阿波郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
徳島県阿波郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域)

阿波郡(あわぐん)は徳島県阿波国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

古代[編集]

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
阿波郡 2座(並小)
建布都神社 タケフツノ (論)建布都神社 徳島県阿波市市場町香美
(論)建布都神社 徳島県阿波市土成町郡
(論)赤田神社 徳島県阿波市土成町成当
(論)伊笠神社 徳島県阿波市市場町犬墓
(論)(合祀)八幡神社 徳島県阿波市市場町香美
事代主神社 コトシロヌシノ 事代主神社 徳島県阿波市市場町伊月
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

切幡村、興崎村、尾開村、市場町、香美村、山野上村、八幡町、秋月村、伊月村、西野川村、久千田村[1]、勝命村、大俣村、上喜来村、犬墓村、日開谷村、大影村、柿原村、土成村、浦池村、成当村、水田村、郡村、知恵島村、粟島村、大野島村、西林村、伊沢村、小倉原村、東林村

町村制以降の沿革[編集]

1.柿島村 2.土成村 3.八幡村 4.市香村 5.大俣村 6.久勝村 7.伊沢村 8.林村(赤:阿波市 紫:吉野川市)
  • 明治22年(1889年10月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。特記以外は全域が現・阿波市。(8村)
    • 柿島村 ← 柿原村(現・阿波市)、知恵島村(現・吉野川市)
    • 土成村 ← 土成村、成当村、郡村、浦池村、水田村[大部分]、秋月村、伊月村[一部]
    • 八幡村 ← 粟島村、八幡町、大野島村、山野上村、伊月村[大部分]、切幡村、水田村[一部]
    • 市香村 ← 市場町、興崎村、香美村、尾開村、上喜来村[一部]
    • 大俣村 ← 大俣村、日開谷村、犬墓村、大影村、上喜来村[大部分]
    • 久勝村 ← 勝命村、久千田村
    • 伊沢村 ← 伊沢村、小倉原村、東林村[一部]
    • 林村 ← 西林村、東林村[大部分]
  • 明治24年(1891年4月1日 - 郡制を施行。
  • 明治40年(1907年11月1日 - 市香村が町制施行・改称して市場町となる。(1町7村)
  • 明治41年(1908年7月20日 - 八幡村が町制施行して八幡町となる。(2町6村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和3年(1928年)11月1日 - 林村が町制施行して林町となる。(3町5村)
  • 昭和26年(1951年11月3日 - 久勝村が町制施行して久勝町となる。(4町4村)
  • 昭和30年(1955年3月31日(2町1村)
    • 八幡町・市場町・大俣村が合併し、改めて市場町が発足。
    • 久勝町・伊沢村・林町が合併して阿波町が発足。
    • 土成村が板野郡御所村と合併して板野郡土成町が発足。
  • 昭和32年(1957年)3月31日 - 柿島村が分割し、一部(柿原)が板野郡一条町と合併して板野郡吉野町が発足。残部(知恵島)が麻植郡鴨島町に編入。(2町)
  • 平成17年(2005年)4月1日 - 市場町・阿波町が板野郡吉野町・土成町と合併して阿波市が発足し、郡より離脱。同日阿波郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 久千田村・中野村に分かれて記載。
  2. ^ 布達は前年12月6日だが、本項では実施日とした。

参考文献[編集]

関連項目[編集]