にも似ている」と言われた[3]
  • 5時に夢中!前半の「夕刊ベスト8」(2009年11月4日放送)で、『だて眼鏡により30代男性の貫禄を出す』という日刊ゲンダイの特集記事を取り上げた。コメンテーターの美保純中村うさぎから「お父さんもメガネがトレードマークでしたよね」と促され、前準備していた逸見は眼鏡をかけた姿を披露。しかし、かなりの不評で、美保からは「笑福亭笑瓶に似ている」、中村から「ちゃちい!人間の薄っぺらさが出てる」「知性がないとダメなんだなぁ」と散々な言われようだった。
  • 地黒であるが、自宅のベランダで日焼けすることを日課としているため、さらに肌が黒くなっている。所属事務所のマネージャーには日焼けのしすぎを心配されており、『5時に夢中!』では出演者から同様の指摘を受けている。番組プロデューサーの大川貴史には支持されていたが、2011年になり「バカに見える」という理由で大川からも日焼け禁止令が出された[4]。梅雨の時期や冬は天気が良くないため、ベランダで日焼けができないと嘆いており、中尾ミエ、美保から、色が白くなっていると心配されたこともある。
  • イ・ビョンホンの肉体を目指し、筋トレを行っているため、筋肉質な身体をしている[4]。また、リポビタンDのコマーシャルオファーがいつ来てもいいように筋トレは怠らないと発言しているが、かつてCMに出演していた俳優西村和彦に年齢的に無理だろうと指摘されている[5]

性格[編集]

  • 『5時に夢中!』において、初デートでは必ず新品のシャツや靴を卸すという坊っちゃんぶりを発揮し、出演者一同の顰蹙を買った[4]
  • S男になりたい逸見の意に反して、女性にはM男に見られることが多い[4]
  • ラジオパーソナリティ小島慶子にツッコミが上手くなるコツを尋ねたが、適性に従うようにと諭されたほどのイジられキャラである[4]

趣味・嗜好[編集]

  • 学生時代から野球が趣味であり、父親同様に阪神タイガースの大ファンである。
  • 車の運転が好きであるが、留学中は政孝より車を運転することを禁止されていた。しかし、晴恵と結託し、政孝には内緒で車を購入・運転していた。政孝は亡くなるまでそのことを知らなかった[6]。お酒の飲めない政孝とは違い、酒好きであるため、現在では車の運転は控え、『5時に夢中!』を放映しているTOKYO MX半蔵門スタジオまでは電車通勤をしていた[4]
  • アメリカのポピュラー音楽ミュージシャンのプリンスの大ファンである。
  • 東京都出身だが、大阪難波育ちの父・政孝が愛した大阪の旭ポンズを太郎自身もこよなく愛しており、同商品が東京で販売された時には大量に購入している[7]
  • ぽっちゃりした巨乳の女性がタイプとのこと。

エピソード[編集]

  • 実家住まいで、障害を持ったダルメシアンを飼っていたが、母の死から7日後にその愛犬も亡くしている[4][8][9]
  • 仮面ライダー響鬼』のオーディションに参加し、最終選考まで残ったが、細川茂樹に敗れて落選した[4]
  • 2013年2月8日、TBSテレビ『爆報! THE フライデー』・2世の苦悩SPに出演した際、『5時に夢中!』降板後、安定した収入が得られず生活に困窮している旨を明かした[10]。その後は節約のため毎週のようにしていたゴルフを辞めるなど、余計な出費を減らし、生活を見直しているという。
  • 自宅の維持費や固定資産税がこれまでに8000万円程度、一年間辺り400万円程度かかっている。周囲からは売却を勧められているが、他界した両親のため売却しないつもりで、家のために働いているといわれる。
  • 『5時に夢中!』の番組内で「ホモではないか?」との疑惑が持ち上がることが多かった。逸見がゲイとの挨拶で必ずキスをすると答えたことがその疑惑に拍車をかけている(『5時に夢中!』に出演するゲイとはキスはしないとのこと)。特にホモ疑惑についてはミッツ・マングローブから、「2丁目でお尻押さえながら歩いているところを見た」と、半ばネタとして扱われていた。
  • 2013年2月10日、フジテレビで放送されたバラエティ番組『ドラゴンレディ』に出演の際、「ホモ疑惑は本当か?」の問いに「精神面で男性(の男気など)に惹かれることはある。そういう意味では同性愛と言えなくもないが、肉体の繋がりを持ったことは過去に一度もない」と明言した。
  • TBS『有吉ジャポン』では、2012年末に同疑惑を問われた際「ゲイっちゃゲイなのかな」と告白。その後、先述通り結婚したことで突っ込まれるも、今後もゲイキャラを貫くとした。

『5時に夢中!』に関するエピソード[編集]

  • 5時に夢中!サタデー』で楽なアルバイトの話題を取り上げた際、「アルバイト経験が無いのでよく分からない」と発言。お坊ちゃまキャラを示す形となり、出演者一同から顰蹙を買った。
  • ダンスを得意としており、テレビ出演時にダンスを披露することも少なくない。しかし、逸見自身はダンスが踊れていると思っていたが、プロダンサーに「お前は踊れていない」と指摘された経験があると番組内で告白している[4]
  • 北斗晶の子どもの宿題を添削したり、中瀬ゆかりの出した問題にアドリブで答えるなど相応の英語力は備わっている[4]
  • 番組では、東京タワーイメージガールを務めるAKB48梅田彩佳小林香菜が東京タワーのイベントの宣伝のため、ゲストで訪れることがたびたびある。逸見がイベントに誘われ、気の良い返事をしつつも、結局イベントには参加せず、梅田や小林がゲストに訪れた際に逸見が謝るというのがパターン化している。2012年3月に同番組を降板するまで、逸見はイベントには参加しなかった。
  • 野球以外に趣味がないということから、『5時に夢中!』の金曜コーナーでは、2009年4月より週替わりのゲストコメンテーターが自分の趣味を紹介し、その楽しさを逸見に説くコーナー「シュミランガイド東京」がスタートした。最終的に、逸見自身がその紹介されたものを趣味にしたいか、したくないかを判定していた。なお、所属事務所の公式ウェブサイトでは、「ゴルフ」「音楽鑑賞」「米国映画鑑賞」「ダンス」が逸見の趣味として挙げられている[11]
  • 金曜日に放送されていたコーナー「逸見太郎の坊っちゃんセレクション」では、逸見がゲストにおすすめの品を紹介していた。逸見自身はカップ麺やカップ焼きそばなどのジャンクフードも好んでいるが、同コーナーでは高級品を紹介することが多い。また、料理の腕前を披露し、出演者から好評を博していた[12]。金曜特別コーナー「TOKYO坊っちゃんクイズ」では問題VTRを作成するため、自らロケーションに出かけている[13]
  • 5時に夢中!の月曜から金曜のメンバーやスタッフに対し結婚の報告をせず、最後のほうに交流を持ち始めた5時に夢中!サタデーのメンバーにはメールで報告した。このことに、月曜日のコメンテーターのマツコ・デラックスは「(逸見太郎は)最後まで心を開くことができなかった。」と述べている[14]

ビートたけしとの関係[編集]

  • 父親の政孝が、ビートたけしと親交が深かったことから、息子の太郎とも親交が深い。デビュー以前からビートたけしたけし軍団とは親密であり、定期的に草野球などをしている。
  • 父親の政孝の死後、留学を取りやめてデビューすることを周辺に強く望んだが、たけしに強硬に反対されている。その後、1998年にたけしの映画監督(本名の北野武名義)作品「HANA-BI」でデビューしている。
  • デビュー当時、逸見は、芸名を「TARO」にしようと考え、たけしに提案したが、「犬じゃねぇんだから」と、反対され、本名の「逸見太郎」で、芸能人として活動しており、現在も本名名義で活動している。

家族[編集]

逸見家[編集]

大阪府大阪市東京都
2010年10月25日には5時に夢中!番組内で、母・晴恵が肺胞蛋白症のために死去したことを報告した[15]。太郎は「私事ですが報告がございます」と切り出し、「私の母が先週21日、木曜日なんですが、他界いたしました。身内で葬儀、告別式をとりおこないまして、皆様からのお気遣いの言葉を頂戴いたしました」と報告。続いて、「生前、これといって親孝行は、何してやったっていうのことがないですが、とにかく、この『5時に夢中!』の司会に決まったとき、誰よりも喜んでくれた母でした。 それが唯一の親孝行だったのかなと。ちょっぴりですが、安堵しております」と涙声で述べ、「皆様の心遣いに本当に感謝しております」と頭を下げた。「すみません。ちょっとシンミリしてしまいましたね。というわけで、お時間来ましたが。皆さん、元気にいきましょう。また明日、お会いしましょう」と声を大きくして視聴者に呼びかけた[16]
  • 妹・女優タレント
  • 妻・一般人であるため、名前などは公表していない。

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

  • HANA-BI(1998年)
  • 東京☆ざんす(2001年)

オリジナルビデオ[編集]

  • 実録シリーズ
    • 実録・日本ヤクザ抗争史 鯨道5 侠骨(2001年)
    • 実録・日本ヤクザ抗争史 鯨道6 侠骨 完結篇(2001年)
    • 実録・日本ヤクザ抗争史 鯨道7 伝説のヤクザ・武闘烈伝(2001年)
    • 実録・鯨道8 瀬戸内戦争「道後白昼市街戦」矢嶋長次(2001年)
    • 実録・日本やくざ列伝 義戦 昇龍篇(2001年)
    • 実録・日本やくざ列伝 義戦 Vol.2 昇華篇(2001年)
    • 実録・九州やくざ抗争史 LB熊本刑務所 侠牙(2002年)
    • 実録・九州やくざ抗争史 LB熊本刑務所 Vol.2 義絶盃(2002年)
  • 隠忍術 しのび(2002年)
  • 隠忍術 しのび 弐(2002年)
  • 隠忍術 しのび 参(2002年)
  • 隠忍術 しのび 四 殺戮の終末(2003年)

舞台[編集]

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 番組の月曜コメンテーターマツコ・デラックスが、「しばらくアメリカへいって休んだら?」と冗談で言ったことから広まった。
  2. ^ 逸見太郎 アラフォー女性と結婚していた…父が残した豪邸が悩み”. スポニチ (2013年2月8日). 2013年2月8日閲覧。
  3. ^ 『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』2010年8月1日放送
  4. ^ a b c d e f g h i j 『5時に夢中!』
  5. ^ 『5時に夢中!』2010年8月6日放送
  6. ^ 『5時に夢中!』2010年4月1日放送より
  7. ^ 『5時に夢中!』2010年8月27日放送
  8. ^ 逸見愛さんとヤンチャビ 私のきょうだい 心を癒やす存在[リンク切れ]
  9. ^ 2時間スペシャル・特別編!涙と奇跡の動物物語4|天才!志村どうぶつ園
  10. ^ 2013年2月8日放送のTBSテレビ『爆報! THE フライデー
  11. ^ 佐藤企画 逸見太郎 公式ページ - 2009年4月23日閲覧。
  12. ^ 『5時に夢中!』2010年7月2日、2010年7月30日、2010年9月10日、2010年7月24日放送
  13. ^ 『5時に夢中!』2010年8月6日放送
  14. ^ 『5時に夢中!』2013年2月11日放送
  15. ^ 5時に夢中!』2010年10月25日、放送より
  16. ^ [news http://www.tv-asahi.co.jp/ann/geinou/geinou_news/contents/hot_20101025_160.html テレビ朝日|テレ朝。] 2010年10月25日