金田賢一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
かねだ けんいち
金田 賢一
生年月日 (1961-08-22) 1961年8月22日(55歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県
ジャンル 俳優
活動期間 1978年 -
活動内容 俳優
配偶者 梓のぼる
主な作品
不良少年
太陽にほえろ!

金田 賢一(かねだ けんいち、1961年8月22日 - )は俳優兵庫県出生、東京都育ち。ホリプロオフィスコットン所属。父は元プロ野球選手監督金田正一。元プロ野球選手の金田高義金田星雄金田留広は叔父であり、元プロ野球選手金石昭人は従兄にあたる。血液型はB型

来歴・人物[編集]

兵庫県にある母(宝塚歌劇団卒業生・雅章子(寿美花代の同期))の実家で生まれ、東京都で育つ。中学時代は野球をしていたが、本人は「下手だった」という[1]

1978年、父・正一の友人だった長門裕之が製作に係わっていた映画『正午なり』でデビューし[1]、その後の、1985年にドラマ『太陽にほえろ!』に出演し人気を集めた。1986年からは西川きよしの降板に伴い、翌1987年までTBS料理天国』の司会を務めた。

さらに、2004年5月から2011年3月まで、テレビ神奈川のお昼の情報番組『1230アッと!!ハマランチョ』の月・火曜日のMCを務めた。同時期から神奈川県内での活動も多くなり、2004年から横浜戦後の歴史を次世代に語り伝えていく「横濱夢語り」(代表 内田充昭)の活動に参加。朗読音楽のライブを開催している。主に横浜市開港記念会館や横濱元町霧笛楼で公演を行っている。

父の正一とは、TBSのテレビ番組『関口宏の東京フレンドパーク』や、神奈川県警のポスター『金田さんは、カネ出さん!』で親子共演を果たしている。

私生活では宝塚歌劇団花組男役だった梓のぼると結婚。1986年生まれの娘が一人いる。

近年は、単発ドラマの脇で犯人役など深みのある演技を披露している一方、夫人との旅行番組出演も増加している。温泉に夫人と混浴することも多いが、「こういう機会でないと女房と風呂に入れないから」と発言している。

ホームヘルパー2級の資格を持っている。また、少年時代から現在までボーイスカウトの活動をしており、「自分で出来ることは何でも自らでやる」「歩く歩く歩く!」を信条としている。テレビ局に出向く際も車ではなく、自転車と通勤電車を今でも使う。また、料理も得意で教室を開くほどである。

2007年からは、音楽家の丸尾めぐみとの朗読ユニット『朗読三昧』の活動を開始し、定期的に公演を行っている[1]

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

  • 遠山の金さん 第1シリーズ 第42話「殺しを見たのは失明の美女!」(1983年2月3日) - 風見兵馬 役
  • 火曜スーパーワイド「津軽海峡 おんな三人春景色」(1988年4月12日) - 沢木稔 役
  • 木曜ドラマ「冬の来る前に」(1990年12月)
  • 大型時代劇スペシャル「大逆襲! 四匹の用心棒3」(1991年4月4日) - 一色丹波守景信 役
  • 土曜ワイド劇場「みちのく湯煙り殺人峡谷」(1993年7月10日)

テレビ東京[編集]

テレビアニメ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

イベント[編集]

  • 横濱夢語り
    • ににんがはち〜横浜最後のお座敷芸者 京子姐さん物語〜
    • 天使はブルースを歌う(山崎洋子作)
    • 本牧60S★70sフェンスの青春(第62回文化庁芸術祭参加作品)

ビデオシネマ[編集]

CM[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 【父の教え】俳優 金田賢一さん「役者ぶるな、外見ばかり取り繕うな」(2ページ目)”. msn産経ニュース (2014年5月14日). 2014年5月18日閲覧。