青芝フック・キック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
青芝フック・キック
メンバー 青芝フック
青芝キック
結成年 1971年
解散年 1996年
事務所 和光プロダクション
芸種 漫才
公式サイト 和光プロHP
テンプレートを表示

青芝フック・キック(あおしばフック・キック)は、昭和時代後期から平成時代初期まで活躍した漫才のコンビ。

和光プロダクションに所属し、道頓堀角座を中心に活躍した。

1968年、フックがかつて参加し、一世を風靡した漫画トリオが解散、新しい相方を求めたフックは出身高校の4年後輩のキックとコンビ結成。フックの軽妙なしゃべくり、練りこんだキックとのテンポ良い掛け合いを売りにした知性派漫才を売りにした正統漫才。非常に玄人受けするもので、作家・小林信彦の著作でも絶賛を受けている。

社会風刺の行なう「ニュース寄席」というイベントを定期的に行なった。

1996年頃にキックが体調を崩したことでコンビを解散。

のちにフックは関西演芸協会に所属しピン芸人として活躍している。

メンバー[編集]

  • 青芝フック(あおしばフック、1938年3月12日 - )本名:小島斌(あきら)
青芝フック
本名 小島 (あきら)
生年月日 (1938-03-12) 1938年3月12日(79歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市
方言 関西弁
コンビ名 青芝フック・キック
相方 青芝キック
芸風 漫才
事務所 和光プロダクション
  • 青芝キック(あおしばキック 1942年1月31日 - )本名:山口忠郎
    • ツッコミ担当
    • 大阪市立東商業高等学校卒業(4年後輩になる)。
    • 最初は劇団プロメテに入団、その後商業演劇に移り、1959年4月に大阪新歌舞伎座で舞台を踏む。
    • 解散と同時に芸能界を引退。現在は一般人である。歌手の北原謙二は小学校の同窓。

受賞[編集]

出演(コンビとして)[編集]

TV[編集]

ラジオ[編集]

  • フック・キックの奥さん言うてェな〜(CBCラジオ

CM[編集]

  • 原野産業 しゃり弁太郎(1976年)

出演(フックのみ)[編集]

TV[編集]

※太字は司会としての出演番組

CM[編集]

  • ゆりや(1987年)
  • 昆布の黄金屋(ラジオCM

師匠[編集]

弟子[編集]

  • 青芝金太・紋太(解散後は紋太はモンタに改名)
  • 青芝まさお・あきら
  • 青芝金之助・銀之助
  • 青芝幸之助・福之助
  • 青芝一世・八世

出典[編集]