長谷川季子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1953年

長谷川 季子はせがわ としこ1934年9月12日 - 、本名:同じ)は、日本の女優小野道子の芸名でも知られた。元宝塚歌劇団娘役[1]。父は俳優の長谷川一夫。母・たみは初代中村鴈治郎の次女。兄は俳優の林成年

来歴[編集]

大阪市南区出身。1950年京都の嵯峨野中学を卒業し宝塚音楽舞踊学校に入り、翌1951年宝塚歌劇団に入る。宝塚入団時の成績は34人中1位[1]である。38期生。同年、本名で東宝映画『若人の歌』に出演。その後いくつかの映画に出演。

1952年、宝塚では星組[1]に配属され、その後、雪組[1]異動となる。宝塚の最終出演公演は『日本の祭りと民謡/土蜘/フォスター物語』[1]である。

1956年3月31日[1]、宝塚歌劇団を退団し、大映に入社。同年、小野道子の芸名で『祇園の姉妹』で初主演。『愛の海峡』では川崎敬三を相手役に主演。その後は脇に回ることが多くなる。

1961年、芸名を本名の長谷川季子に戻す。

1962年、大映を退社し、舞台『銭形平次』で平次の女房役お静を長く務めた。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 若人の歌(1951年)
  • 七人の兄いもうと(1955年)
  • 祇園の姉妹(1956年)
  • スタジオは大騒ぎ(1956年)
  • 夜の河(1956年)
  • 惚れるな弥ン八(1956年)
  • 月形半平太 花の巻 嵐の巻(1956年)
  • 愛の海峡(1956年)
  • 四十八歳の抵抗(1956年)
  • いとはん物語(1957年)
  • スタジオはてんやわんや(1957年)
  • 鼠小僧忍び込み控 子の刻参上(1957年)
  • 大阪物語(1957年)
  • 朝の口笛(1957年)
  • 満員電車(1957年)
  • 残月講道館(1957年)
  • 万五郎天狗(1957年)
  • 銭形平次捕物控 女狐屋敷(1957年)
  • 森の石松(1957年)
  • 清水港喧嘩旅(1957年)
  • 春高樓の花の宴(1958年)
  • 母(1958年)
  • 忠臣蔵(1958年)
  • 大阪の女(1958年)
  • 巨人と玩具(1958年)
  • 赤線の灯は消えず(1958年)
  • 嵐の講道館(1958年)
  • 東海道の野郎ども(1958年)
  • 夜の素顔(1958年)
  • 血文字船(1958年)
  • 濡れた瞳(1959年)
  • 情炎(1959年)
  • お嬢吉三(1959年)
  • 電話は夕方に鳴る(1959年)
  • 女経 第三話 恋を忘れていた女(1960年)
  • 明日から大人だ(1960年)
  • からっ風野郎(1960年)
  • 扉を叩く子(1960年)
  • 歌行燈(1960年)
  • お琴と佐助(1961年)
  • 続悪名(1961年)
  • 黒の試走車(1962年)

テレビ番組[編集]

舞台[編集]

  • 江戸の紅葵
  • 花吹雪二人桜

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』小林公一・監修、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、48頁。ISBN 9784484146010。