銭場一浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

銭場 一浩(せんば かずひろ、1972年11月7日 - )は、元社会人野球選手、コーチ(投手)である。東芝所属、175cm・68kg・右投右打。現役時の背番号は11

人物・来歴[編集]

埼玉県出身。伊奈学園総合高3年生の春の甲子園に出場。その後東洋大に進学、このときの同学年のチームメイトに岡崎淳二(その後鷺宮製作所)がいる。大学入学後すぐに公式戦のマウンドを任され、1年春のリーグ戦では東都大学リーグ1部優勝の原動力となり、MVPと最優秀投手賞を獲得。その後一時停滞期を迎えるが、順調な成長ぶりを見せる。リーグ通算50試合15勝9敗、防御率2.29、175奪三振。

大学卒業時にプロの誘いがなく、東芝に入社。東芝でもすぐに公式戦のマウンドを踏むこととなる。1999年第70回都市対抗野球大会では優勝を経験し、2001年第28回社会人野球日本選手権大会では敢闘賞を受賞するなど、東芝の大黒柱として活躍を続ける。

サイドスローながら、直球は常時145km/h前後をマークし、鋭いシンカーやスライダーも併せ持つ本格派投手だった。打線の援護がなく惜しい所で敗戦投手となることもあったが、投手陣の軸として信頼が厚かった。東芝での主なチームメイトには須田喜照高橋尚成清水直行戸部浩香月良太平馬淳坪井智哉らがいる。

まだやれるという声もある中、2006年シーズンをもって12年間の現役生活から引退した。

球歴[編集]

伊奈学園総合高(1988年-1990年)→東洋大(1991年-1994年)→東芝(1995年-2006年,コーチ2007年- 2008年)

日本代表キャリア[編集]

主な表彰、タイトル[編集]