飛鷹 (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
飛鷹
写真は特設航空母艦時の隼鷹[1]
写真は特設航空母艦時の隼鷹[1]
基本情報
建造所 川崎重工業艦船工場[2]
運用者  大日本帝国海軍
種別 航空母艦
艦級 隼鷹型(飛鷹型)
建造費 買収及び艤装費、兵装費予算合計
38,073,000円[3]
母港
経歴
起工 1939年11月30日出雲丸として[2]
進水 1941年6月24日[2]
竣工 1942年7月31日[2]
除籍 1944年11月10日[4]
最後 1944年6月20日沈没[4]
北緯15度30分 東経133度50分 / 北緯15.500度 東経133.833度 / 15.500; 133.833 (沈没地点)
要目(特記なきは計画)
基準排水量 24,140英トン[5]
公試排水量 27,500トン[5]
満載排水量 29,471トン[5]
全長 219.32m[5]
水線長 約215.32m[5]
垂線間長 206.00m[5]
水線幅 26.70m[5]
深さ 21.79m[5](飛行甲板まで)
飛行甲板 210.30m x 27.30m[5]
エレベーター2基[6]
吃水 公試平均 8.15m[5]
満載平均 8.60m[5]
ボイラー 川崎ラモント式強制循環缶英語版6基[7]
補助缶:円缶2基[8]
主機 川崎式オールギヤードタービンタービン2基[7]
推進 2軸[8]
出力 計画 56,250hp[5]
公試成績 56,630hp[9]
速力 計画 25.5ノット[5]
公試成績 25.63ノット[9]
燃料 計画 重油 4,100トン[5]
公試成績 4,197.113トン(満載)[10]
航続距離 計画 10,000カイリ / 18ノット[5]
公試成績 11,688カイリ / 18.11ノット[11]
1944年5月調査 11,708カイリ / 18ノット[12]
乗員 計画乗員 1,187名[13]
兵装 竣工時[14]
40口径12.7cm連装高角砲6基
25mm3連装機銃8基
1944年5月[12]
40口径12.7cm連装高角砲6基
25mm3連装機銃16基
25mm単装機銃(移動式)12挺
装甲 計画[15]
機関室舷側 20+25mmDS鋼
弾火薬庫甲板25mmDS鋼、後部舷側25mmDS鋼
軽質油タンク甲板25mmDS鋼
搭載艇 12m内火艇2隻、12m内火ランチ2隻、8m内火ランチ1隻、9mカッター2隻、6m通船1隻、13m特型運貨船2隻[16]
搭載機 計画 (常用+補用)[17]
零式艦上戦闘機12+3機
九九式艦上爆撃機18+2機
九七式艦上攻撃機18機
合計 48+5機[注釈 1]
レーダー 竣工時:21号電探1基[18]
テンプレートを表示

飛鷹(ひよう)は、日本海軍航空母艦飛鷹型航空母艦1番艦である。 ただし、帝国海軍の公式記録では隼鷹を同型艦の1番艦として、飛鷹を隼鷹型航空母艦の2番艦としている[19]。また飛鷹と隼鷹とでは機関の仕様に差異が認められる。

概要[編集]

飛鷹は日本郵船[20]が北米航路用に新造した橿原丸級貨客船出雲丸を建造途中で航空母艦に改装したものである[21]。橿原丸、出雲丸とも日本政府が戦時に航空母艦に改造することを条件に建造費が補助されている[21]。改造は徹底しており、外観から見ると客船であった頃の面影はほとんどない[21]商船改造空母であるため速力は正規空母の30kt以上に比較して遅く、鋼板も薄く防御能力でも見劣りしたが、航空機搭載能力は中型空母の蒼龍に匹敵した[21]。商船改造空母ではあるが、右舷側に煙突と一体となった艦橋を有し、且つ飛行甲板への排煙の影響を避けるため煙突を外側へ26度傾けて設置した最初の艦である[22]。また二号一型電探(対空レーダー)も装備されており、対空兵装は正規空母に見劣りしない[22]。艦橋と煙突を一体化した構造は後の装甲空母の大鳳大和型戦艦を改造した空母の信濃でも採用されている[22]

艦歴[編集]

旅客船出雲丸は、最初から航空母艦化を想定した設計で、川崎重工業神戸造船所で建造されることになった[23]。起工は1939年(昭和14年)11月であるが、空母への改造は1940年(昭和15年)10月に決定[23]。当時の出雲丸は上甲板附近まで工事が進んでいた[23]。翌年1月に改造工事が開始された。1942年(昭和17年)7月31日に竣工し、軍艦籍に入る[24]呉鎮守府[25]。先に完成した姉妹艦の隼鷹は第四航空戦隊(司令官角田覚治少将:龍驤、隼鷹)を編成し、ミッドウェー海戦の支援作戦であるアリューシャン方面の戦いに参加したが、飛鷹は加わっていない。

昭和十七年の戦い[編集]

完成後の飛鷹は旧第四航空戦隊(隼鷹、龍驤)と共に第二航空戦隊(司令官角田覚治少将:飛鷹、隼鷹、龍驤)を編成したが、錬成中の8月7日にガダルカナル島の戦いがはじまる。隼鷹型2隻(飛鷹、隼鷹)は内地で訓練を続け、龍驤のみ第一航空戦隊翔鶴瑞鶴)に臨時編入されてソロモン諸島へ進出。8月24日の第二次ソロモン海戦で撃沈され、二航戦は空母2隻(飛鷹、隼鷹)になった。その後、飛鷹は同戦隊の旗艦となった[26]。10月4日、二航戦(飛鷹、隼鷹)、駆逐艦2隻(磯波)は内地を出発、トラック島へ進出した[27]

同泊地着後の10月11日、二航戦は前進部隊指揮官近藤信竹第二艦隊司令長官(旗艦・愛宕)の指揮下、前進部隊と共に出撃した[28]。別所(当時飛鷹艦長)によれば、最大速力26ノット程度の飛鷹は甲板上風速・秒速15mを得るために苦心したという[29]。最初の任務は第三戦隊(司令官栗田健男少将:金剛、榛名)と第二水雷戦隊によるヘンダーソン基地艦砲射撃の上空警戒だった[30]。二航戦(飛鷹、隼鷹)は駆逐艦3隻(電、磯波、陽炎)と行動を共にした[31]

作戦従事中の10月20日、飛鷹は機関故障(発電機室火災)を起こした[32]。最大発揮速力16ノットに低下、日本軍はアメリカ軍機動部隊との決戦の前に空母1隻分の戦力を失うことになった[33]。10月23日、本艦は旗艦任務を隼鷹に、搭載機を陸上基地と隼鷹に移動し、駆逐艦2隻(電、磯波)護衛下でトラック島に帰還した(10月26日着)[34][35][36]。このため、飛鷹は10月25-26日の南太平洋海戦や、11月12日以降の第三次ソロモン海戦に参加できなかった[37]。応急修理を実施したのち、12月上旬にトラック泊地を出発。飛鷹および駆逐艦2隻(雪風初雪)は12月10日になって内地へ帰着した[38]

昭和十八年の戦い[編集]

1943年(昭和18年)3月22日、二航戦(隼鷹、飛鷹)、第八戦隊(利根、筑摩)、護衛の駆逐艦(涼月、夕暮、陽炎)は大分県佐伯市を出港した[39]。28日、トラック泊地に到着[40]。4月18日、い号作戦指揮中の山本五十六連合艦隊司令長官が海軍甲事件で戦死した。連合艦隊旗艦武蔵は山本長官の遺骨を乗せて日本に帰投することになり、飛鷹も同行する事になった。飛鷹および戦艦3隻(武蔵、金剛、榛名)、重巡洋艦2隻(利根、筑摩)、駆逐艦5隻(時雨有明海風初月涼月)は5月17日にトラックを出港した。

その後、日本海軍はアリューシャン方面のアメリカ軍の動向を踏まえた上で、日本本土の飛鷹に出動準備を命じた[41]。駆逐艦2隻と共にマーシャル諸島へ進出することになった[41]6月8日、当初護衛艦に指定されていた第27駆逐隊の時雨が機関故障のため修理にまわされ、代艦として同駆逐隊の2隻(有明、夕暮)が選ばれた[42]6月10日、3隻(飛鷹、有明夕暮)は午後2時に横須賀を出港したが[43]、夕刻、三宅島沖合にて暗号解読により待ち伏せていたアメリカの潜水艦トリガー(USS Trigger, SS-237)の雷撃に遭った[41]。被雷時刻は18時35分で[44]、発射された魚雷6本のうち4本の魚雷が飛鷹に命中したが、起爆した魚雷は1本のみで沈没に至らなかったが、自力航行不能となった。乗り組んでいた山西義政によると、数人の死者が出たという[45]。19時37分、飛鷹は夕暮を浮上した敵潜水艦と錯覚し誤射、軽微な損害を与えた[46][47]。危機に陥った飛鷹に対し、呉から横須賀へ回航中だった第十四戦隊の軽巡洋艦五十鈴が救援に赴き、飛鷹を曳航して横須賀に向かった[41][48]。12日午前中、飛鷹隊は横須賀へ帰港[49]

飛鷹の行動不能により、錬成部隊として運用されていた第五十戦隊の軽空母2隻(鳳翔龍鳳)のうち、龍鳳が第二航空戦隊に編入される。空母3隻(龍鳳、大鷹冲鷹)、第三戦隊(金剛、榛名)、第七戦隊(熊野、鈴谷)、五十鈴、駆逐艦部隊(時雨、有明、夕暮、雪風浜風谷風清波新月)は16日に横須賀を出港、南方へ進出していった[50][51]。 龍鳳は小型空母であるため搭載機数も隼鷹型航空母艦に比べて少なく、したがって飛鷹航空隊の一部は龍鳳に収容しきれず空輸によりトラックへ進出した[41]。修理を行う本艦では、横井大佐が艦長に着任後、艦内調度品、木製品一切、木甲板に至るまで撤去している[52]。ただし客船としての建造が進んでから空母に改造された隼鷹に対し、飛鷹は下甲板段階で改装したので、ほとんど軍艦に近かったという[53]

12月上旬、龍鳳と共に南方への輸送作戦に従事する[54]。トラック泊地に立ち寄った際に航空隊をラバウル方面へ転用するためにおろし、飛鷹は内地へ戻った[55]

マリアナ沖海戦[編集]

「あ号作戦」には、第二航空戦隊(司令官城島高次少将:空母3隻《隼鷹飛鷹龍鳳》)、戦艦2隻(長門扶桑《扶桑は海戦に参加せず》)、重巡洋艦最上、駆逐艦部隊(第4駆逐隊《野分、満潮、山雲》、第27駆逐隊《時雨、五月雨》、第17駆逐隊《浜風》)等と、小沢機動部隊・乙部隊を編成していた[56]1944年(昭和19年)6月13日、タウイタウイ泊地を出港し、マリアナ沖へ進出する[57]。18日、夜間航行中に飛鷹は長門と衝突しかけた[58]。また横井艦長、志柿副長とも、旗艦(大鳳)が無線封止をやぶって未帰還索敵機を呼び、探照灯を照射して誘導を試みたことを「米潜水艦を引き寄せる一因になった」と批判している[59]。6月19日、マリアナ沖海戦に参加し、空母大鳳の沈没(アメリカ潜水艦アルバコア (SS-218)の雷撃に起因する)を10浬離れた地点から目撃した[60]。飛鷹が収容した航空機はアメリカの潜水艦カヴァラの雷撃で撃沈された空母翔鶴の3機、飛鷹所属2機、計5機程度だった[61]

6月20日、小沢機動部隊は燃料補給のため、甲部隊(小沢治一郎中将)、乙部隊、前衛部隊(栗田健男中将)、燃料補給部隊が同一海面に集結したところ、アメリカ軍機動部隊艦載機の襲撃を受ける。米空母レキシントン (CV-16)艦上機が飛鷹を攻撃したとされる。飛鷹幹部による分析によれば、隼鷹を襲撃した雷撃機隊を長門が砲撃して4機を撃墜した際、残2機が目標を旋回運動中の飛鷹に変更した[62]。1機を撃墜したが、まず魚雷1本が右舷後部機械室付近に命中した[63]。機関科兵は全員脱出したが、連動して左舷の機械も止まって航行不能となる[63]。同時に、注排水指揮所が有毒ガスで全滅した[63]。火災は30分で消火に成功した[63]。被雷とは別に、急降下爆撃機が投下した爆弾が艦橋後部マストに命中し、弾片で航海長を含む見張所・飛行指揮所の艦橋要員に多数の死傷者が出る[64][65]。副長はガソリンタンク外側の空所に注水を命じた[64]

空襲が終わったため長門に曳航準備をさせていたところ、突然前後のエレベーターが煙突の高さ以上に飛び上がり、また元の孔に落ちて傾斜が復元した[66]。砲術長は、米潜水艦が発射した魚雷が後部ガソリンタンク付近に命中したと証言、戦闘詳報にも採用されている[67]。飛鷹艦長も爆発直前に雷跡を発見し、右舷後部に魚雷2本が命中したと回想している[68]。 このガソリンタンクの爆発が飛鷹の致命傷となってしまった。飛鷹の副長は「火災全て鎮火」の報告もあって消火に希望をもっていたが、消火ポンプの故障により艦を救うことを諦めている[69]。一方、長門では飛鷹の曳航準備が進み、長門の四番砲塔と飛鷹間にワイヤーロープが渡された[70]。しかし長門が微速前進したところ、ワイヤーは切断されてしまったという[71]。 曳航作業の失敗により、飛鷹の救援の見込みはなくなった。軍艦旗降下と総員退去の後、飛鷹は左舷に傾斜、艦尾から沈没した[72]。沈没時刻は19時32分と記録されている。乙部隊に所属する第27駆逐隊(時雨)によれば19時26分。乗組員は随伴駆逐艦(浜風[73][74]浜波秋霜早霜満潮)等に救助された[75]。横田艦長は満潮に救助された[76]。救助に尽力した満潮に飛鷹の副長は「感謝のほかなかった」と述べている[77]

その後、飛鷹の乗員は機動部隊が寄港した沖縄中城湾にて隼鷹に移乗し、本土へ向かった[78]

歴史[編集]

歴代艦長[編集]

※脚注なき限り『艦長たちの軍艦史』59-61頁、『日本海軍史』第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長
  1. 別府明朋 大佐[79][80]:1941年11月15日[79] - 1942年7月31日[80]
艦長
  1. 別府明朋 大佐[80][81]:1942年7月31日[80] - 1942年11月21日[81]
  2. 澄川道男 大佐:1942年11月21日 -
  3. (兼)別府明朋 大佐[82][83]:1943年8月15日[82] - 1943年9月1日[83] (本職:千代田艦長)
  4. 古川保 大佐:1943年9月1日 -
  5. 横井俊之 大佐:1944年2月16日 - 1944年7月1日[84]

同型艦[編集]

注釈[編集]

  1. ^ #写真日本の軍艦第4巻p.33によると艦攻が+補用5機で補用計10機、または7機の資料もある[要出典]

参考文献[編集]

  • 宇垣纏著、成瀬恭発行人 『戦藻録 明治百年史叢書』 原書房、1968年1月。
  • 大内建二 『特設艦船入門 海軍を支えた戦時改装船徹底研究』 光人社NF文庫、2008年4月。ISBN 978-4-7698-2565-4。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 小板橋孝策 『海軍操舵員よもやま物語 艦の命運を担った"かじとり魂"』 光人社NF文庫、2015年1月(原著1995年)。ISBN 978-4-7698-2868-6。
  • 『世界の艦船2011年1月号増刊(増刊第95集) 日本航空母艦史』、海人社、2010年12月
    • 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
  • 志柿謙吉 『空母「飛鷹」海戦記 「飛鷹」副長の見たマリアナ沖決戦』 光人社、2002年2月。ISBN 4-7698-1040-7。
  • 手塚正己 『軍艦武藏 上巻』 新潮文庫、2009年。ISBN 978-4-10-127771-4。
  • 『昭和造船史(第1巻)』明治百年史叢書 第207巻、(社)日本造船学会/編、原書房、1981年(原著1977年10月)、第3版。ISBN 4-562-00302-2。
  • 長谷川藤一、軍艦メカニズム図鑑-日本の航空母艦、グランプリ出版、1997年
  • 福井静夫 『海軍艦艇史 3 航空母艦、水上機母艦、水雷・潜水母艦』 KKベストセラーズ、1982年4月。ISBN 4-584-17023-1。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』 朝雲新聞社、1973年2月。
  • 写真日本の軍艦 第4巻 空母II』 雑誌『』編集部/編、光人社、1989年10月。ISBN 4-7698-0454-7。
  • 雑誌「丸」編集部 『空母機動部隊 私は非情の海空戦をこう戦った!』 光人社、2010年7月。
    • 元空母「飛鷹」艦長・海軍少将別府明朋『航空母艦の誕生、発達、奮戦秘話 空母艦長が綴る「体験的空母論」』
    • 元空母「飛鷹」艦長・海軍少将別府明朋『空母飛鷹ガダルカナル沖の悲運』
    • 元空母「飛鷹」艦長・元海軍少将横井俊之『空母飛鷹マリアナ沖の痛恨』
    • 当時「隼鷹」乗組・元海軍二等兵曹吉川亘『マリアナ沖の明暗二航戦旗艦隼鷹で戦ったわが初陣』
  • モデルアート臨時増刊、艦船模型スペシャルNo.18-商船改造空母、モデルアート社、2005年
  • アジア歴史資料センター(公式)
    • Ref.C12070164300 『昭和17年7月~9月 内令3巻/昭和17年7月分(4)』。
    • Ref.C12070180900 『昭和18年9~10月 内令4巻/昭和18年9月(6)』。
    • Ref.C08030097600 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C08030097700 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。
    • Ref.C08030097800 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。
    • Ref.C08030400200 『昭和17年10月1日~昭和17年10月31日 佐伯防備隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030401500 『昭和17年12月1日~昭和17年12月31日 佐伯防備隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030100500 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030117000 『昭和18年5月1日~昭和18年7月19日 第4水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030047800 『昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。
    • Ref.C08030052200 『昭和18年4月1日~昭和18年11月15日 第14戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030724100 『昭和19年6月1日~昭和19年6月30日 第10戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030711400 『昭和19年6月13日~昭和19年6月22日 あ号作戦戦闘詳報(サイパン島西方海面に於ける戦闘)(1)』。
    • Ref.C08030711500 『昭和19年6月13日~昭和19年6月22日 あ号作戦戦闘詳報(サイパン島西方海面に於ける戦闘)(2)』。
    • Ref.C08030039800 『昭和17年6月1日~昭和19年6月30日 あ号作戦戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030039900 『昭和17年6月1日~昭和19年6月30日 あ号作戦戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030040000 『昭和17年6月1日~昭和19年6月30日 あ号作戦戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030040100 『昭和17年6月1日~昭和19年6月30日 あ号作戦戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030148200 『昭和19年6月1日~昭和20年1月24日 第27駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。「自昭和19年6月1日至昭和19年6月30日 第二十七駆逐隊戦時日誌(駆逐艦時雨ノ分)」

脚注[編集]

  1. ^ #日本航空母艦史p.70上の写真および解説。
  2. ^ a b c d #昭和造船史1pp.780-781
  3. ^ #海軍軍戦備1p.625
  4. ^ a b #写真日本の軍艦第4巻p.43、落合康夫「航空母艦『飛鷹』行動年表」
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」p.3。
  6. ^ #写真日本の軍艦第4巻p.32
  7. ^ a b #日本航空母艦史p.68
  8. ^ a b 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」p.34。
  9. ^ a b #公試成績表画像21
  10. ^ #公試成績表画像24
  11. ^ #公試成績表画像22
  12. ^ a b #海軍艦艇史3p.337
  13. ^ 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」p.41。
  14. ^ 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」p.7。
  15. ^ 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」p.38。
  16. ^ 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」p.45。
  17. ^ 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」p.30。
  18. ^ #写真日本の軍艦第4巻pp.34-35
  19. ^ #内令昭和18年9月(6)p.24『内令第千九百八十五號 艦艇類別等級表中左ノ通改正ス 昭和十八年九月二十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|軍艦、航空母艦ノ項ヲ左ノ如ク改正ス 鳳翔、赤城、加賀、龍驤、蒼龍、飛龍|翔鶴型:翔鶴、瑞鶴|瑞鳳型:瑞鳳、龍鳳|隼鷹型:隼鷹、飛鷹|大鷹型:大鷹、雲鷹、冲鷹|大鳳型:大鳳|雲龍型:雲龍、天城』
  20. ^ 建造は英語版の記事によると川崎重工業となっている。なお、二番艦の橿原丸→隼鷹は現在の三菱重工業製。
  21. ^ a b c d #特設艦船入門60-64頁『(イ)飛鷹、隼鷹』
  22. ^ a b c #特設艦船入門187頁
  23. ^ a b c #特設艦船入門185頁
  24. ^ #内令昭和17年7月(4)p.38『内令第千三百八十九號 艦艇類別等級表左ノ通改正ス 昭和十七年七月三十一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|軍艦、航空母艦ノ項中隼鷹ノ下ニ、飛鷹ヲ加フ』
  25. ^ #内令昭和17年7月(4)p.39『内令第千三百九十一號 軍艦 飛鷹 右本籍ヲ呉鎮守府ト定メラル(略)』
  26. ^ #空母機動部隊(2010)116頁
  27. ^ #S1710佐伯防備隊日誌(1)p.32『10月2日1915二航戦司令官(略)当隊(飛鷹準鷹)電磯波3日午後佐伯湾着4日0900発東掃海水道ヲ経テ出撃ノ予定 当隊飛行機ヲ以テスル対潜警戒ハ実施セザルニ付警戒ニ関シ何分ノ御手配ヲ得度』
  28. ^ #戦藻録(1968)202頁
  29. ^ #空母機動部隊(2010)15頁
  30. ^ #空母機動部隊(2010)117-118頁
  31. ^ #S1709二水戦日誌(5)p.26『前進部隊指揮官|十二日1830前進部隊|前進部隊信令第221號 一.「X日」ハ15日ニ決定セリ/二.前進部隊分隊區分中左ノ通改ム(イ)挺身攻撃隊兵力ヲ3S.2sd(陽炎缺)トス (ロ)2sfノ直衛ヲ磯波電陽炎トス/三.4S5Sハ概ネ2sfト行動ヲ共ニス/四.現直衛配備ハ明日0330迄其ノ儘トス』
  32. ^ #空母機動部隊(2010)126頁
  33. ^ #戦藻録(1968)213頁
  34. ^ #S1709二水戦日誌(6)p.37『前進部隊指揮官|二十二日1600前進部隊|前進部隊信令第272號 一.2sf司令官ハ飛鷹ヲシテ當面ノ作業終了次第「トラック」ニ回航應急修理ニ従事スベシ 尚本回航ノ途次飛鷹飛行機隊ノ大部ヲ11AF長官所定飛行基地ニ揚陸全艦隊ノ作戰ニ強力セシムベシ/二.電磯波ヲ飛鷹艦長ノ指揮下ニ入ル|信號』
  35. ^ #S1709二水戦日誌(7)p.37『磯波駆逐艦長|二十六日2328 2F司令長官2sd司令官〔GF参謀長、電〕|電磯波GF信電令第100號ニ依リ「トラック」出撃前進部隊ニ合同セントス速力二十節』
  36. ^ #戦藻録(1968)220頁
  37. ^ #空母機動部隊(2010)127頁
  38. ^ #S1712佐伯防備隊日誌(1)p.39『12月9日1820呉防戦司令官(略)一.飛鷹雪風初雪10日1000沖ノ島着北上ノ予定/二.10日0800迄ニ第二哨戒配備Aトナセ』
  39. ^ #S1801二水戦日誌(4)p.16『22日|一.1200 2sf、8S、61dg(涼月)夕暮15dg(陽炎)「トラック」ニ向ケ佐伯発』
  40. ^ #S1801二水戦日誌(4)p.6『3月22日-3月28日|使用兵力:陽炎(将旗15dg)|被護衛艦艇:2sf(隼鷹飛鷹)、8S(利根筑摩)|行動:佐泊-「トラック」』
  41. ^ a b c d e #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)341-342頁『飛鷹の損傷と第二航空戦隊等のトラック進出』
  42. ^ #S1805四水戦日誌(2)pp.24-25『(時雨)検査修理ノ為約4日間ヲ要スル現状ニ鑑ミGF電令587號ニ依ル駆逐艦2隻ヲ有明夕暮ニ指定致度』
  43. ^ #S1805四水戦日誌(2)p.32『10日1554(司令官)2sf(宛略)|2sf機密第101400番電 當隊(隼鷹欠)有明夕暮「トラック」ニ向ケ横須賀發|無線』
  44. ^ #S1805四水戦日誌(2)pp.7,85
  45. ^ 「~HISTORY~暮らしを変えた立役者/イズミヤ創業者 山西義政氏(1)」『日経MJ』2017年2月17日
  46. ^ #S1805四水戦日誌(2)pp.7-8『尚十日飛鷹遭難ノ際 夕暮敵潜水艦掃討中飛鷹ヨリ敵潜水艦ト誤認セラレ高角砲及機銃射撃ヲ受ケ軽微ナル被害ヲ受ケタリ』
  47. ^ #S1805四水戦日誌(2)p.85『有明夕暮、1853飛鷹敵潜水艦ノ魚雷攻撃ヲ受ケ遭難之ガ掩護中夕暮1937飛鷹ヨリ敵潜水艦ト誤認サレ高角砲及機銃射撃ヲ受ケ軽微ナル損害ヲ受ク』
  48. ^ #S1804十四戦隊日誌(1)p.28『8日0900呉発、横須賀ニ回航ノ途、GF機密第102230番電ニ依リ11日0600飛鷹救難曳航作業ニ従事 12日0530横須賀着』
  49. ^ #S1805四水戦日誌(2)pp.37,86『有明夕暮2sf(飛鷹)ト共ニ1053横須賀着』
  50. ^ #S1805四水戦日誌(2)p.9『16日27dg(白露欠)ハGF電令作第593號ニ依リ(司令官)3Sノ指揮ノ下ニ3S.7S(最上欠)2sf(龍鳳)五十鈴雲鷹冲鷹7dg16dg(雪風)浜風谷風涼風清波新月等ト共ニ横須賀發21日「トラック」着(指揮官)2sfノ指揮ヲ解カル…』
  51. ^ #S1704七戦隊日誌(7)p.5『(五)六月十五日前進部隊ニ編入セラレ六月十六日第三戰隊司令官指揮ノ下ニ第三戰隊第七戰隊(最上欠)第二航空戰隊(龍鳳)五十鈴雲鷹沖鷹第七駆逐隊第十六駆逐隊(雪風)第二十七駆逐隊(白露欠)浜風谷風涼風新月清波ト横須賀發二十一日「トラック」着』
  52. ^ #飛鷹副長p.158
  53. ^ #飛鷹副長p.175
  54. ^ #飛鷹副長p.145
  55. ^ #飛鷹副長p.149
  56. ^ #あ号作戦戦時日誌(1)p.68
  57. ^ #飛鷹副長p.182
  58. ^ #飛鷹副長pp.187-192『危機一髪の夜間回頭』
  59. ^ #空母機動部隊(2010)212頁、#飛鷹副長186頁
  60. ^ #飛鷹副長p.197
  61. ^ #飛鷹副長p.198
  62. ^ #飛鷹副長p.220『分析された敗因』
  63. ^ a b c d #飛鷹副長p.221
  64. ^ a b #飛鷹副長p.222
  65. ^ #空母機動部隊(2010)217頁
  66. ^ #飛鷹副長pp.204-205
  67. ^ #飛鷹副長p.225、#あ号作戦戦時日誌(1)pp.62-63『雷爆同時攻撃ヲ受ケ魚雷一命中 運轉不能トナリ漂流中 更ニ敵潜ノ雷撃ヲ受ケ一本命中 艦内大火災トナリ一九三二遂ニ沈没ス』
  68. ^ #空母機動部隊(2010)219頁
  69. ^ #飛鷹副長p.206
  70. ^ #海軍操舵員よもやま話156頁『奈古屋嘉茂少尉(長門機銃指揮官、飛鷹曳航作業担当)談』
  71. ^ #海軍操舵員よもやま話158頁
  72. ^ #飛鷹副長pp.210-213
  73. ^ #S1906十戦隊日誌p.10『(浜風)尚敵機ノ攻撃ニ依ル飛鷹沈没ニ際シテハ之ガ救助ニ任ジタリ』
  74. ^ #武藏上499-500頁
  75. ^ #S1906第27駆日誌(1)p.11『1926 飛鷹大爆発沈没 駆逐艦浜波秋霜早霜満潮 飛鷹乗員救助ス』
  76. ^ #飛鷹副長pp.213-216『生きていた艦長』
  77. ^ #飛鷹副長p.219
  78. ^ #あ号作戦戦時日誌(1)p.38『6月22日1500/本隊中城湾着 午後大鳳(瑞鶴)、翔鶴(摩耶 六〇一空ハ瑞鶴)、飛鷹(隼鷹)乗員ノ移乗ヲ實施ス』
  79. ^ a b 昭和16年11月15日付 海軍辞令公報(部内限)第748号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072083100 
  80. ^ a b c d 昭和17年7月31日付 海軍辞令公報(部内限)第908号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086400 
  81. ^ a b 昭和17年11月24日付 海軍辞令公報(部内限)第994号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088300 
  82. ^ a b 昭和18年8月16日付 海軍辞令公報(部内限)第1191号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092500 
  83. ^ a b 昭和18年9月1日付 海軍辞令公報(部内限)第1203号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092700 
  84. ^ 昭和19年7月10日付 海軍辞令公報 甲(部内限)第1531号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072099900 

関連項目[編集]