金森隆浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
金森 隆浩
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県有田郡湯浅町
生年月日 (1972-08-12) 1972年8月12日(44歳)
身長
体重
181 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 ドラフト1位
初出場 NPB / 1996年10月2日
CPBL / 1998年3月8日
最終出場 NPB / 1996年10月9日
CPBL / 1998年10月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

金森 隆浩(かなもり たかひろ、1972年8月12日 - )は、和歌山県有田郡湯浅町出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

和歌山県立耐久高等学校時代は、1年生からベンチ入り。1年生秋よりエースとなる。当時の耐久高の監督は実父である健祐で親子鷹と地元では話題になっていた。

卒業後は立命館大に進む。3年春のリーグ戦では防御率0.89を記録し、同学年の駒澤大学河原純一らとともに第22回日米大学野球の代表に選ばれる。4年次には春季リーグ戦で最優秀投手賞を受賞し、第23回日米大学野球にも出場している。リーグ戦の通算成績は38試合登板し12勝15敗、防御率1.91。1994年ドラフトでは丸尾英司(元オリックス)とともに関西の大学野球を代表する投手として注目され、1位で指名を受けて中日ドラゴンズに入団。

プロ入り後[編集]

プロ入り2年目の1996年ウエスタンリーグ最多勝利のタイトルを獲得し、シーズン終盤に一軍昇格。10月9日阪神最終戦(甲子園)にプロ初先発した際、1イニング2本の満塁被弾を新庄剛志塩谷和彦に受け、1イニング8失点(ただしエラーが絡んでおり、金森本人の自責点は7)を喫し、当時の星野仙一監督の逆鱗に触れて突き放されてしまう。1イニング2満塁被弾はこの時点で唯一の記録だったが、2007年4月1日には吉井理人オリックス・バファローズ)が、東北楽天ゴールデンイーグルス戦でホセ・フェルナンデス山崎武司に被弾、2010年6月20日には阿南徹(オリックス)が北海道日本ハムファイターズ戦で小谷野栄一金子誠に被弾している。吉井は失策絡みのため自責点は0だったが、阿南は失策が絡んでいないので自責点は失点と同数の8である。

1997年、中日から戦力外通告を受ける。翌1998年台湾プロ野球統一ライオンズの入団テストに合格。主に中継ぎとして活躍した。

1999年、台湾での活躍が星野監督に認められ、中日に復帰。しかし1度も1軍に上がる事が出来ず、中日から再び戦力外通告を受ける。その後オリックス・ブルーウェーブの入団テストを受けるが不合格となり、現役を引退

2000年より中日の打撃投手を務めていたが、同年限りで退団した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1996 中日 2 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 18 3.0 7 2 2 0 0 2 0 0 8 7 21.00 3.00
1998 統一 22 10 0 0 0 3 2 0 -- .600 312 70 76 2 33 1 7 36 4 0 34 24 3.09 1.56
NPB:1年 2 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 18 3.0 7 2 2 0 0 2 0 0 8 7 21.00 3.00
CPBL:1年 22 10 0 0 0 3 2 0 -- .600 312 70 76 2 33 1 7 36 4 0 34 24 3.09 1.56

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 12 (1995年 - 1997年)
  • 63 (1999年)
  • 113 (2000年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]