金坂克子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
金坂 克子
Katsuko Kanesaka
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1954-03-01) 1954年3月1日(63歳)
出身地 千葉県大網白里市
ラテン文字 Katsuko Kanesaka
身長 169cm
体重 62kg
選手情報
愛称 ベコ
ポジション セッター/レシーバー
利き手
 
獲得メダル
オリンピック
1976 女子
世界選手権
1974 女子バレーボール
ワールドカップ
1977 女子バレーボール
テンプレートを表示

金坂 克子(かねさか かつこ、現姓:田中、1954年3月1日 - )は、日本の元バレーボール選手。1976年モントリオールオリンピックバレーボール女子金メダリスト。

来歴[編集]

千葉県大網白里市出身。習志野高校を経て、1972年に日本リーグの日立武蔵(当時)に入団。

日立武蔵では松田紀子の控えセッターだったが、1974年に全日本メンバーに選出され、世界選手権モントリオールオリンピックにおいて金メダルを獲得した。日本リーグでも1977年にレシーブ賞、ベスト6賞を獲得。1978年10月に東レ九鱗会所属の田中康文と結婚[1]

80年代にはテレビ朝日の番組『ビートたけしのスポーツ大将』に、バレーボールコーナーの助っ人として出演、往年のプレーを披露した。

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
大網中習志野高校日立武蔵/日立(1972 - 1978年)

脚注[編集]

  1. ^ 月刊バレーボール1978年9月号93ページ