長山藍子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2017年1月
ながやま あいこ
長山 藍子
生年月日 (1941-06-21) 1941年6月21日(75歳)
出生地 蒙古聯合自治政府の旗 蒙古聯合自治政府・厚和市(現フフホト市
(日本の旗 日本静岡県三島市育ち)
国籍 日本の旗 日本
血液型 O型
職業 女優
活動期間 1963年 - 現在
配偶者 武正忠明
主な作品
テレビドラマ
女と味噌汁』シリーズ
男はつらいよ
おんな太閤記
春日局
渡る世間は鬼ばかり

映画
橋のない川
男はつらいよ 望郷篇

長山 藍子(ながやま あいこ、1941年6月21日 - )は、日本の女優中国内蒙古自治区フフホト市生まれ、静岡県三島市育ちで、5人兄弟の長女。身長159cm、体重50kg。

来歴・人物[編集]

父は同盟通信社記者で東京タイムズ創立に参加した[2]

成蹊小学校中学校静岡県立三島北高等学校卒業。小・中学校の同級生に俳優東野英心がいた。夫は俳優の武正忠明。

父親の影響で俳優を目指し、俳優座養成所に12期生として入所する。1963年に卒業すると同時に劇団新人会に参加した。1970年には前田昌明山本學らと第二次劇団新人会を発足した(1994年に朋友と改名)。1999年文化庁芸術祭演劇部門大賞受賞。2007年9月に劇団朋友を退団。

テレビドラマでは『女と味噌汁』シリーズや『渡る世間は鬼ばかり』などへの出演が特に大きく、TBS系列のホームドラマや石井ふく子プロデュース作品で活躍した(特に1990年からの『渡る世間』シリーズでの野田弥生役は広く知られており、20数年演じたキャラクターである)。映画では『橋のない川』に出演した。

石井とコンビを組むことの多い橋田壽賀子作品にも起用されており、時代劇では『おんな太閤記』『春日局』に出演。

男はつらいよ』シリーズでは初代・車さくら役を演じたことでも知られ、劇場版シリーズ第5作目のヒロイン役も務めた(ちなみに井川比佐志杉山とく子との再共演が実現している)。

1979年から1981年までは『クイズダービー』に5代目2枠レギュラー解答者としても出演した(山崎浩子と並ぶ歴代4位の20連敗を記録したものの、正答率は2割9分9厘、平均2勝6敗 - 3勝5敗ペースとまずまずの成績を残している)。なお、2枠のベテラン女優枠は長山が最後となり、その次の宮崎美子からは若手女性タレント枠となった。2枠レギュラー降板後も長山は、5枠ゲスト解答者として度々出演しているが、その時の正答率は4割台となりレギュラー時よりも優秀な成績を残している。2014年12月19日放送の復刻版では33年ぶりに2枠回答者で出演。その時の1枠は北野大で初めての1枠2枠の組み合わせとなった。

宇津井健や井川、前田吟との共演も多く、特に宇津井とは夫婦・兄妹・父娘役という立場で共演し、前田とは夫婦役での共演が多い。また、坂上忍は幼少時から親子役で共演していた縁でとても可愛がられていたそうで「母さん」と呼び慕っている[3][4]。杉山、山岡久乃八千草薫池内淳子とも共演が多く、特に山岡や池内とは舞台などでも共演し、プライベートでも親交が深かった(山岡や池内の最期も両親族らと共に看取り、2010年11月4日に開かれた池内のお別れの会では世話人・友人代表として挨拶を行ったほど)。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK
TBS
日本テレビ
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京

舞台[編集]

  • オッペケペ
  • 作者を探す六人の登場人物
  • 女と味噌汁
  • 初蕾
  • 秋のかげろう
  • 北国慕情
  • 江戸の恋
  • 春日局
  • 幸福
  • 芸者と第九交響曲
  • 結婚する手続き
  • おんなの家
  • おしん
  • お春の恋
  • 華やかな女
  • 女たちの忠臣蔵
  • わがババわがまま奮斗記
  • 明日の幸福
  • 女の人さし指

吹き替え[編集]

その他のテレビ番組[編集]

他多数

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. ひとめぼれの歌(1970年、東芝、TP-2324)
    • 作詞:稲葉明子 / 作曲:服部公一 / 編曲:服部公一
    (c/w 北国の娘)
  2. 夢の彼方に港町(1981年、キング、K07S-194)
    (c/w レイニー・ストーリー)

アルバム[編集]

  1. 長山藍子のほほえみ~晴れた日の詩集(1974年、キング、SKD-189)
  2. まいるど11~夢の彼方に港町(1981年、キング、K28A-174)

脚注[編集]

  1. ^ 受賞者一覧、山路ふみ子文化財団、2014年11月20日閲覧。
  2. ^ 佐貫百合人『役者烈々 俳優座養成所の軌跡』、三一書房、1995年、221頁
  3. ^ 坂上忍 過酷な子役時代を救ってくれた長山藍子と感動の再会”. livedoorNEWS (2015年6月22日). 2015年6月24日閲覧。
  4. ^ 坂上忍、大物女優との再会に毒舌キャラもタジタジに”. 日刊大衆 (2015年6月24日). 2015年6月24日閲覧。