銀次・政二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
銀次•政二
メンバー 銀次
政二(現;前田政二
別名 銀政(ぎんせい)
結成年 1982年 
解散年 1984年 
事務所 吉本興業
活動時期 1982年8月 - 1984年11月
出身 吉本総合芸能学院1期生
出会い 吉本総合芸能学院
現在の活動状況 解散
芸種 漫才
同期 ダウンタウン
トミーズ
ハイヒールなど
テンプレートを表示

銀次・政二(ぎんじ・せいじ)はかつて吉本興業に所属していた漫才コンビ



来歴[編集]

  • 1982年夏頃、当時フジテレビの大人気お昼の帯生放送番組「笑ってる場合ですよ!」のアマチュア・新人タレントのお笑い勝ち抜けコーナー「お笑い君こそスターだ!」にNSC1期生達に出場依頼が来た際に、同期生でもあった銀次からピン芸人として活躍していた政二にコンビ結成の誘いがあり「銀次・政二」を結成し、コンビ結成間もないにも関わらず5週勝ち抜きグランドチャンピオンとなる。
  • 1984年某日、うめだ花月で漫才をしている際に、前席の態度の悪い客数人が舞台に足を乗せていた事に腹を立てた銀次が乱闘し[1]、その数ヵ月後には、とある学園祭に呼ばれた際に、学生達にサインを書いた翌日に銀次がその時書いたサインを持って政二の家に押しかけた。銀次のサインが左、前田のが右に書かれていたが、それを指差して「俺のサイン(を書く位置)は右じゃ!」と怒鳴りつけられ、政二はコンビ解散を決意したという。[2]
  • 1984年11月10日京都花月上席の「ショートショート」(やすえ・やすよと共に出演)の新人コーナーを最後に解散する。コンビ解散後は、政二は「前田政二」、銀次は「菅野銀次」と改名し吉本新喜劇にも出演。その後前田はピンでの活動や放送作家として現在も活動している。銀次は吉本新喜劇に出演した頃に「太平サブロー・シロー」に弟子入りし「タイヘイ銀次」と活動していたが数年後に吉本を退社する。2000年にはコンビ「銀秀」で松竹芸能で活動していたが解散し芸能界を引退した。

エピソード[編集]

  • ある日ブッチャーブラザーズダウンタウンと出番が同じで帰りに、ブッチャーブラザーズの2人がダウンタウンに声を掛けようとしたら、
    偶然にも同じ出番だった銀次・政二が通りかかりその2組で飲みに行く事になり仲良くなったという。(「浜ちゃんと!」より)
  • 1983年8月京都花月中席の「吉本新喜劇 真夏の夜の夢」(作・大河内通弘)に同期生ハイヒール、ウーマンガトリオ(杉本美樹が在籍していたトリオ)と共に出演した。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

受賞歴[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ごぶごぶ』DVD第1弾スタッフコメンタリーでの前田政二本人による発言。 / 2012年8月8日発売「ノーブランド」前田政二
  2. ^ 2010年10月13日放送回『イチハチ』(TBS系)の企画「超人気芸人8組が浜田の前で相方への不満を全部ぶっちゃけちゃうぞSP」でサインの話題になった際に浜田が発言。/2012年8月8日発売「ノーブランド」前田政二