青芝金太・紋太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

青芝金太・紋太(あおしばきんた・もんた)は、昭和後期に活躍した日本漫才師。元和光プロダクション所属。

メンバー[編集]

  • 青芝 金太(あおしば きんた、1957年3月8日 - )本名:木下賀津文。長野県出身。漫才ではツッコミ。
  • 松竹芸能タレント養成所の出身。その後1977年青芝フックに入門。
  • 最初は兄と「青芝金之助・銀之助」の金之助の名で活動していたが1年足らずで解散した。
  • 青芝 紋太(あおしば もんた、1956年7月17日 - )本名:渡辺信夫。大阪府出身。漫才ではボケ。
  • 1976年にモノマネ芸人の田渕岩夫に入門。その後、青芝フック門下に移籍。
  • 北島三郎五木ひろしのモノマネを得意とした。
  • 痛快!明石家電視台 」の「松竹芸能芸人大集合」の際、松竹の若手芸人が青芝モンタの話をした際、明石家さんまが「紋太くんやろ?昔、よぅ仕事してん。面白いよ、紋太くん」と懐かしんだ。
  • ちなみに、さんまも、金太・紋太も「焼きそばバゴーン」のCMに出演したことがある。
  • 2010年に「3気音頭~元気・陽気・勇気~」「だからの歌」をリリースしている。


来歴[編集]

  • 1978年にコンビ結成。同年1月に新世界新花月で初舞台。テンポのよい「ヒガミ漫才」が売りだった。
  • 師匠は元漫画トリオの横山フック(現・青芝フック)。芸名は、顔が「金太郎」に似ていることから“金太”。顔が「猿」に似ていることから“モンキー”で“金太・紋太”になった。
  • お笑いスター誕生!!』でグランプリを受賞するなどの活躍を見せた。しかし松竹芸能からの移籍話を断ったため、関西での出演舞台が減少。東京で活動を続けたが、金太の引退によって1983年に解散した。
  • ファンへの解散報告は、ラジオ関西の深夜番組『真夜中ギンギラ大放送』最終回にて。エンディングの「さよ~ならぁ~」と言った後、紋太が「金太・紋太も解散しまーす」と語るのみだった。
  • 1994年9月にマジックゼンジー・一億と「モンタ&一億」を結成。2005年10月にコンビ解散。再びピンとなる。長らく所属した和光プロから離れ、現在、モンタは「アチーブ・プロジェクト」所属。
  • 現在は関西演芸協会に所属してピン活動を行うとともに、師匠の青芝フックと「青芝フック・モンタ」を結成し、関西演芸協会まつりや法善寺寄席等に出演している。


出演[編集]

テレビドラマ[編集]

受賞歴[編集]

参考文献[編集]

  • 「現代上方演芸人名鑑」(少年社、1980年