青木英美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
あおき ひでみ
青木 英美
別名義 青木 邑子、青木 邑木
生年月日 1953年1月31日(63歳)
出生地 日本の旗 日本東京都新宿区
職業 女優ファッションモデル
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1970年 -
著名な家族 長男
主な作品
飛び出せ!青春
太陽にほえろ!

青木 英美(あおき ひでみ、1953年1月31日 - )は、日本女優モデル東京都新宿区出身。ネポエット所属。

来歴・人物[編集]

1969年、16歳の時にミス・ヤング・インターナショナル世界大会に出場した事を機に、コマーシャル等出演、その後東宝に入社。主に1970年代、東宝が制作する映画やテレビドラマを中心に多数出演するようになった。『金メダルへのターン!』『飛び出せ!青春』を筆頭に学園ドラマでの女生徒役が多い。

一躍人気を得たのは1972年に出演した村野武範主演の『飛び出せ!青春』の森下真樹というセクシーな女生徒役で、大田黒久美が演じた清楚な女生徒の生田みどりと対照的な役柄で、視聴者の間で真樹派、生田派と人気を二分した。中村雅俊主演の続篇的な作品である1974年の『われら青春!』にも引き続き森下真樹役として出演したほどで、青木の代表的な役といえる。また、1973年7月から1年間『太陽にほえろ!』にレギュラー出演。ジーパン刑事松田優作)の初登場と同じ日に七曲署捜査第一係の初代内勤員(お茶くみも担当)としてレギュラー出演開始、早速ゴリさん(竜雷太)や長さん(下川辰平)、そしてボス(石原裕次郎)までがその脚線美に思わず見とれてしまうシーンが描かれたりするなど、事件多発の七曲署に涼しげな清涼剤となった。

1974年4月号の月刊プレイボーイ誌には青木邑子名義でグラビアに登場している。 1978年頃を境に女優活動から一旦引退状態となるが、2000年代に入り女性誌『ミセス』『ミマン』のモデルなどの活動を再開。CMや舞台、テレビドラマ、CS「ショップチャンネル」にも出演。

2007年からは、青春学園シリーズ(日本テレビ・東宝製作)でも共演した旧知の赤塚真人が座長を務める「劇団裏長屋マンションズ」にも参加。小劇場の舞台でも活動している。

2011年に発生した東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県女川町が、日本テレビのドラマ『われら青春!』で共演した中村雅俊の故郷であることから、同作品の共演者・スタッフを中心としたボランティア団体「われら青春! 女川復興支援隊」を結成し、代表を務めている。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

第1話〜第10話は青木英美名義、第20話は青木邑木名義での出演。

その他のテレビ番組[編集]

映画[編集]

  • 飛び出せ!青春(1973年3月17日、テアトル・プロ、東宝
  • グアム島珍道中(1973年12月29日、東宝)主演:酒井和歌子
  • 急げ!若者(1974年7月20日、東宝)
  • 青春の海(1974年9月21日、東宝)主演:原田大二郎
  • SEVEN NIGHTS IN JAPAN(1976年、イギリス制作映画)出演:丹波哲郎
  • SAITIP (タイ映画)

舞台[編集]

  • 晴れたらいいね(2004年1月23日‐1月25日、東京芸術劇場小ホール)共演:梅田智子。演出:剛たつひと
  • 晴れたらいいね第2章 道しるべ(2005年1月13日‐1月15日、内幸町ホール)共演:大田黒久美。演出・脚本:剛たつひと
  • うちのテレビにゃ色がない!(2006年1月30日‐2月2日、新宿スペース107)共演:森山周一郎、剛たつひと、神取忍井上貴子
  • 掌一杯の温もり―親子戦争(2007年1月30日-2月3日、内幸町ホール)共演:赤塚真人、梅田智子、水沢有美、関口昭子。演出・脚本:高瀬昌弘

劇団 裏長屋マンションズ 公演

  • 2008年 - 劇団 裏長屋マンションズ お披露目公演「裏マン寄席 其の一」寄席形式で俳優による演芸を披露。座長の赤塚は長編の古典落語に挑戦した。於:シアター代官山
  • 2008年 - 星槎笑い!感動!劇場「8・12 〜絆〜」於:生涯学習センター ラディアン(神奈川県二宮町
  • 2008年 - 劇団 裏長屋マンションズ本公演第1弾「8・12 〜絆〜」於:シアター代官山
  • 2009年 - 劇団 裏長屋マンションズ店子たちだけ公演「秘密の話園〜アダムとイヴのそこんとこ聞かせて〜」於:シアター代官山
  • さよならは言わない 病室より愛をこめて2(2013年6月18日‐23日、シアター代官山)赤塚真人原作・脚本・演出・主演

CM[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  • 朝がしらじら明けるまで / 淋しさを残して(1972年、東宝レコード)
  • ひとつの年のかわりめに / 恋のあしあと(1972年)
  • 胸騒ぎ / 女ばなし(1973年、東宝音楽出版

参考文献[編集]

中村深海/著『永遠の東宝映画俳優』青木英美インタビュー くまがい書房、2014年

所属事務所[編集]

関連項目[編集]