陳錫聯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
陳錫聯
プロフィール
出生: 1915年1月4日
死去: 1999年6月10日
出身地: 中華民国の旗 中華民国湖北省黄岡市紅安県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 陳錫聯
簡体字 陈锡联
拼音 Chén Xīlián
和名表記: ちん しゃくれん
発音転記: チェンシーリエン
テンプレートを表示

陳錫聯(ちん しゃくれん、1915年1月4日 - 1999年6月10日)は中華人民共和国の軍人。上将。

概要[編集]

1915年1月4日湖北省黄岡市紅安県生まれ。かつての名前は「陳錫廉」。生地の紅安県は、中国解放軍の将軍を多数選出した地とされる。野戦軍を中心に転戦を重ね、軍区司令員、重慶市長、砲兵学院院長、党要職、国務院副総理などを歴任し、上将(大将)。百団大戦上党戦役、邯鄲戦役など多くの重要戦闘に参戦した。李先念国家主席は戦友とされる。一級八一勲章、一級独立自由勲章、一級解放勲章、一級紅星功勲栄誉章を叙勲。解放軍から「陈锡联回忆录(陳錫聯回顧録)」が出版されている。

来歴[編集]

  • 1915年1月 湖北省黄岡市紅安県生まれる
  • 1929年4月 中国工農紅軍に参加
  • 1930年 中国共産主義青年団に加入
  • 1930年8月 中国共産党党員
  • 1933年 紅30軍88師263団営教導員、団政委
  • 1934年 紅4軍11師副師長、師政委
  • 1935年 紅4軍10師政委および師長、紅4軍11師政委および師長、八路軍第129師385旅769団団長
  • 1937年 八路軍第129師769団長、副旅長。太行軍区分司令員、太行縦隊司令員
  • 1938年4月 385旅副旅長
  • 1938年6月 385旅旅長
  • 1943年3月 太行軍区第3軍分区司令員
  • 1943年8月 延安中央党校にて学習
  • 1945年6月 129師太行縦隊政委、晋冀魯予軍区、晋冀魯予野戦軍第三縦隊司令員
  • 1948年5月 中原野戦軍第3縦隊司令員
  • 1949年2月 二野第三兵団司令員、兵団党委副書記
  • 1949年 解放軍第三兵団司令員、兵団党委副書記、川軍区司令員(兼任)
  • 1949年10月 西南局委員(兼任)
  • 1949年12月 重慶市第一書記、重慶市長、川東軍区軍区司令員
  • 1950年1月 重慶市政協主席
  • 1950年6月 西南軍政委員会委員
  • 1950年4月 解放軍炮兵司令員、臨時党委書記、党委書記
  • 1954年11月 解放軍総軍機械部部長
  • 1955年-1957年 南京軍事学院戦役係にて学習
  • 1955年 上将に任じられる
  • 1957年 解放軍砲兵学院院長(兼任)
  • 1959年10月 瀋陽軍区司令員、党委第二書記、第三書記、第一書記
  • 1960年10月 東北局書記処にて書記に任じられる
  • 1968年5月 遼寧省革委会主任
  • 1970年3月 遼寧省革委会党的核心小組組長
  • 1971年1月 遼寧省委第一書記
  • 1969年4月 中共中央軍委委員
  • 1973年12月 北京軍区司令員、党委第一書記
  • 1975年1月 国務院副総理
  • 1975年2月 中共中央軍委常委、中央政治局委員、ほか
  • 1955年9月 上将に任じられる。合わせて一級八一勲章、一級独立自由勲章、一級解放勲章も叙勲す。
  • 1988年7月 一級紅星功勲栄誉章を叙勲。
  • 1999年6月10日 北京にて死去。享年84。

参考文献[編集]

陈锡联 著 《陈锡联回忆录》 解放军出版社 2007年8月第二版 ISBN 978-7-5065-5418-3

脚注[編集]

関連項目[編集]

軍職
先代:
鄧華
中国人民解放軍陸軍の旗 瀋陽軍区司令員
第3代:1959年10月 - 1973年12月
次代:
李徳生
先代:
李徳生
中国人民解放軍陸軍の旗 北京軍区司令員
第5代:1973.12-1980.01
次代:
秦基偉