関敬六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
せき けいろく
関 敬六
本名 関谷 敬二
せきや けいじ
生年月日 (1928-03-25) 1928年3月25日
没年月日 (2006-08-23) 2006年8月23日(満78歳没)
出生地 栃木県足利市
死没地 東京都千代田区
職業 コメディアン俳優声優
活動期間 1951年 - 2006年
主な作品
男はつらいよ』シリーズ
泣いてたまるか
受賞
第5回浅草芸能大賞激励賞
文化庁芸術祭優秀賞
お笑い浅草21世紀芸術祭大賞・演劇部門

関 敬六(せき けいろく、本名:関谷 敬二(せきや けいじ)、1928年3月25日 - 2006年8月23日)は、日本のコメディアン俳優声優栃木県足利市出身。

陸軍特別幹部候補生として従軍した後、1951年法政大学専門部を卒業した。

略歴[編集]

榎本健一のエノケン劇団を経て、浅草フランス座に所属した。当時は渥美清谷幹一もいて、三人で下積み時代を支えあった。1959年にはこのトリオでスリーポケッツを結成し、一躍お茶の間の人気トリオとなる。その後、スリーポケッツは解散し、1975年に自ら劇団を立ち上げる。主に浅草を中心に活躍し、浅草の舞台史を彩る人物であるが、その一方で、映画「男はつらいよ」シリーズやテレビでも活躍している。舞台や映画などでの精力的な活動が評価され、芸術祭優秀賞などを受賞している。その他の受賞歴も多い。

渥美とは一緒の位牌を作るほどの仲だったが、そんな関も渥美の家族や個人的な連絡先は知らなかったと言う。知るようになったのは「寅さんのお別れの会」に出席してからだという。

1996年の夏に渥美清の死にショックを受け脳梗塞で倒れた。このため同年公開の映画『虹をつかむ男』に出演予定だったが断念した。1年後に復帰し、渥美に関する講演会を行ったり渥美の墓に行っていたという。また、渥美を悼んで亡くなるまで剃髪していた。また、渥美の葬儀の際に涙を流しながら「どうして友達なのに(病気の事を)言ってくれなかったんだよ。」と語りかけたり、渥美の特集番組『渥美清の伝言』でも当時の渥美の状態について聞かれ「まさか癌になっているとは思わなかった」と涙ながらに語るなど渥美の死を悼んでいた。

海外アニメの声の吹き替えなど声優としても活躍した。ダチョウ倶楽部の持ちギャグ「ムッシュムラムラ」は、もともと関が海外アニメ・スーパースリー(1967年)と宇宙忍者ゴームズ(1969年)の吹き替えで掛け声として多用したものであり、さらにそのもとをたどれば、関が麻雀の時に発していた意味不明の掛け声であった。ドラマ青空にとび出せ!(1969年)ゲスト出演時には、知恵の輪を外す時に「ムッシュメラメラ」という掛け声を披露している。

2006年8月23日午前2時8分、肺炎のため東京都千代田区病院で死去[1]。78歳没。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

CM[編集]

シングル[編集]

  • 関やんのヨサホイ節(B面:浅草の唄)(1970年9月)

受賞歴[編集]

  • 第5回浅草芸能大賞奨励賞(1989年)
  • 文化庁芸術祭優秀賞(1991年) - 関敬六劇団第12回公演による
  • お笑い浅草21世紀芸術祭大賞・演劇部門(2004年)

弟子[編集]

  • 関遊六(お笑い浅草21世紀)

著書[編集]

  • 『俺はえんたーていなーだどー』(現代書林、1981年)
  • 『さらば友よ』(ザ・マサダ出版、1996年)-親友渥美清の没後回想、写真入り。

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 産経新聞 ENAK 関敬六氏 死去 コメディアン2013年4月29日、閲覧。