阿佐ケ谷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
阿佐ケ谷駅
南口(2008年8月)
南口(2008年8月)
あさがや
Asagaya
所在地 東京都杉並区阿佐谷南三丁目36-2
所属事業者 JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 カヤ
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
44,615人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1922年大正11年)7月15日
乗入路線 2 路線
所属路線 JC 中央線(快速)*
(正式には中央本線
駅番号 JC 08
キロ程 16km(神田起点)
東京から17.3km
JC 07 高円寺 (1.2km)
(1.4km) 荻窪 JC 09
所属路線 JB 中央・総武線(各駅停車)
(正式には中央本線)
駅番号 JB 05
キロ程 中央本線に同じ
千葉から53.4km
JB 06 高円寺 (1.2km)
(1.4km) 荻窪 JB 04
備考 みどりの窓口
区 東京都区内
* 平日のみ停車
テンプレートを表示

阿佐ケ谷駅(あさがやえき)は、東京都杉並区阿佐谷南三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である。駅番号は中央線快速電車がJC 08、中央・総武線各駅停車がJB 05

運転系統としては、急行線を走る中央線快速電車、および緩行線を走る中央・総武線各駅停車の2系統が停車する。ただし中央線快速電車は平日ダイヤ時のみ停車する(「中央線快速#快速停車駅に関する議論」も参照)。また、特定都区市内制度における「東京都区内」に属する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

急行線・緩行線それぞれに1面2線の島式ホームがある、計2面4線の高架駅。出口は中杉通りに抜ける改札口(東口)と駅ビルである阿佐ヶ谷ダイヤ街に抜ける改札口(西口)の2ヶ所がある。

2003年にJR東日本の改札外駅ナカ商業施設である「Dila 阿佐ヶ谷」が中杉通り側にオープンした(その後、2011年9月から12月までリニューアル及び一部店舗入れ替えのため一時閉店した)。

西口(阿佐ヶ谷ダイヤ街側)はダイヤ街の営業時間のみ利用可能となっている。また、自動券売機で販売されている乗車券はJR近距離区間の普通乗車券に限られているとともに、トクトクきっぷや東京メトロなどへの連絡乗車券も販売されていない。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 JB 中央・総武線(各駅停車) 西行 三鷹方面
2 東行 新宿千葉方面
T 地下鉄東西線方面
東西線は西船橋駅から TR 東葉高速線JB 総武線(各駅停車)へ直通
3

JC 中央線(快速)
※平日のみ停車

下り 立川・八王子・高尾方面 立川駅から JC 青梅線へ直通
青梅方面行の列車)
4 上り 中野・新宿・東京方面

(出典:JR東日本:駅構内図

  • 土曜・休日は中央線(快速)の全列車が通過するため、3・4番線ホームが閉鎖される(立入禁止になる)。
  • 緩行線の列車の三鷹駅より先ならびに東京駅への直通は早朝・深夜のみである。急行線の全列車が通過する土曜・休日のそれ以外の時間帯については、一度1・2番線の列車に乗車し、中野駅や三鷹駅で乗り換えることになる。
  • 早朝・深夜に運転される中央線東京行各駅停車は2番線、東京発各駅停車は1番線から発車する。平日深夜下りの武蔵小金井・立川・八王子・高尾方面行きの各駅停車は、1・3番線双方から発車するため、電光掲示板にて発車時刻の確認が必要である。
  • 平日の中央線下り快速(3番線発)は中野駅以西の各駅に停車するので「各駅停車」と案内され、E233系では「快速」表示も行われない。
  • 中央線快速は、2020年代前半(2021年度以降の向こう5年以内)をめどに快速電車へ2階建てグリーン車を2両連結させ12両編成運転を行なう。そのため、今後12両編成の列車が停車できるようにホームを延長する工事などが実施される[2][3]

利用状況[編集]

2015年度の1日平均乗車人員44,615人であった。

近年の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗車人員[4][5]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1992年(平成04年) 46,934 [* 1]
1993年(平成05年) 47,005 [* 2]
1994年(平成06年) 45,912 [* 3]
1995年(平成07年) 45,388 [* 4]
1996年(平成08年) 45,537 [* 5]
1997年(平成09年) 44,561 [* 6]
1998年(平成10年) 44,085 [* 7]
1999年(平成11年) [JR 1] 43,744 [* 8]
2000年(平成12年) [JR 2] 43,724 [* 9]
2001年(平成13年) [JR 3] 43,935 [* 10]
2002年(平成14年) [JR 4] 44,039 [* 11]
2003年(平成15年) [JR 5] 44,204 [* 12]
2004年(平成16年) [JR 6] 43,970 [* 13]
2005年(平成17年) [JR 7] 43,869 [* 14]
2006年(平成18年) [JR 8] 44,566 [* 15]
2007年(平成19年) [JR 9] 45,255 [* 16]
2008年(平成20年) [JR 10] 44,699 [* 17]
2009年(平成21年) [JR 11] 44,303 [* 18]
2010年(平成22年) [JR 12] 43,800 [* 19]
2011年(平成23年) [JR 13] 43,096 [* 20]
2012年(平成24年) [JR 14] 43,538 [* 21]
2013年(平成25年) [JR 15] 44,298 [* 22]
2014年(平成26年) [JR 16] 44,101 [* 23]
2015年(平成27年) [JR 17] 44,615 [* 24]

駅周辺[編集]

周辺は住宅街であり、駅周囲には商店街も多い。南口には長大な商店街、阿佐谷パールセンターがある。この商店街では8月の第1週目に阿佐谷七夕まつりが開催され、アーケードを多くの飾りや人形が彩る他、当駅構内にも七夕飾りが設置される。また、北口にはスターロード、北口アーケード街などがある。

北口・南口とも[編集]

  • 中杉通り
  • ゴールド街・ゴールドストリート - 高架下

南口[編集]

北口[編集]

バス路線[編集]

北口[編集]

長らく「阿佐谷駅」を名乗っていたが、2011年11月15日から「阿佐ヶ谷駅」に改称された。

関東バス

乗り場(1)

乗り場(2)

  • 阿01:第九小学校・阿佐谷北六丁目・鷺ノ宮駅経由 中村橋駅
  • 阿04・05:第九小学校・阿佐谷北六丁目経由 白鷺一丁目行
  • 第九小学校経由 阿佐谷営業所行

乗り場(3)

  • 阿03:下井草駅経由 中村橋駅行(早朝1本のみ)
  • 阿50:下井草駅経由 石神井公園駅
  • 阿51:下井草駅行
  • 阿佐谷営業所行

乗り場(4)

  • 阿02:荻窪駅経由 白鷺一丁目行
  • 阿05:荻窪駅行

南口[編集]

2011年10月24日より全路線ののりばが元の場所に戻った。

西武バス 
都営バス京王バス東
杉並区コミュニティバス「すぎ丸
  • けやき路線:浜田山駅
  • けやき路線:浜田山駅経由 永福町行(平日夜のみ)

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道
JC 中央線(快速)
特別快速「ホリデー快速おくたま・あきがわ」・通勤特快・中央特快・青梅特快・通勤快速(以上は全列車)・快速(土曜・休日)
通過
快速(平日、下り高尾方面は「各駅停車」扱い)
高円寺駅 (JC 07) - 阿佐ケ谷駅 (JC 08) - 荻窪駅 (JC 09)
JB 中央・総武線(各駅停車)・T 東西線直通
高円寺駅 (JB 06) - 阿佐ケ谷駅 (JB 05) - 荻窪駅 (JB 04)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ イベント「阿佐谷ジャズストリート」にちなみ、ジャズ風のアレンジになっている。
  2. ^ 中央快速線等へのグリーン車サービスの導入について 東日本旅客鉄道 2015年2月4日
  3. ^ JR東日本、中央線のグリーン車計画を延期 産経新聞 2017年3月24日
  4. ^ 杉並区 区政資料 - 杉並区統計書
  5. ^ 東京都統計年鑑

出典[編集]

JR東日本の1999年度以降の乗車人員
東京都統計年鑑

関連項目[編集]