頭師佳孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ずし よしたか
頭師 佳孝
生年月日 (1955-03-19) 1955年3月19日(62歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府門真市
職業 俳優、元子役
著名な家族 頭師孝雄(兄)
主な作品
映画
母 (1963年の映画)
赤ひげ
どですかでん

テレビドラマ
飛び出せ!青春

頭師 佳孝(ずし よしたか、1955年3月19日 - )は、大阪府門真市出身の俳優。兄は頭師孝雄(同じく俳優)。趣味そろばん。特技は乗馬モダンバレエ

来歴・人物[編集]

頭師正明を筆頭とする子役4人兄弟(兄弟は5人)の末弟として幼少時から宝塚映画などに出演。

1963年新藤兼人の『母 (1963年の映画)』に出演。不治の病に冒された子どもの気だるさと不気味さを漂わせた雰囲気が評判となる。

『母』の試写を『赤ひげ』の子役選びに難渋していたスタッフが偶然見ており、黒澤明に推薦し、面接した黒澤もいたく気に入り、生活力旺盛な子どもの長次役として出演。その神童ぶりは三船敏郎をして「こりゃシャンシャンシャンだ」と言わしめたほど。

1970年には『どですかでん』で主役に抜擢。大きな重圧と戦いながらも、社会の底辺に生きる小市民の悲哀を哀愁たっぷりに演じたことで知られる(このほか、黒澤映画には『』などに出演している)。

1972年には『飛び出せ!青春』に太陽学園高校サッカー部の柴田良吉役としてレギュラー出演し、同じく子役出身である保積ぺぺ演じる山本大作との悪戯好きの軽妙洒脱なコンビぶりでお茶の間の人気を得た。

好物はナスの炒め物。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]