閑院宮典仁親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
慶光天皇/閑院宮典仁親王
慶光天皇4740.JPG
慶光天皇廬山寺陵、京都市上京区廬山寺内
続柄 閑院宮直仁親王第二王子
身位 親王
敬称 殿下
出生 1733年4月1日
享保18年2月17日
死去 (1794-08-01) 1794年8月1日(満61歳没)
寛政6年7月6日
埋葬 1794年8月16日
寛政6年7月21日
廬山寺
配偶者 (妃)成子内親王
  (女房)大中臣祐智女
  (女房)りて
  (女房)紫雲院
  (女房)おさ
  (女房)大江磐代
  (女房)加久
  (女房)交野
子女 致宮
俊宮
方宮
良宮
弥数宮
時宮
孝宮
祐宮
寛宮
精宮
鏗宮
建宮
父親 閑院宮直仁親王
母親 讃岐
テンプレートを表示

閑院宮典仁親王(かんいんのみや すけひとしんのう、享保18年2月17日1733年4月1日) - 寛政6年7月6日1794年8月1日))は、江戸時代の宮家当主で皇族。幼名は「寿宮」(ひさのみや)。世襲親王家閑院宮第二代当主。光格天皇の父。閑院宮典仁親王の呼びかたは江戸期のもので、明治期以後は「慶光天皇」(きょうこうてんのう)または「慶光院」という。墓所は天皇号が追尊されたため「陵」を名乗っている。陵は廬山寺陵(京都市上京区)。

古今伝授伝承者に名を連ねる和歌の名手で、日野資矩などの公卿に指導した。能書家でもある。

系譜[編集]

東山天皇の孫で、閑院宮直仁親王の第二王子。養母は関白近衛基熙の娘、藤原脩子。実母は家女房の讃岐。御息所中御門天皇の第五皇女、成子内親王。

  • 妃:成子内親王(1729-1771)
  • 女房:大中臣祐智女
    • 第一皇子:致宮 のちに美仁親王(第三代閑院宮)(1757-1818)
  • 女房:りて
    • 第二皇子:俊宮 のちに守典親王、仁和寺宮 深仁入道親王(1759-1807)
    • 第三皇子:方宮 のちに保和親王、輪王寺宮 公璋入道親王(1760-1777)
  • 女房:紫雲院
    • 第四皇子:良宮 のちに保業親王、輪王寺宮 公延入道親王(1762-1803)
    • 第一皇女:弥数宮(1765-1768)
    • 第二皇女:孝宮 のちに宗恭女王(1769-1821)
  • 女房:おさ
    • 第五皇子:時宮 のちに周翰親王、妙法院宮 真仁法親王(1768-1805)
  • 女房:大江磐代(蓮上院)
    • 第六皇子:致宮 のちに師仁親王、兼仁親王(光格天皇)(1771-1840)
    • 第七皇子:寛宮 のちに嘉種親王、聖護院宮 盈仁法親王(1772-1830)
    • 第十皇子:建宮(1778-1780)
  • 女房:加久
    • 第八皇子:精宮(1774-1779)
  • 女房:交野
    • 第九皇子:鏗宮(1776-1777)

系図[編集]


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
114 中御門天皇
 
 
 
 
 
閑院宮直仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
115 桜町天皇
 
 
 
 
 
典仁親王 (慶光天皇)
 
倫子女王
 
鷹司輔平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
117 後桜町天皇
 
116 桃園天皇
 
美仁親王
 
119 光格天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
118 後桃園天皇
 
 
 
 
 
120 仁孝天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桂宮淑子内親王
 
121 孝明天皇
 
和宮親子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
122 明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

略歴[編集]

朝廷では、1779年に後桃園天皇が男子を残さないままに崩御した為、典仁親王の第六皇子として生まれた師仁親王(兼仁親王)が急遽即位した(光格天皇)。光格天皇は、父である典仁親王の宮中での地位が大臣より低い事から、太上天皇の尊号を贈ろうとしたが、江戸幕府老中松平定信などに反対され、贈る事はできなかった(尊号一件)。

1884年(明治17年)になり、明治天皇高祖父にあたるという事で「慶光天皇」の諡号と「太上天皇」の尊号が贈られた(明治以後に「太上天皇」制度が廃止された関係で二重の手続を要した)。以後、閑院宮典仁親王ではなく、慶光天皇または慶光院と称される。ただし歴代天皇の代数には数えられない。