長原成樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
長原 成樹
本名 張 成熙[1]
(チャン・ソンヒ)
生年月日 (1964-04-18) 1964年4月18日(52歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市生野区
血液型 B型
身長 180cm
方言 大阪弁
事務所 吉本興業
活動時期 1984年 -
同期 吉田ヒロ
過去の代表番組 探偵!ナイトスクープ
爆笑!駐在君が行く!
クイズ!紳助くん
受賞歴
おおさか映画祭・第17回新人賞「風、スローダウン

長原 成樹(ながはら せいき、1964年4月18日 - )は、日本の男性お笑いタレントである。

大阪府大阪市出身[2]生野区に居住経験あり[1]在日コリアン[1]よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。趣味はサッカーバイク自動車カバディ[2]身長180センチメートル[2]。本名・張成熙(チャン・ソンヒ)、通名・長原成熙。既婚。

来歴・人物[編集]

かつては暴走族に属していた不良で、18歳の時には強盗事件を起こすなどした[1]。在日コリアンであることにコンプレックスを感じたことは無いが、ある会社の就職試験に落ちた際、自分が落とされた原因は自分が「在日」であることしかありえない、との考えに至り、そこで初めて差別を感じたと回想している[1]

不良少年であった経歴を生かし、吉本でのし上がろうという野心から、NSCの面接に行くが(入っていれば3期)、柄が悪いから帰れと校長に言われ、うめだ花月にいた明石家さんまの楽屋に押しかけて事情を話し、翌週再び訪ねて梅田の喫茶店「アメリカン」でネタの手直しをしてもらい、それを練習して吉本に見せて、「生野ブラザーズ」と名づけられ「ノーブランド漫才」の舞台に立ち、トップバッターで5分漫才をし、それを見ていた香川登志緒の推薦で、吉本に横入りすることになった。なんば花月での初めての10日間の出番は「生野ヤンキース」、次の京都花月で「ヤンキース」へと改名。実力派のコンビで受賞歴多数であったが、1990年に相方・村上龍也の不祥事によりコンビ解散。以降は個人で数々のテレビ番組や映画に出演し、2002年にうめだ花月の前身rise-1で二人芝居を開催した。

2005年9月脳出血のため入院[1]、芸能活動を休業していたが、10月中旬に無事退院。自宅静養の後、11月から仕事復帰した。

探偵!ナイトスクープ』では沖縄や南国に関する依頼にほぼ必ず登場し、「リゾート探偵」と呼ばれる。他にも夜遅くまで眠らずに遊んでいる子ども達の前に現れる怪物、『ガオ〜さん』にもなる。さらに、元ヤンキーということで、バイクや車に関する依頼もほとんど受けている。返さないものを返させる「取り立て屋成樹」としても活躍。また、近年はよく石田靖と共演することから、石田の相方的存在としても知られている。

2010年10月10日、入籍。

2012年8月、よしもと祇園花月にて6年振りとなる漫談を披露。以降、定期的に漫談で舞台に立つ。

2013年9月27日の放送分を以って、探偵!ナイトスクープの探偵を卒業[3]

千葉ロッテマリーンズのファン。

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

現在[編集]

過去[編集]

ラジオ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

監督作品[編集]

  • 犬の首輪とコロッケと(2011年)

書籍[編集]

  • 犬の首輪とコロッケと-セキとズイホウの30年 (プラネットジアース、2008年3月、ISBN 4893400703)
  • 本職未満 〜筋金入りのワルだった俺たちの分岐点〜 (ヨシモトブックス、2013年5月、ISBN 4847090780)
  • 大阪ストレイドッグス 伝説のペット探偵・男鹿の冒険(ヨシモトブックス、2016年1月)[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f “筋金入りのワル、在日コリアン…長原成樹さん、自身の「半生」熱く語る”. iza (産経新聞). (2012年7月7日). オリジナル2012年7月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120710195215/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/media/574610 2012年7月10日閲覧。 
  2. ^ a b c 芸人プロフィール 長原成樹”. 吉本興業. 2014年7月20日閲覧。
  3. ^ 小枝、松村らが「ナイトスクープ」卒業 サンケイスポーツ 2013年9月7日
  4. ^ 元『ナイトスクープ』探偵・長原成樹、初のオリジナル小説上梓 又吉も絶賛”. ORICON STYLE (2016年1月26日). 2016年1月26日閲覧。