青空球児・好児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

青空球児・好児あおぞら きゅうじ・こうじ)は、漫才協会所属の漫才コンビである。青空一門

1965年に結成。1973年に第21回NHK新人漫才コンクール優勝。1979年に真打昇進。

故郷を紹介するネタ(ぼくの故郷)での「ゲロゲ~ロ」のギャグ、逆さ漫才(君の名は、むっつり右門捕物帖)、国定忠治などで有名。漫才をするときは、センターマイクを使わない。現役の漫才師で最も古いコンビである。

メンバー[編集]

  • 青空 球児(本名:下地 康夫[1](しもじ やすお) (1941-08-17) 1941年8月17日(75歳)[1] - )
神奈川県横浜市鶴見区出身。ボケ担当。社団法人漫才協会会長。高輪商業(高輪中学校・高等学校)卒。
ゲロゲ~ロ」のギャグで有名。森川信の芸能学校の出身。コロムビア・トップに師事するが、1960年に浅草公園六区の「東洋劇場」でコメディアンの修行を始める。「トリオ・ザ・パンチ」、「ナンセンストリオ」、「トリオスカイライン」のそれぞれの初代メンバーを経て、漫才コンビを結成。現在の好児とコンビを組み直した後人気が出た。なお、コロムビア・トップ死去時の葬儀委員長も務めた。
  • 青空 好児(本名:谷田部 政視[1](やたべ まさのり) (1943-10-02) 1943年10月2日(73歳)[1] - )
東京都三鷹市出身、父親が戦死している為父親には会ったことがない。、ツッコミ担当。通称は「ルパン」。中野電波高等学校卒。

「トリオ・ハッスル」(メンバーは青空球児と好児ともう一人)で石原裕次郎、舟木和夫などの歌謡ショーに出演していた。

世田谷区PTA会長を5年間務め、1998年に世田谷区立中PTA会長としての活動で区の給食職員の人件費を年間4億円削減するなどの成果を上げる。2003年に世田谷区議会議員(定数52)に立候補し当選(5538票、72名中4位)。無所属2007年、再選(5151票、71名中11位)。2011年、三選(4268票、82名中21位)。2015年、四選(3724票、82名中34位)。

エピソード[編集]

  • 球児が組んでいたコンビの相方と呑み屋で喧嘩別れし、その時たまたま一緒に居た好児に「明日、ヒマか?」と誘いをかけ、そのまま翌日の仕事からコンビを組んだと云う[2]

テレビ[編集]

球児・好児[編集]

アニメ[編集]

  • 新・ど根性ガエル - 五利良 イモ太郎〈ゴリライモ〉(球児)、野村裕次郎〈モグラ〉(好児)

青空球児[編集]

青空好児[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

青空球児[編集]

青空好児[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、11頁。ISBN 978-4-8169-1852-0。
  2. ^ 2009年11月4日、お好み寄席 (NHKBSハイビジョン) 出演時に球児談。

出典[編集]

関連項目[編集]

一般社団法人漫才協会 公式サイト(仕事依頼はこちらから)[編集]

A

世田谷区議会議員|青空こうじ[編集]