酒井美羽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

酒井 美羽(さかい みわ、1956年2月23日[1] - )は、日本漫画家[1]熊本県熊本市出身[1]女性[1]。本名・酒井美和子[2]

概要[編集]

東京デザイナー学院卒業後、山田ミネコ忠津陽子田中雅子らのアシスタントを経験。1977年、「ロリオン」で第2回白泉社アテナ大賞第2席に入賞。1978年、『花とゆめ』(白泉社)9号に掲載の「2年の春」でデビュー[1]。以後、『花とゆめ』などに少女漫画作品を掲載。後に『Silky』(白泉社)、『YOU』(集英社)などでレディースコミック作品を描く。恋愛をテーマとした作品を得意とする。

酒井が定番としている設定の一つに「年の差カップル」の存在が挙げられる。この年の差カップル設定は、酒井が中学生の頃に読んで夢中となったシャーロット・ブロンテ長編小説ジェーン・エア』が原点となっているという[3]。年の差カップルをメインに掲げた初期作品としては、2年近く連載された『ミルクタイムにささやいて』を含む「ミミと州青のラブコメディ」シリーズ(年齢差は12歳)が挙げられる。より後期の作品としては『抱いて抱いて抱いて♥ダーリン』(年齢差は18歳)が挙げられ、この作品を作成したきっかけは年の差カップルの決定版を描きたかったからだと酒井は語っている[4]

作品リスト[編集]

  • 通り過ぎた季節 亜紀子のカレンダー
  • セーラーブルーの青春
  • あの娘におせっかい(単巻) ※「ミミと州青のラブコメディ」シリーズ
  • もういちど愛して!(単巻) ※「ミミと州青のラブコメディ」シリーズ
  • ミルクタイムにささやいて(全7巻) ※「ミミと州青のラブコメディ」シリーズ
  • 初体験ボーイ源之助!!!(全2巻) ※「ミミと州青のラブコメディ」シリーズ
  • マンハッタン・サンセット
  • 新キャベツ物語
  • 花嫁はふくれっつら
  • メッセージ…佐由理
  • 今夜もねむれない
  • すきさ 好きさ すきさ
  • その男ワガママにつき
  • アリスの花道
  • ¥十億少女
  • あみ♂ばん
  • 結婚を2倍楽しむ方法
  • ミス・テレフォン ミセス・テレフォン
  • できちゃった
  • レディースコミックなんかいらない
  • お坊ちゃまナイスですね
  • 神主さまは凄いらしい
  • BAD GIRL
  • 夢見るサーティー
  • ホテルへ行こう
  • わたしの鼻は天より高い
  • カラオケへ行こう
  • 101回目のトラバーユ
  • それゆけ秘宝館
  • おくさまは28歳
  • 夫婦は天下のまわりもの
  • 痛いの痛いの飛んでいけ
  • ママはやしの実わり
  • 王子さまといっしょ
  • 抱いて抱いて抱いて♥ダーリン
  • 永遠のラビリンス
  • ナイショ×ボーイ
  • カフェ・ド・気まぐれビーチ
  • 彼と彼女のイエイエ
  • 教師にやらせな
  • 恋スル メロディ娘。
  • 下北沢でロケットパンチ
  • 涙の果実
  • アデル
  • 立ち枯れの森
  • ハッピー・トラブル・うえでぃんぐ
  • HRでつかまえてっ
  • マジメ男にご用心
  • ボクのギャル社長
  • 傲慢シークにご用心
  • ボスと恋に落ちる方法
  • 富豪弁護士は赤毛がお好き / ご主人様と恋の契約
  • 恋は危険なプリンスと / SPはプリティウーマン
  • プレイボーイの甘い罠
  • 王様と白衣のシンデレラ

未発表作品[編集]

デビュー前作品[5]

  • リリンナの夜
  • サントラスの花
  • 少女がひとり
  • こんにちは吸血鬼です[6]
  • 少女は空になった
  • 両手いっぱいの花[7]
  • 彼女
  • ロリオン

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『Fusion Product 創刊号』ふゅーじょんぷろだくと、1981年7月。PP158 -159。
  2. ^ 1981年現在。『Fusion Product 創刊号』ふゅーじょんぷろだくと、1981年7月。PP158 -159。
  3. ^ 酒井美羽インタビュー 1.デビューは投稿3回で!”. 2010年7月9日閲覧。
  4. ^ 酒井美羽インタビュー 2.想いはいつも一途”. 2010年7月9日閲覧。
  5. ^ 酒井美羽ファンクラブ同人誌「ミワ☆プラネット」(1980年初版発行)より。
  6. ^ 1976年第3回HMC 第7位ホープ賞受賞作品。
  7. ^ 1976年第4回HMC 第14位受賞作品。