霧立のぼる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
きりたち のぼる
霧立 のぼる
霧立 のぼる
1938年
本名 島田 キミ
生年月日 (1917-01-03) 1917年1月3日
没年月日 (1972-03-22) 1972年3月22日(満55歳没)
出生地 日本の旗東京都
死没地 日本の旗東京都港区
国籍 日本
民族 日本人
職業 女優
ジャンル 宝塚歌劇映画舞台テレビドラマ
活動期間 1934年 - 1971年(宝塚歌劇団退団後)
配偶者 佐伯秀男(俳優)
1942年 - 1944年
北竹清剛
1949年 - 1956年
著名な家族 娘:霧立はるみ(元女優)
主な作品
三聯花(1935年 田中重雄)
人情紙風船1937年 山中貞雄
虞美人草1941年 中川信夫

霧立 のぼる(きりたち のぼる、本名:島田キミ1917年大正6年)1月3日 - 1972年昭和47年)3月22日)は元宝塚少女歌劇団娘役で日本の女優東京都出身。愛称はしまちゃん[1](本名に由来する。)。

この芸名は小倉百人一首の第87番:寂蓮法師の「叢雨の 露も未だ乾ぬ 真木の葉に 霧立ち昇る 龝の夕暮れ(むらさめの つゆもまだひぬ まきのはに きりたちのぼる あきのゆふぐれ)」から命名された。

宝塚歌劇団卒業生で元女優の霧立はるみ(本名:鬼武治美、1943年生まれ)は俳優佐伯秀男との間にできた一人娘。

来歴・人物[編集]

東京市に父・重穂と母・さよの三人姉妹の長女として出生。東京市渋谷区穏田にある穏田小学校を卒業後、1929年昭和4年)に青山学院高等女学部(現・青山学院中等部)に入学するが、1930年(昭和5年)4月に中退して宝塚少女歌劇団に入団。宝塚歌劇団20期生。同期生に宇知川朝子、尾上さくら久邇京子、竹田鶴子らがいる。娘役で活躍する。1934年(昭和9年)に入江たか子の実兄・東坊城恭長にスカウトされて宝塚少女歌劇団を退団して入江プロに入社する。同年、入江プロを経て入社した新興キネマより「世紀の青空」で映画初出演。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • 『世紀の青空』(1934年、新興
  • 『春姿娘道中』(1935年、新興)
  • 『明けゆく空』(1935年、新興)
  • 『鐵路』(1935年、新興)
  • 『釣鐘草』(原作/吉屋信子花物語』、1935年、新興)
  • 花嫁学校』(1935年、新興)
  • 龍涎香』(原作/久米正雄、1935年、新興)
  • 『暁の麗人 前篇 千賀子の巻』(1935年、新興)
  • 『暁の麗人 後篇 弓子の巻』(1935年、新興)
  • 『三聯花』(原作/吉屋信子、1935年、新興)
  • 『武器なき人々』(1936年、新興)
  • 『女の友情 愛と暴風篇』(1936年、新興)
  • 『真夜中の酒場』(1936年、新興)
  • 櫻の園』(1936年、新興)
  • 街の姫君』(1936年、新興)
  • 『大地の愛』(1936年、新興)
  • 『新月抄』(原作/久米正雄、1936年、新興)
  • 雪崩』(1937年、東宝
  • 『お嬢さん』(原作/吉屋信子、1937年、東宝)
  • 人情紙風船』(1937年、東宝)
  • 『美しき鷹』(1937年、東宝)
  • 『四ツ葉のクローバ』(1938年、東宝)
  • 瞼の母』(1938年、東宝)
  • 』(1938年、東京発声
  • 『チョコレートと兵隊』(1938年、東宝)
  • 『エノケンの鞍馬天狗』(1939年、東宝)
  • 『女の教室 学校の巻 七つの俤』(1939年、東宝)
  • 『女の教室 中・後篇』(1939年、東宝)
  • 白蘭の歌』(原作/久米正雄、1939年、東宝)
  • 虞美人草』(原作/夏目漱石、1941年、東宝)
  • 『希望の青空』(1942年、東宝)
  • 『怪猫岡崎騒動』(1954年、大映
  • 楊貴妃』(1955年、大映)

テレビドラマ[編集]

  • 日真名氏飛び出す』(1955年、KRT
  • 『海風が吹けば』(1956年、NHK
  • 『無言歌』(1957年、NHK)
  • 『菜種河豚』(1957年、KRT)
  • 『胡椒息子』(1957年、KRT)
  • 『ほほえみ一家』(1958年-1962年、KRT)
  • 風雪』「漱石山房」(1965年、NHK) - 夏目鏡子
  • 特別機動捜査隊』 第221話「青春喪失」(1966年、NET

エピソード[編集]

佐伯秀男(1955年)
  • 一番目の夫であった佐伯秀男(さえき・ひでお=俳優、本名:鬼武秀治=おにたけ・ひではる、1912年(明治45年)1月9日 - 2003年(平成15年)11月1日)は東京都出身で成瀬巳喜男監督の「雪崩」などで霧立と共演して、篠崎誠監督の「忘れられぬ人々」(2000年)にも出演した。なお、晩年は「現役最高齢の男性ファッションモデル」、「現役最高齢の男性ボディービルダー」として雑誌やテレビ番組などで紹介されており、1993年には81歳で、上岡龍太郎がズバリ!の「男性ボディービルダー50人」の回に33番目の男性ボディービルダーとしてテレビ出演をした。2003年11月1日午後7時35分、胃がんのため逝去。享年91。
  • 胡桃沢耕史の『黒パン俘虜記』において、モンゴルラーゲリに抑留された日本人兵士の主人公達が、同地で出会った日本の民主聯盟の「思想調査員」の中の一人の美少女を見て、女優の霧立のぼるに似ていると合意する場面があり、霧立のぼるが当時の青年達にとって憧れの存在であったことが分かる[2]

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

  • 佐藤忠男、丸尾定、登川直樹『新興キネマ 戦前娯楽映画の王国』、山路ふみ子文化財団、1993年

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 婦人倶楽部』、講談社、1937年1月号
  2. ^ 胡桃沢耕史1986『黒パン俘虜記』文芸春秋:245