野上慎平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
のがみ しんぺい
野上 慎平
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 岡山県和気郡和気町
最終学歴 早稲田大学教育学部
勤務局 テレビ朝日
部署 編成局アナウンス部
活動期間 2007年4月 -
ジャンル スポーツ実況・バラエティ番組
配偶者 八木麻紗子
公式サイト テレビ朝日公式プロフィール
出演番組・活動
現在 ワールドプロレスリング
羽鳥慎一モーニングショー
過去 やじうまプラス
スーパーJチャンネル
ワイド!スクランブル
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

野上 慎平(のがみ しんぺい、1984年[1] - )は、テレビ朝日アナウンサー。別名は野上ジャスティス慎平

来歴[編集]

岡山県和気郡和気町出身。和気町立藤野小学校から和気町立和気中学校、岡山県立城東高校生へ進学した。両親ともに教員である。小学校時代をバングラデシュで過ごし、現地で空手を習い始めた[2]

岡山城東高校早稲田大学教育学部卒業[要出典]。学生時代は陸上競技に打ち込んだ。

2007年にテレビ朝日入社。入社1年目で『ワールドプロレスリング』の実況班に配属した。他には、報道や情報系番組に出演している。

2011年に後輩の八木麻紗子アナウンサーと結婚した。2015年3月30日から9月25日までは担当コーナーが異なるものの、夫婦揃って『ワイド!スクランブル』にレギュラーで出演していた[3]。同年9月28日からは、『羽鳥慎一モーニングショー』のコーナーキャスターへ異動している。

2016年2月4日、第1子男児が誕生した[4]

プロレス実況アナウンサーとして[編集]

『ワールドプロレスリング』では2010年8月以降、実況席で飯塚高史ワイシャツを引き裂かれ上半身裸状態にされる被害に度々遭うようになる[5]。その後、永田裕志青義軍による「特訓」を受け「野上“ジャスティス”慎平」として実況を行うようになった[6]2012年1月12日には、東京スポーツ新聞社主催のプロレス大賞2011の席上、司会を務めていた野上アナに対し乱入した飯塚が襲撃するという場面があり、野上アナ本人は「(飯塚は来ないと聞かされていたのに)東京スポーツさんにだまされた。」と語っている。これには妻の八木アナも心配していた程であった[5]。因みに、実況席での飯塚からの襲撃以前に、2008年ごろから控え室での襲撃があったと告白した[7]

2013年はシャツを引き裂かれた上で顔にスプレーをかけられており、青、白、銀色に染められている。11月の『POWER STRUGGLE』大阪大会では青・白の2色のスプレーに加えマジックペンや鈴まで用意しており、ドラえもんにされてしまった[5][8]

出演[編集]

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

レギュラーで出演する前から、当時の先輩アナウンサー川松真一朗が休暇中に、「ニュース眼力OH!」のキャスターを代演。2015年3月30日放送分以降は、野上が一部コーナーの進行、妻の八木が番組内の『ANN NEWS』を担当していた[3]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

Voice (テレビ朝日アナウンサーによる舞台)[編集]

Voice6(2009年2月28日

  • 演劇『ヴィーナス・エスケープ』 カメラ男、犯人B役

同期アナウンサー[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ テレビ朝日アトリウムに新スポット誕生!!”. 2015年9月12日閲覧。
  2. ^ 8月8日 初めまして。新人アナウンサー野上慎平です。 - テレビ朝日HP 2012年6月6日閲覧。
  3. ^ a b テレ朝の八木麻紗子アナが第1子妊娠 年明け出産 日刊スポーツ 2015年9月28日閲覧。
  4. ^ “テレ朝・野上&八木アナ夫妻に第1子男児誕生”. 株式会社 産経デジタル. (2016年2月8日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160209/mrg16020905010001-n1.html 2016年2月8日閲覧。 
  5. ^ a b c 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史 Vol.12』P75 - P77(2015年、ベースボール・マガジン社、ISBN 9784583623252)
  6. ^ それ以降、ワイシャツの中に青義軍Tシャツを着ている。また、飯塚高史戦のみ氏名テロップも「野上 ジャスティス 慎平」となっている。
  7. ^ 俺達のプロレス - 2012年7月8日
  8. ^ [1]
  9. ^ “『映画クレヨンしんちゃん』テレビ朝日系列アナウンサー8人“襲来””. ORICON NEWS. (2017年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2087930/full/ 2017年3月23日閲覧。 

関連項目[編集]