鈴木裕樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
すずき ひろき
鈴木 裕樹
生年月日 1983年10月3日(31歳)
出生地 日本の旗 日本岩手県
身長 180 cm[1]
血液型 O型[1]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2004年 -
事務所 ワタナベエンターテインメント
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
クピドの悪戯 虹玉
獣拳戦隊ゲキレンジャー
チーム・バチスタの栄光
映画
テニスの王子様
シャカリキ!

鈴木 裕樹(すずき ひろき、1983年10月3日 - )は日本俳優岩手県北上市[2]出身[1]。所属事務所はワタナベエンターテインメント。同事務所の男性俳優集団D-BOYSのメンバーである。身長180cm。愛称はズッキー[3][4]

略歴[編集]

小学校の教員を目指し、大学で児童教育を学んでいた。大学入学時に高校時代の友人とお笑いコンビを結成するが、半年ほどで頓挫する。その後に役者を志し、2004年に大学を休学し上京[5]。同年7月にD-BOYSオーディションに合格し、12月に舞台『ミュージカル・テニスの王子様』の大石秀一郎役でデビュー[6]、同時にD-BOYSのメンバーとなる。

2007年、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の主役・漢堂ジャン / ゲキレッド(声)を演じる

2008年8月21日、岩手県出身であることから、D-BOYSを代表して岩手・宮城内陸地震への義援金を岩手県庁に贈呈した[7]

2011年、『海賊戦隊ゴーカイジャー』第7話で2年振りに漢堂ジャン役でゲスト出演。

人物[編集]

趣味はサッカーとイラスト、特技は1分間に100回腕立て伏せができること(デビュー当時は出来ていた。現在はその日の体調によって可)[8]。サッカーは小学3年生から始め、中学、高校を通してサッカー部に所属。ポジションはGK。小学生時代ドッジボールが上手だったことから任された[9]。高校生活最後の試合は、盛岡商業高校との対戦だった[10]

高校3年時には学園祭である「黒陵祭」のイベントで「ミスター黒陵」に選ばれる。しかし入賞後の全校集会中におならをしてしまい、「ミスターが屁をこいた」と呼ばれていたことを自虐ネタにしている。[要出典]

漢字検定2級を取得している。[要出典]

映画『呪怨 白い老女』ではAV女優みひろの彼氏役を演じた事もあり、舞台挨拶において「みひろさんファンの皆さんにあやまりたいです」と話した[11]

仲の良いメンバーは荒木宏文、和田正人。元メンバーの加治将樹、足立理とも仲が良い。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • サイレント(2006年)須藤悠 役
  • 心霊写真奇譚「思い出のポラロイド」(2006年)小島 役
  • 獣拳戦隊ゲキレンジャー スペシャルDVD ギュンギュン!拳聖大運動会(2007年)漢堂ジャン / ゲキレッド(声) 役
  • 獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャー(2008年)漢堂ジャン / ゲキレッド(声) 役

舞台[編集]

  • ミュージカル・テニスの王子様(2004年 - 2006年)大石秀一郎 役
    • in winter 2004-2005 side 山吹 feat. 聖ルドルフ学院
    • コンサート Dream Live 2nd
    • The Imperial Match 氷帝学園
    • The Imperial Match 氷帝学園 in winter 2005-2006
    • コンサート Dream Live 3rd
  • limit〜あなたの物語は何ですか?〜(2006年)長谷山隆 役
  • ソフィストリー〜詭弁〜(2006年)イゴー・コニグスバーグ 役
  • OUT OF ORDER 〜偉人伝心〜(2007年)塩谷優一 役
  • D-BOYS STAGE
    • vol.1「完売御礼」(2007年)長塚三郎 / 坂本竜馬 役
    • vol.2「ラストゲーム〜最後の早慶戦〜」(2008年)笠井和也 役
    • vol.3「鴉〜KARASU〜04」(2009年)主演・細谷十太夫直英
    • 2010 trial-2「ラストゲーム」(2010年8月- 9月)笠井和也 役[12]
    • 2010 trial-3「アメリカ」(2010年9月 - 11月)池田 役
    • 2011 春公演「ヴェニスの商人」(2011年4月 - 5月)ロレンゾー 役
    • Dステ11th「クールの誕生」(2012年)宮武敦史 役
    • Dステ14th「十二夜」(2013年10月)サー・アンドルー・エイギュチーク 役
  • LOVE LETTERS(2012年)大塚翔太
  • うかうか三十、ちょろちょろ四十(2013年5月 - 6月)権ず 役

バラエティ[編集]

インターネットドラマ[編集]

  • 恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない(2010年8月 - 、DOR@MO)米谷ネル 役

ラジオ[編集]

  • D-RADIO BOYS SUPER feat.鈴木裕樹 荒木宏文(2011年10月 - 12月、bay-fm)

CM[編集]

作品[編集]

映像ソフト[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • プリンスシリーズ D-BOYSコレクション 鈴木裕樹(2007年4月、学習研究社) ISBN 978-4-05-403383-2
  • 君が笑ってくれるなら…(2008年5月、学習研究社) ISBN 978-4-05-403777-9
  • 360°(2009年8月、学習研究社) ISBN 978-4-05-404270-4

脚注[編集]

  1. ^ a b c 公式プロフィール.
  2. ^ 岩手日報 2008年8月22日(朝刊)記事「北上出身 俳優鈴木裕樹さん 出演の映画をPR」
  3. ^ “鈴木裕樹「RED」”. Webザテレビジョン. (2008年9月22日). http://blog.television.co.jp/information/homme/2008/09/red.html 
  4. ^ 「読書男子」撮影裏話 vol.3 鈴木裕樹さん. 徳間書店文芸編集部公式サイト web本とも.
  5. ^ “【D-BOYS 役者魂】夢は「自分の覚悟次第」 鈴木裕樹(1/4)”. MSN産経ニュース. (2011年1月13日). オリジナル2011年1月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110119200515/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110113/ent11011317420100-n1.htm 
  6. ^ “D-BOYS 役者魂】夢は「自分の覚悟次第」 鈴木裕樹(2/4)”. MSN産経ニュース. (2011年1月13日). オリジナル2011年1月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110121070519/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110113/ent11011317420100-n2.htm 
  7. ^ “イケメン集団D-BOYSが岩手・宮城内陸地震に義援金贈呈”. ORICONSTYLE. (2008年8月22日). http://www.oricon.co.jp/news/confidence/57481/full/ 
  8. ^ ゲキレンジャー・インタビュー「第22回 鈴木裕樹」. 東映ヒーローネット.
  9. ^ “サッカーデイズ(鈴木裕樹 編 前半)”. WEBサッカーマガジン. http://www.soccer-m.ne.jp/soccerdays/suzuki-01.html [リンク切れ]
  10. ^ 鈴木裕樹オフィシャルブログ「HIROKI VOICE」2007年1月12日
  11. ^ “D-BOYS鈴木裕樹&瀬戸康史が巻き込まれた恐怖!「みひろさんのファンに謝りたい」”. Web De☆View. (2009年6月29日). http://contents.oricon.co.jp/news/deview/67277/ [リンク切れ]
  12. ^ 当初出演予定だった中村優一の降板による代役。中村優一 「ラストゲーム」降板のお知らせ(「ラストゲーム」製作委員会、他)”. 2010年8月16日閲覧。
[ヘルプ]