長岡輝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ながおか てるこ
長岡 輝子
長岡 輝子
1948年
本名 篠原 輝子(しのはら てるこ)
旧姓:長岡
生年月日 (1908-01-05) 1908年1月5日
没年月日 (2010-10-18) 2010年10月18日(満102歳没)
出生地 日本の旗 日本岩手県盛岡市
職業 女優演出家
活動期間 1951年 - 2010年
活動内容 舞台
映画
テレビドラマ
朗読
主な作品
テレビドラマ
おしん

長岡 輝子(ながおか てるこ、1908年明治41年〉1月5日 - 2010年平成22年〉10月18日)は、日本女優演出家。本名、篠原 輝子(しのはら てるこ)。岩手県盛岡市出身。

来歴[編集]

英文学者長岡擴(ながおか ひろむ)の三女として生まれる。東洋英和女学院卒業。

文化学院中退後、1928年昭和3年)に渡仏留学し、パリで2年間演劇修行、1930年(昭和5年)に帰国。後に最初の夫となった金杉惇郎とテアトル・コメディを設立。翌年、金杉と結婚、一子をもうけた。NHKのプロデューサーの沼野芳脩(1934年 - 1997年)である。

1937年(昭和12年)に金杉が亡くなる。軍国主義の嵐が吹き荒れていたこともあり、テアトル・コメディは解散した。劇団は28回の公演、52の戯曲を上演した。

1939年(昭和14年)文学座入り。自作「マントンにて」の文学座公演を演出した。

1944年(昭和19年)、実業家の篠原玄と再婚。

1947年(昭和22年)、文学座に籍を置きつつ芥川比呂志加藤道夫荒木道子などと共に劇團「麦の會」発会。

1951年(昭和26年)、春原政久の手による『風にそよぐ葦』で、本格的に俳優としての活動を始める。それまでは演出家としての活動に重きを置いていたが、以後は、俳優と演出家という2足の草鞋を履いて活動した。

1964年(昭和39年)には、ウェスカー作「大麦入りのチキンスープ」を演出、主演し、文部省芸術祭文部大臣賞(現在の大賞)を受賞。

1970年(昭和45年)に「メテオール」で紀伊国屋演劇賞を受賞。

1971年(昭和46年)に文学座を退団し座友になる。その後は、同郷の宮沢賢治の作品の盛岡弁による朗読や、聖書の朗読などに新たに取り組んだ。

1983年(昭和58年)、『おしん』にて加賀屋の大奥様・八代くに役で出演したことで一般に知られることとなった。

晩年は高齢となったこともあり、活動の主体を演劇から朗読に移していた。宮沢賢治の童話と詩を岩手の方言で読む朗読会を続け、2003年(平成15年)、その功績で菊池寛賞を受賞した。その年、聖書朗読活動の功績が認められ日本キリスト教文化協会よりキリスト教功労者の表彰を受けた。

2007年(平成19年)12月の舞台「星を見た男たち」で朗読者として出演、2008年(平成20年)12月の舞台「キングオブキングス」へ録音した声で出演したのが最期の仕事となった。

2010年(平成22年)10月18日午前0時22分、老衰のため東京都内の自宅で死去[1]。102歳という年齢は、死去直前の時点で存命している日本の女性芸能人中、最高齢であった。因みに最長寿の芸能人は映画監督・脚本家犬塚稔(いぬづか みのる、1901年2月15日 - 2007年9月17日)である。

親族[編集]

兄は脚本家の長岡光一。上の妹(四女)の節子(みさおこ)は作曲家・指揮者の尾高尚忠の妻で、息子に作曲家の尾高惇忠と指揮者の尾高忠明がいる。末の妹(六女)陽子はチェロ奏者の倉田高の妻で、娘にチェロ奏者の倉田澄子がいる。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

著書・参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “「おしん」出演、長岡輝子さん死去…102歳” (日本語). 読売新聞. (2010年10月20日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20101020-OYT1T00549.htm 2010年10月20日閲覧。 
  2. ^ 「アテルイ」主な登場人物紹介”. シネマとうほく. 2016年6月21日閲覧。