雄藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

雄藩(ゆうはん)とは、江戸時代日本における勢力の強いのこと。経済力や政治力のある有力藩に対する呼称。

江戸時代初期は、石高(表高)が大きい藩やなどの鉱山を所有する藩、新田開発で裏高が大きくなった藩など、特に経済力の大きい外様の藩について「雄藩」と呼ばれた。加賀藩(100万石)、薩摩藩(77万石)、仙台藩(62万石)などが代表例である。

江戸時代末期は、薩摩藩、長州藩土佐藩肥前藩(以上「薩長土肥」)、宇和島藩越前藩福岡藩など、主に西日本の諸藩が財政改革に成功して経済力をつけ、軍備拡充と人材登用で国政における発言力を増し、「雄藩」と呼ばれるようになった。そのため石高との相関は小さい。また、水戸藩も政治的発言力を背景に「雄藩」と呼ばれた。