青野敏行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
あおの としゆき
青野 敏行
生年月日 (1960-03-05) 1960年3月5日(57歳)
出生地 日本の旗 日本 愛媛県今治市
身長 175 cm
血液型 B型
職業 お笑いタレント俳優ナレーター
ジャンル 舞台(吉本新喜劇
活動期間 1980年 -
配偶者 あり
備考
体重72kg

青野 敏行(あおの としゆき、1960年3月5日 - )は、日本お笑いタレント俳優ナレーターである。

愛媛県今治市出身。吉本興業所属。吉本新喜劇所属。

来歴・人物[編集]

愛媛県立今治南高等学校卒業。

師匠はチャンバラトリオ

物まねチャンピオン大会で戦ったのが、当時高校生だったとんねるず木梨憲武

四角い顔で浪花節的な濁りの入った渋い声の持ち主で、時代劇俳優指向が強い。声質を活かし、ナレーションも務めている(「出演番組」の項を参照)。

芸歴[編集]

俳優として東映ニューフェイスでデビュー[1]。上京したが出戻り、漫才コンビを組んで大阪へ。チャンバラトリオ南方英二に弟子入りするが、あまりのキツさに一度は逃げ出し、故郷へ帰り調理師をしていたという。しかし再度修業に励み、1986年漫才コンビポテトフライ」を結成して多数の賞を得るが、1990年に解散(相方の宇野ポテトはVシネマのミナミの帝王シリーズで方言指導や脇役を務めた)。1997年秋に新喜劇に入団。

ネタ[編集]

得意の時代劇口調を生かし、決め場になると悪代官など時代劇の口調でしゃべりだす。

  • 物真似。(名前を聞かれた後で)「大滝秀治です。やずや、やずや、山の神様がくれた水、南アルプスの天然…」(大滝秀治の真似をする)このあと安尾信乃助に真似される。他にも三文字の言葉が出てくる時にも、大滝秀治の真似をする(例:伊豆や、伊豆や。バレた、バレた。毒や、毒やなど)。
  • 桑田佳祐のバッタもんや!」「物まねして」とすっちーから言われると物まねをするが、「全然似てないやん」と突っ込みを入れられる。
  • 「お待たせいたしました」と村西とおるが登場するものまねをよくしている。
  • 羽織・袴姿で槍を振りかざし、俵星玄蕃を熱演(これは新喜劇のギャグとしてではなく、結婚式の余興や宴会芸として披露)。

エピソード[編集]

  • 2015年9月11日、大阪市都島区に『どんと来い』という焼肉店をオープンしたが現在は閉店。現在は『豚喰』という「なにわ星の豚」の専門店をプロデュースしている。
  • 2016年、『なるみ・岡村の過ぎるTV』にて「吉本の味噌汁御三家」として紹介され、特製の味噌汁を紹介される。以降も特製のカレー、チャーハン、餃子などの自慢の料理が紹介されている。

受賞歴[編集]

出演番組[編集]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 浅香あき恵ブログ「あき恵ちゃんのチョベリグ日記」:ニューフェース時代・調理師時代・ポテトフライ時代の写真が掲載

関連項目[編集]